ホワイトペーパー

モダン BI の世界における IT 部門の新たな役割

組織が、IT 部門主導の従来のトップダウン型アプローチから、モダンなセルフサービス型のアプローチへと移行し始めるに伴って、モダン分析が約束する変革を実現するために、BI 計画の基盤となる中心的な構成要素 (ユーザー、プロセス、プラットフォーム) を裏付けていた過去の意思決定を見直す必要が出てきます。

数十年前にビジネスインテリジェンス (BI) が誕生して以来、その主な目的は、組織が静的なレポートとダッシュボードを使用して KPI やパフォーマンス指標を一元的に追跡できる、トップダウン型の単一の情報源を作り出すことでした。セルフサービス BI の登場はこの状況に変革をもたらしましたが、当初ほとんどの IT 部門ではセルフサービスのトレンドをなかなか受け入れようとしませんでした。

しかしセルフサービス BI が無視できない新しい標準となった今、IT 部門は岐路に立たされています。BI の採用とビジネス成果向上の推進のためにセルフサービスによるアジャイル性がビジネスで求められるようになるにつれ、BI への従来のアプローチはますます妥当性を失いつつあります。実際、デジタル変革の時代の今日、数多くの企業がモダナイズを行い分析への投資を強化して、イノベーションと変革の加速を図っています。

ディスカッションの中心にデータを据えると組織全体でも変革が約束されるという点に、誰も異論はありません。しかしほとんどの組織は、全社規模の分析プログラムのスムーズな導入に失敗しています。IT 部門はこうした取り組みでリーダーシップの役割を十分に担える位置にいるうえ、ユーザーが意思決定で必要とする適切なデータの提供というタスクにも欠かせない存在です。

これには新しい枠組みと全体的な戦略が必要であり、会社の戦略的なパートナーかつイネーブラー (実現者) という IT 部門の新たな役割もそこには含まれます。このホワイトペーパーをダウンロードして、次の内容を詳しくご覧ください。

  • 従来のレポート作成からモダン分析への BI 環境の移行が IT 部門に与えるインパクト
  • BI モダナイゼーションの中心にユーザーとコラボレーションを据える価値
  • ガバナンスがセルフサービス分析の成功を妨げるものではなく、実現するものであるのはなぜか
  • 適切なテクノロジープラットフォームは、分析導入と変革を推進するうえでどのように役立つのか
  • モダン BI プラットフォームの評価、導入、規模拡大のためのその他のリソース

続きを読む...

フォームへの記入は約 15 秒で終わります。すでに登録している場合は、サインインしてください。