Tableau Server 2019.4 へのアップグレード

Tableau Server 2019.4 へのアップグレードをお考えですか。このページから始めましょう。

2018.2 以降、Windows 版で次の管理メンテナンスタスクが変更されました。

インストール - インストールプロセスが大幅に変更されました。インストールまたはアップグレードを開始する前に、必ずドキュメンテーションをお読みください。

アップグレード - アップグレード前のバージョンが 2018.2 以降か 2018.2 より以前かに応じて、アップグレードプロセスが新しく変更されました。アップグレードを行う前に、必ずお客様のシナリオに合ったアップグレード手順をお読みください。

アンインストール - アンインストールの方法も変更されました。バージョン 2018.2 以降では、Tableau のアップグレードが完了するまで、アンインストールを行う必要はありません。

Tableau サービスマネージャー搭載の Tableau Server へのアップグレード (英語) について、ビデオをご覧ください。

アップグレード

アップグレードのガイド

ユーザーへの情報提供

  • 新機能をユーザーに知ってもらうには、「サーバー管理者の概要」をまず読んでいただくことをお勧めします。
  • ユーザーに最新リリースの機能について知らせ、パワーユーザーに環境のテストを依頼し、Tableau Desktop 2019.4 の新機能を確認するようにお伝えください。

情報の収集

概要

Tableau Server により、データの価値が企業全体に行き渡ります。Tableau Server は、導入、スケール、監視が簡単にできるプラットフォームです。

新機能

変更点

Tableau Server 2019.4 の新機能

まずはこちらをお読みください
Windows 版 Tableau Server の新機能 * Linux 版 Tableau Server の新機能


サーバー管理者とサイト管理者向けの新機能

ビューの提案の管理


Tableau Server はユーザーに探索するビューを提案するようになりました。これらの提案は、ユーザーが他の方法では発見できないようなコンテンツを見つけるのに役立ちます。提案はユーザーの閲覧の習慣と、サイトで人気があるコンテンツの傾向に基づきます。

ビューの提案には、データソースと表の提案の場合と同じ推奨エンジンが使用されています。この推奨エンジンはサーバーレベルで設定できます。「推奨トレーナー」の設定について詳しくは、「サーバー設定 (全般)」をご覧ください。

提案されるビューは、サイト上の [ホーム] ページと [Recommendations (推奨)] ページの 2 箇所に表示されます。提案を非表示にするには、サイト設定ページの [ビューの推奨] の下で、[Show the Recommendations page and Recommendations channel on the Home page (「推奨」ページと、「ホーム」ページ上の「推奨」チャネルを表示する)] のチェックを外します。

[For You (個人用)] タイプの提案でのツールヒントには、そのビューを見たことがある利用傾向の似たユーザーの名前が表示されます。これらの名前を非表示にするには、サイト設定ページで [Show users with similar content usage in recommendation tooltips (提案のツールヒントでコンテンツの利用が似ているユーザーを表示する)] のチェックを外します。

個人用アクセストークン


個人用アクセストークンによって、Tableau Server ユーザーは長期間有効な認証トークンを作成できるようになります。このトークンにより、ユーザーは Tableau REST API での自動化を、ハードコーディングされたログイン情報やインタラクティブなログインを必要とすることなく実行できます。Tableau REST API での個人用アクセストークンについて詳しくは、「サインインとサインアウト (認証)」をご覧ください。

管理者はトークンを無効にすることも、その使用を追跡することもできます。「個人用アクセストークン」をご覧ください。

Web 上での抽出の作成


Tableau Desktop を使用せずに、ブラウザで抽出を作成できるようになりました。詳しくは、「Web 上での抽出の作成」をご覧ください。また、tabcmd で createextracts コマンドと deleteextracts コマンドを使用することで、パブリッシュされたワークブックやデータソースの抽出を作成および削除できます。詳しくは、「tabcmd コマンド」をご覧ください。

Tableau Server と tabcmd の新しいインストーラー


Tableau Server 2019.4 では、Tableau Server と tabcmd のセットアッププログラムが全体的に書き換えられています。詳しくは、「変更箇所 - アップグレード前に知っておく事柄」をご覧ください。

ユーザー向け新機能

Web 作成機能


Web 作成や Web でのビューの操作に関連する新しい機能や改善点については、「Tableau の新機能」および「Web 作成機能と Tableau Desktop 機能の比較」を参照してください。Web 作成とビューの操作に関するトピックについては、「Web での Tableau の使用」を参照してください。

Tableau サービスマネージャー (TSM)

Tableau Server 2018.2 から Windows 版と Linux 版の両方で、tabadmin に代わり Tableau サービスマネージャー (TSM) が利用できるようになりました。TSM は Web ベースの新しいサーバー構成管理アプリケーションであり、コマンドラインインターフェイス (CLI) と Web インターフェイス (どちらも新しい TSM REST API で操作可能) で、サーバー管理者のユーザーエクスペリエンスを一新します。

TSM の詳細については、以下の便利なリソースをご覧ください。

Linux 版 Tableau Server のアップグレードに関する情報

Linux 版 Tableau Server を 2018.2 にアップグレードする場合の注意点

  • Linux 版 Tableau Server の場合は必ず、Tableau ヘルプの「Tableau Server on Linux の 10.5 からのアップグレード」で説明されている詳しい手順に従ってください。
  • 重要: この手順を実行しない場合は、警告が表示されアップグレードがキャンセルされることがあります。なお、この追加手順を実行する必要があるのは、2018.2 へのアップグレード時の 1 回のみです。
  • Tableau Server を利用すると、ワークブックやデータ抽出を組織内の他のユーザーと共有できます。

    さらに詳しい情報については、以下のリンクをご覧ください。

  • 技術仕様
  • Linux 版 Tableau Server の要件 (sudo/静的アドレス/ドライバー)
  • Windows から Linux への移行
  • Linux 版 Tableau Server のトラブルシューティング
  • Linux: Tableau Server のインストールとアップグレードのトラブルシューティング
  • Tableau サービスマネージャー は、以前のバージョンの Tableau Server から以下のツールを置き換えます。
    • Tableau Server 構成ユーティリティ
    • tabadmin コマンドラインユーティリティ
    • Tableau Server Monitor
  • Tableau Server 上の抽出に関するトラブルシューティング

    ヘルプの利用

    テクニカルサポート
    サポートケースを作成することができます。 ケース作成時は次の情報をご提供くださいますようお願いいたします。ご提供いただく情報によって、サポートにかかる時間が短縮される場合があります。
  • 問題とすべてのエラーメッセージ (展開したもの) のスクリーンショット
  • アップグレードプロセスをどこまで行ったか
  • Server のログ
  • 注: Tableau サービスマネージャーでは、UI からでも CLI からでも、直接ログファイルのスナップショットを作成して Tableau サポートに送信することができます。
  • msinfo32.exe によるシステムレポート
  • お電話を差し上げるご希望の時間

  • コンサルティングサービス
    Tableau のコンサルタントがアップグレードを支援し、データの価値を引き出すお手伝いをします。