データリテラシー

データリテラシーのある従業員が増えると、組織とデータカルチャーは繁栄します

データリテラシーとは

データリテラシーとは、データを探索、理解、操作する能力です。これにはデータを使用し、解釈して意思決定を行い、その重大性と価値を他の人に伝えるための批判的思考力も含まれます。

データリテラシーが組織にもたらす影響

現在、多くの組織が自社の分析環境を最新化してデータドリブンな組織を構築したいと考えており、そのためにデータリテラシーの向上を優先する必要があることを認識しています。2021 年の TDWI Pulse Report では、分析のプロフェッショナルの 68% が自分の組織はある程度のデータリテラシーがあり、組織で必要なデータリテラシーを促進する方法を検討していると回答しています。1 データリテラシーのある企業が享受する主なメリット:


92%

良く社内の連携が取れ、成果重視の文化がある

77%

試行とイノベーションを促進している

73%

経営目標に結び付いた分析の目標がある

レポートを読む

1TDWI PULSE REPORT、「BUILDING A DATA-LITERATE ORGANIZATION」 2021年、FERN HALPER 博士。

データリテラシーが従業員の分析スキルのギャップを埋める理由

データやビジュアライゼーション、分析を理解し、操作して他の人に効果的に伝えることで成果を実現する。そんな能力を高めるための改善を行うべき時が来ています。そのため、より多くの組織がデータリテラシーの重視を強めています。

4 段階の計画に従って従業員のデータリテラシーのギャップを埋めましょう。その結果、ビジネスの競争優位性を高め、パフォーマンスとアジリティを向上させ、データカルチャーをよりよく根付かせることができます。また、従業員はスキルや能力を向上させ、他者へのより高い影響力を手にすることができます。

記事を読む


Why Your Workforce Needs Data Literacy

25% の従業員がデータを効果的に使用する自信があると感じています。出典: Accenture

人がしたいと思うのは他の社員を助けることです。テクノロジー、データ、そうした異なるすべての要素が、人々がよりよく日々の業務を行い、仕事に夢中になれるようにする方法を見せることです。

データリテラシーのエキスパートによる最新のガイダンスをご覧ください

Cardinal Health: デジタルトランスフォーメーションの重要な柱となるデータリテラシー

「Cardinal Health では、上から下、左から右といった 2 次元でデータリテラシーにアプローチしています。私たちは、リーダーシップの組織から始まった、レポートやメトリクスの検証を求めるよりも自由形式の質問を行うというカルチャーシフトを経験しています。これにより、データが導いてくれる先を見るためのマインドセットの育成とデータ実験が可能になります」— AUGMENTED INTELLIGENCE バイスプレジデント SNEHAL DESAI 氏

ビデオを見る

ポッドキャスト: データリテラシーの向上を促す解説

データを扱い、その価値を検証してきた豊富な経験をもとに、Sarah Nell-Rodriquez 氏と Allen Hillery 氏がデータスキルの育成と向上について提唱します。新たに公開された ポッドキャスト Be Data Lit は、データドリブンな世界ですべての人が成功することを促しています。

Forbes のイベント: Keys to create a successful data literacy program

効果的なデータリテラシープログラムを導入した代表的なエグゼクティブが、そのプロセスで得たことと、主な結果を共有します。

データリテラシーに投資している Tableau のお客様から学ぶ

スイス・ライフ社は意思決定や学習を支援し、データに基づいてビジネス成長戦略を実行するためのコミュニティイベントやトレーニング、文書のリソースを重視しています。

JLL 社はエンドツーエンドのスキルトレーニングとプログラムに投資し、データリテラシーの向上と全社のイノベーションを促進しています。

マンディリ銀行はマンディリ大学の分析コースを通じてデータカルチャーと従業員のデータスキルを成熟させています。そのため、あらゆる意思決定が信頼できるデータに基づいて行われています。

Data Skills 10 million

Tableau は働く人のデータスキルのギャップを埋められるよう取り組んでいます

Tableau は、5 年で 1,000 万人がデータスキルを身に付けられるようにプログラムやリソースを使用して組織と個人のデータリテラシー高めようとしています。その方法をご覧ください。

詳しく読む