ラーニング

ホワイトペーパー

すべてのホワイトペーパーをご覧いただけます。
ビジネスインテリジェンス ピックアップ
2017 年版ガートナー社ビジネスインテリジェンスおよび分析のマジック・クアドラント

ひと目で、外れ値やクラスタを特定できる。違いが明確である。それが、ビジュアル分析です。 ビジネスインテリジェンスは、単なる製品への要求事項ではありません。Tableau が掲げる、唯一のミッションです。 ここに、世界の数多くの大企業のリーダーが Tableau を選んだ 5 つの理由を紹介します。 ...

ピックアップ
モダン BI の世界における IT 部門の新たな役割

セルフサービス分析が標準になり、IT 部門の役割もプロデューサー (作成者) から戦略的なパートナーへと変わりつつあります。また IT プロフェッショナルは、分析に対する IT 部門が主導する従来のトップダウン型のアプローチから、IT 部門が実現しビジネス部門が主導するセルフサービス型のアプローチへ、組織の移行をサポートしています。この変革には、新しい枠組みと全体的な戦略が必要です。組織は...

ビジネスインテリジェンス ピックアップ
2017 年小売分析の 6 つのトレンド

小売業界全体でビジネスインテリジェンスの標準が変化しつつあり、その結果、業界をリードする小売企業は分析戦略を優先的に進めています。小売分析を指向する動きは目新しくありませんが、成熟しつつあるテクノロジーと手法はこれまでになかったものです。 モバイル性や人工知能がデータと融合するにつれて、消費者も小売企業も、より正確なリアルタイムの分析の段階に刻々と近づいています。...

ビジネスインテリジェンス ピックアップ
2017 年ビッグデータのトレンド Top 10

2016 年は、あらゆる形態とサイズのデータを保存および処理して価値を引き出す組織が増え、ビッグデータを語るうえで重要な年となりました。2017 年も、構造化データと非構造化データのどちらでも大量に扱えるシステムが増え続けるでしょう。市場では、エンドユーザーでもビッグデータを分析できるようにしながら、...

ビジネスインテリジェンス ピックアップ
2017 年クラウドのトレンド Top 10

2016 年、クラウドテクノロジーが主流になりました。しかし、クラウドテクノロジーが成熟期を迎えたことで、クラウドへの移行は一夜にして終わるものではないという認識が広まりました。CIO (最高情報責任者) たちは、ホスティング型コンピューティングとクラウドデータストレージを優先事項と捉えていますが、数年にわたる緩やかな移行というアプローチを取っています。 ...

ビジネスインテリジェンス ピックアップ
2017 年ビジネスインテリジェンスのトレンド Top 10

この数年で、データは組織に欠かせない力となりました。このデータの力をうまく活用して、ビジネスユーザーが競争優位性を見出せるようになっている企業は、他に先駆けてイノベーションを起こしています。このような変化によって、企業では BI に対する従来型の手法と最新のアプローチの間でうまく舵を取る必要に迫られています。具体的には、管理性と俊敏性、...

ビジネスインテリジェンス ピックアップ
AWS で Tableau を展開してデータエコシステムを構築する方法

従来の BI ではセキュリティとスケーラビリティが約束されていますが、どのような代償が必要なのでしょうか。データを利用して答えを見出し共有するには、多くの場合、労力と時間がかかります。しかし、急速に成長し成熟しつつあるクラウドテクノロジーを活用すると、より簡単に実現できます。 Tableau と AWS の活用により、BI をクラウドに移行して従来の BI...

ピックアップ
クラウドデータブリーフィング

多くの企業が、データの収集と分析に力を入れています。しかし、これはどこでどのように行われているのでしょうか。 かつてはソリューションといえば、オンプレミスのみで展開されたデータベースに限られていました。しかし現在では、幅広いテクノロジーや展開形態に対応する必要があります。個別のデータベースや Hadoop 製品から、クラウド、オンプレミス、ハイブリッド型の展開まで、環境は多様で、...

データ利用 ピックアップ
拡張可能なセルフサービス分析のための 5 つのステップ

データ革命の到来です。 セルフサービス分析ができることが期待されています。 事業部門が生データにアクセスすると混乱が発生する可能性があります。 セルフサービス BI が、これまでの BI の方法論に挑戦します。これにより、IT 部門のデータ分析に対するアプローチも新しいものになります。 最新のアプローチは、シンプルです。 IT 部門と事業部門が協力して、...

ビジネスインテリジェンス ピックアップ
ビジネスインテリジェンスへの最新アプローチ

組織には大量のデータがあります。市場の細かな動向に通じている方でも、 必ずしも「アナリスト」という肩書きを持っているわけではありません。ソフトウェアツールはありますが、データから価値を引き出す点ではあまり役には立っていません。 差し迫った疑問を抱えている。そんな場合に力となってくれるビジネスインテリジェンスへのアプローチが今、必要とされています。 ...