Tableau Desktop 2018.3 へのアップグレード

Tableau Desktop 2018.3 へのアップグレードをお考えですか。このページから始めましょう。

情報の収集

概要

Tableau 2018.3 で、データ分析をワンランク上に進化させることができます。詳細はここからご覧ください。

新機能

セットのアクション、ヒートマップ、空間データの更新、透明なワークシートのバックグラウンド、ナビゲーションボタンなどを使って、分析をワンランク上に進化させることができます。アップグレード前に、Tableau 2018.3 の新機能を詳しく確認してください。 2018.3 の新機能

更新されたジオコーディングデータ

Tableau は、ジオコーディングデータベースのマップのすべての地理的データを更新しました。この変更により、マップが以前と少し異なる表示になったり、データのアップデートが必要になったりする可能性があります。

  • Tableau 2018.3 のジオコーディングデータは、ほとんどが以前のバージョンと変わりません。したがって多くの場合、更新後のマップに違いが見られないでしょう。
  • 一部の場所では、Tableau はデータプロバイダーからより最新のデータを受け取っています。この場合、新しく作られた州がある、名称の変更や境界線の更新などが理由で、マップの表示が多少異なることがあります。
  • 場合によっては、データが最新でないか、不足していることもあります。マップにこれらの問題を発見した場合、サポートケースを作成してお知らせください。
  • 特定のジオコーディングデータの変更について詳細は、こちらのブログ記事をお読みください。

パブリッシュ

  • .hyper 形式の抽出を含むワークブックは、以前のバージョンの Tableau Server にパブリッシュできなくなります。パブリッシュするためのダイアログに、赤い感嘆符のマークが表示されます。
  • Tableau Desktop は、同じバージョンまたはそれ以降のバージョンの Tableau Server にのみパブリッシュできます。Tableau Server の古いバージョン (10.2 以降) にワークブックをパブリッシュすると、パブリッシュ先の Server のバージョンに合わせてワークブックがダウングレードされることを伝えるメッセージではなく、警告メッセージが表示されます。詳しくは、Tableau ヘルプの「Tableau Server の古いバージョンにダウングレードおよびワークブックをパブリッシュする」を参照してください。
  • パブリッシュ先の Tableau Server の方が新しいバージョンの場合、ワークブックのバージョンは、Tableau Server のバージョンにアップグレードされません。ただし、そのワークブックを Web 編集を使って編集してから上書き保存するか、ワークブックの抽出を更新すると、ワークブックがアップグレードされます。ダウンロードした場合、アップグレードされたワークブックを以前のバージョンの Tableau Desktop で開くことはできません。
  • ワークブックを Tableau Server または Tableau Online にパブリッシュした後、アップグレード済みの .hyper 形式の抽出が使用されているビューで問題が発生することがあります。発生することのある問題としては、ビューに表示されるマークが少なくなる、ビューで別の形状が使用される、ビューが空白になる、などがあります。これらの問題のトラブルシューティング方法については、Tableau ヘルプの「ビュー内の値とマークの変更」を参照してください。
  • 最新バージョンの Tableau Desktop を使用していて、Tableau Server がまだアップグレードされていない場合は、Tableau Desktop から互換性のあるファイルをパブリッシュできます (Tableau Server 10.2 以降に対応)。詳しくは、Tableau ヘルプをご覧ください。
  • 以前のバージョンの Tableau Server をご使用の場合、データを引き続き共有できるように、製品バージョンを確認してください。
  • その他のリソース

    Hyper の詳細情報
    .hyper ファイルの互換性と変換の詳細については、Hyper サポートリソースをご覧ください。
    他のユーザーとワークブックを共有する
    他のユーザーがワークブックを開くのに使用するバージョンがわかっていれば、 [バージョン名を付けてエクスポート] オプションを使用できます。これにより、最新バージョンの Tableau Desktop を使用していないユーザーでも、ワークブックを開いて編集できるようになります (Tableau 10.2 以降に対応)。

    ワークブックをパブリッシュする際にエラーが発生することがあります。詳しくは、こちらのナレッジベースの記事を参照してください。

    まずテストする
    期待通りの動作が得られるように、 既知の問題 を読んでから最新バージョンの Tableau Desktop をインストールしてください。
  • 同じ PC 上に複数のバージョンの Tableau Desktop をインストールすることができます。たとえば、インストールされている最も新しいバージョンが 2018.1 の場合、それが既定のバージョンになります。
  • 既定のバージョンを変更する場合は、「Tableau Desktop のアップグレード」の手順に従ってください。
  • 新しい PC にインストールする
    その PC にライセンスを移行する必要があります。詳しくは、Tableau ヘルプの「Tableau Desktop のアップグレード」および「Tableau Desktop の移動または非アクティブ化」を参照してください。
    技術仕様を確認する
    Tableau 10.5 から、Tableau の新しいバージョンは 64 ビットのオペレーティングシステムでのみ動作します。対象製品の詳細や、32 ビット版の Tableau Desktop、Tableau Reader、Tableau Public をインストールしているかどうかを確認するには、リソースページをご覧ください。
    Tableau Desktop 10.0 のリリース後、Windows Vista、Internet Explorer 10.1 以前、OS X Mavericks はサポートされていない点にご注意ください。最新の技術仕様をご覧ください。
    修正点を確認する
    この新しいリリースでの修正点を確認するには、リリースノートを参照してください。

    ヘルプの利用

    セルフサービス型リソース
    テクニカルサポート
    コンサルティングサービス
    Tableau のコンサルタントが新機能を最大限に活用する方法をご紹介し、データの価値を引き出すお手伝いをします。