データカルチャーの構築

データカルチャーとは何か、なぜ重要なのか

データカルチャーとは何か

データカルチャーは注目のトピックです。デジタル変革やデータリテラシーに関する話の中で、データカルチャーという言葉を聞いたことがあるかもしれません。しかし、データカルチャーとは実際のところ何なのでしょう? なぜ重要なのでしょうか? データカルチャーは、組織の誰もがデータを利用できるようにするという、全員で共有するミッションです。経営陣と組織内のサポートコミュニティに支援されたデータカルチャーでは、クリティカルシンキングを習得した従業員が組織のあらゆるレベルでデータドリブンな意思決定を推進します。また、規模に応じたセルフサービス分析に対応したガバナンスモデルがある、柔軟性の高いテクノロジーもデータカルチャーを支えます。

データカルチャーはなぜ重要なのか

あらゆる企業が突如としてデータ企業になり、ほとんどの組織はデータの収集、保存、保護に多大なリソースを投資しています。しかし、データとテクノロジーだけでは成功できません。データによる成功はデータカルチャーに、つまり人々が日々実際にどのようにデータを利用して意思決定を行っているかによって左右されます。



8% の企業のみが規模に応じた分析を実現

McKinsey Analytics による調査 (英語)

成功するデータカルチャー (データ主導型の組織) と他の組織の違いを理解するために、Tableau はマーケットインテリジェンス会社の IDC 社と協力して世界規模の調査を行い、7 か国から 1,100 件の回答を得ました。その結果、以下のことが明らかになりました。

データ主導型の組織は他の組織に比べ、データの発見と接続において 3 倍優れています

データ主導型組織の回答者のうち 89% が、データを認識しているレベルにとどまるグループに比べ、データ関連能力に対する投資にとても/非常に満足しています。

データ主導型組織の回答者のうち 81% が、必要なときにデータや分析に関する支援を確実に得られると感じています。


Jones Lang LaSalle 社のロゴ


「当社のデータチャンピオンはアナリストだけではありません。当社には、ポジティブな形でデータを利用する人を称える、『ポジティブな逸脱』と呼ばれるコンセプトがあります。こうした人々はやがて、同じことをしてはどうかと周りの人たちに積極的に勧めるようになります」

ストーリー全文を読む

成功するデータカルチャーが持っているものとは

分析により、アナリストは食い違い、最適化の可能性、時間の節約の可能性など、ビジネスを変革するインサイトをデータから見出せるはずです。しかしそれが、低い頻度ではなく、あらゆる従業員にとって日常的に起こるものだったらどうなるでしょう。すべての従業員が業務の改善に必要なデータを持っていれば、組織全体でアジャイル性、高い顧客満足度、イノベーションという成果を得られます。

データカルチャーが成功する組織に共通する 5 つの要素



要素を詳しく見る


Red Hat 社のロゴ


「データ業務のリーダーとしての私たちの役割は、移行と変革の支援です。データカルチャーの構築では、アクセルを緩めないようにしなければなりません。また、データ利用者としての仕事は、企業文化がさらにデータドリブンなものになるように影響を与えることだと思っています」

ストーリー全文を読む

Tableau を活用してデータカルチャーを構築

前代未聞の状況に見舞われている今、Tableau は信頼されるアドバイザーとして、企業のリーダーたちが信頼を構築し、人材を育成し、データに関する取り組みを促進できるように支援することで、世界でも最大規模の企業におけるデータカルチャーの構築をサポートしています。Tableau はさらに、データドリブンな文化を構築するための Blueprint も作成しました。


信頼の構築のアイコン

信頼の構築

Tableau は、従業員の信頼およびデータに対する信頼の基盤を構築できるよう経営幹部を支援します。

Tableau パートナーを見る


人材の育成のアイコン

データスキルの育成

Tableau はデータに関する学習、共有、コラボレーションの文化を支援します。

Blueprint を見る


促進のアイコン

取り組みを促進

データは Tableau により、データに基づく意思決定を支えるための戦略的な資産になります。

コミュニティに参加する



詳細については、ぜひお問い合わせください。

Tableau に問い合わせる