Tableau Desktop 2022.3 へのアップグレード

Tableau Desktop 2022.3 へのアップグレードをお考えですか。このページから始めましょう。

ラーニング

概要

Tableau で、データ分析をワンランク上に進化させることができます。詳細はここからご覧ください。

新機能

新しいデータコネクタや強化されたデータコネクタ、カスタムのサンプルワークブック、強化された空間データの結合機能などで、分析を次のレベルへと引き上げましょう。アップグレード前に、Tableau の新機能を詳しく確認してください。 新機能

データガイド

ダッシュボードとその背後にあるデータについてのインサイトを取得。

データガイドは、ダッシュボードとその背後にあるデータに関する有益な情報を提供する新しいペインです。データガイドを使用すると、持っている疑問に対する答えをデータから得られるかどうかを知ることができます。また、データが正確であることに確信を持ち、ビジュアライゼーションの理解に対する自信を深めることができます。

動的ゾーン表示

動的ゾーン表示を使用すると、エンドユーザーのエクスペリエンスをカスタマイズして、そのユーザーに関連するダッシュボード要素だけを表示できます。ダッシュボード要素が動的に表示される、高度でインタラクティブなダッシュボードを作成できます。

データペインの自動スクロール

階層およびフォルダー作成の新たなエクスペリエンス。

データを階層やフォルダーに整理する際の操作性が向上しました。階層やフォルダーを作成すると、新しく作成された階層やフォルダーの位置までデータペインが自動的にスクロールし、階層やフォルダーが選択された状態になります。そのため、作業を中断することなく操作を続けることができます。

 

 

その他のリソース

 
他のユーザーとワークブックを共有する
他のユーザーがワークブックを開くのに使用するバージョンがわかっていれば、[バージョン名を付けてエクスポート] オプションを使用できます。これにより、最新バージョンの Tableau Desktop を使用していないユーザーでも、ワークブックを開いて編集できるようになります (Tableau 10.2 以降に対応)。

ワークブックをパブリッシュする際にエラーが発生することがあります。詳しくは、こちらのナレッジベースの記事を参照してください。

 
まずテストする
期待通りの動作が得られるように、既知の問題を読んでから最新バージョンの Tableau Desktop をインストールしてください。
  • 同じ PC 上に複数のバージョンの Tableau Desktop をインストールすることができます。たとえば、インストールされている最も新しいバージョンが 2020.1 の場合、それが既定のバージョンになります。
  • 既定のバージョンを変更する場合は、Tableau Desktop のアップグレードの手順に従ってください。
 
新しい PC にインストールする
その PC にライセンスを移行する必要があります。詳しくは、Tableau ヘルプの Tableau Desktop のアップグレードおよび Tableau Desktop の移動または非アクティブ化を参照してください。
 
修正点を確認する
この新しいリリースでの修正点を確認するには、リリースノートを参照してください。

ヘルプの利用

 
セルフサービス型リソース
 
テクニカルサポート
 
コンサルティングサービス
Tableau のコンサルタントが新機能を最大限に活用する方法をご紹介し、データの価値を引き出すお手伝いをします。