Tableau Desktop 2020.3 へのアップグレード

Tableau Desktop 2020.3 へのアップグレードをお考えですか。このページから始めましょう。

情報の収集

概要

Tableau 2020.3 で、データ分析をワンランク上に進化させることができます。詳細はここからご覧ください。

新機能

改良されたリレーションシップ、強化された動的パラメーター、バックグラウンドマップの新しいオプションなどを活用して、分析を次のレベルへと引き上げましょう。アップグレード前に、Tableau 2020.3 の新機能を詳しく確認してください: 新機能

リレーションシップの機能強化

Tableau Desktop 2020.3 では、不等価演算子や計算フィールドを使って表と表を関連付けられるようになりました。 また、ドラッグ & ドロップ操作も強化されており、データモデルでドラッグ & ドロップして表を置換することができます。

計算式の IN 演算子

2020.3 では、計算式で IN 演算子を使えるようになりました。この機能により、値のリスト同士の比較が、リストの大きさにかかわらずとても簡単になります。IN 演算子を使うと、指定した値と一致する値が、リスト、セット、結合済みフィールド (市区町村と都道府県/州の組み合わせなど) にあるかどうかをテストできます。
IN 演算子でサポートされているデータ型は、文字列、数値、日付、ブール値です。

マッピングの機能強化

[バックグラウンドマップ] メニューに新しいオプションが追加されたほか、UI も改良されて、Mapbox マップや WMS マップなどが一層簡単に追加できるようになりました。また、空間ファイルをユニオンする機能も登場しました。

その他のリソース

他のユーザーとワークブックを共有する
他のユーザーがワークブックを開くのに使用するバージョンがわかっていれば、 [バージョン名を付けてエクスポート] オプションを使用できます。これにより、最新バージョンの Tableau Desktop を使用していないユーザーでも、ワークブックを開いて編集できるようになります (Tableau 10.2 以降に対応)。

ワークブックをパブリッシュする際にエラーが発生することがあります。詳しくは、こちらのナレッジベースの記事を参照してください。

まずテストする
期待通りの動作が得られるように、 既知の問題 を読んでから最新バージョンの Tableau Desktop をインストールしてください。
  • 同じ PC 上に複数のバージョンの Tableau Desktop をインストールすることができます。たとえば、インストールされている最も新しいバージョンが 2020.1 の場合、それが既定のバージョンになります。
  • 既定のバージョンを変更する場合は、Tableau Desktop のアップグレードの手順に従ってください。
  • 新しい PC にインストールする
    その PC にライセンスを移行する必要があります。詳しくは、Tableau ヘルプの Tableau Desktop のアップグレードおよび Tableau Desktop の移動または非アクティブ化を参照してください。
    修正点を確認する
    この新しいリリースでの修正点を確認するには、リリースノートを参照してください。

    ヘルプの利用

    セルフサービス型リソース
    テクニカルサポート
    コンサルティングサービス
    Tableau のコンサルタントが新機能を最大限に活用する方法をご紹介し、データの価値を引き出すお手伝いをします。