サポートアラート

Tableau Desktop 2020.4 へのアップグレード

Tableau Desktop 2020.4 へのアップグレードをお考えですか。このページから始めましょう。

情報の収集

概要

Tableau 2020.4 で、データ分析をワンランク上に進化させることができます。詳細はここからご覧ください。

新機能

新しいデータコネクタや強化されたデータコネクタ、改良された動的パラメーター、マップの複数のマークレイヤーなどを活用して、分析を次のレベルへと引き上げましょう。アップグレード前に、Tableau 2020.4 の新機能を詳しく確認してください: 新機能

新しいデータコネクタと強化されたデータコネクタ

Tableau 2020.4 では、データへの接続がさらに簡単になりました。Datorama コネクタが追加され、Tableau で Datorama レポートを簡単に利用することができます。また、Salesforce コネクタ API も強化され、Work.com オブジェクトなどの最新の Salesforce オブジェクトに接続しやすくなったほか、Snowflake の OAuth サポートの拡張により、AWS PrivateLink や Azure Private Link の OAuth 経由で認証できるようになりました。 

日付軸の延長

日付軸の延長機能を使うと、カスタマイズした時間ベースの予測を Tableau で行えるようになります。事前に設定された延長オプションから選ぶことも、カスタムメニューで独自の範囲を選択することもできます。日付軸の延長は、予測モデリング関数、移動平均などの表計算、R や Python などの外部サービスで行えます。

マッピングの機能強化

Tableau 2020.4 では、単一のデータソースからマップに無制限にマークレイヤーを追加できるようになりました。また、Redshift 空間データも新たにサポートされ、位置に関する質問にこれまでより簡単に答えを出せるようになります。

その他のリソース

 
他のユーザーとワークブックを共有する
他のユーザーがワークブックを開くのに使用するバージョンがわかっていれば、[バージョン名を付けてエクスポート] オプションを使用できます。これにより、最新バージョンの Tableau Desktop を使用していないユーザーでも、ワークブックを開いて編集できるようになります (Tableau 10.2 以降に対応)。

ワークブックをパブリッシュする際にエラーが発生することがあります。詳しくは、こちらの ナレッジベースの記事を参照してください。

 
まずテストする
期待通りの動作が得られるように、 既知の問題を読んでから最新バージョンの Tableau Desktop をインストールしてください。
  • 同じ PC 上に複数のバージョンの Tableau Desktop をインストールすることができます。たとえば、インストールされている最も新しいバージョンが 2020.1 の場合、それが既定のバージョンになります。
  • 既定のバージョンを変更する場合は、 Tableau Desktop のアップグレードの手順に従ってください。
 
新しい PC にインストールする
その PC にライセンスを移行する必要があります。詳しくは、Tableau ヘルプの Tableau Desktop のアップグレードと、「プロダクトキーの移動またはライセンス認証の解除」を参照してください。
 
修正点を確認する
この新しいリリースでの修正点を確認するには、 リリースノートを参照してください。

ヘルプの利用

 
セルフサービス型リソース
 
テクニカルサポート
 
コンサルティングサービス
Tableau の コンサルタントが新機能を最大限に活用し、データの価値を引き出す方法をご紹介します。