ラーニング

ホワイトペーパー

すべてのホワイトペーパーをご覧いただけます。
ビジネスインテリジェンス ピックアップ
2017 年ビジネスインテリジェンスのトレンド Top 10

この数年で、データは組織に欠かせない力となりました。このデータの力をうまく活用して、ビジネスユーザーが競争優位性を見出せるようになっている企業は、他に先駆けてイノベーションを起こしています。このような変化によって、企業では BI に対する従来型の手法と最新のアプローチの間でうまく舵を取る必要に迫られています。具体的には、管理性と俊敏性、...

ビジネスインテリジェンス ピックアップ
AWS で Tableau を展開してデータエコシステムを構築する方法

従来の BI ではセキュリティとスケーラビリティが約束されていますが、どのような代償が必要なのでしょうか。データを利用して答えを見出し共有するには、多くの場合、労力と時間がかかります。しかし、急速に成長し成熟しつつあるクラウドテクノロジーを活用すると、より簡単に実現できます。 Tableau と AWS の活用により、BI をクラウドに移行して従来の BI...

ビジネスインテリジェンス ピックアップ
規模に応じたセルフサービス分析の管理: 概要

組織全体がインサイトを引き出せるようになるばかりでなく、意義のある大きな変化を推進できるようになるには、どうすればいいでしょうか。そのためには、各部門が連携してインサイトを伝え、それぞれが持つ情報を活用する必要があります。そして、IT 部門はこのすべてを可能にする中心的な役割を果たします。 現代の組織では、IT...

クラウド ピックアップ
クラウドデータブリーフィング

多くの企業が、データの収集と分析に力を入れています。しかし、これはどこでどのように行われているのでしょうか。 かつてはソリューションといえば、オンプレミスのみで展開されたデータベースに限られていました。しかし現在では、幅広いテクノロジーや展開形態に対応する必要があります。個別のデータベースや Hadoop 製品から、クラウド、オンプレミス、ハイブリッド型の展開まで、環境は多様で、...

ビッグデータ ピックアップ
拡張可能なセルフサービス分析のための 5 つのステップ

データ革命の到来です。 セルフサービス分析ができることが期待されています。 事業部門が生データにアクセスすると混乱が発生する可能性があります。 セルフサービス BI が、これまでの BI の方法論に挑戦します。これにより、IT 部門のデータ分析に対するアプローチも新しいものになります。 最新のアプローチは、シンプルです。 IT 部門と事業部門が協力して、...

ビジネスインテリジェンス ピックアップ
ビジネスインテリジェンスへの最新アプローチ

組織には大量のデータがあります。市場の細かな動向に通じている方でも、 必ずしも「アナリスト」という肩書きを持っているわけではありません。ソフトウェアツールはありますが、データから価値を引き出す点ではあまり役には立っていません。 差し迫った疑問を抱えている。そんな場合に力となってくれるビジネスインテリジェンスへのアプローチが今、必要とされています。 ...

ビッグデータ ピックアップ
IoT のラストマイル問題を解決する

モノのインターネット (IoT) が、私たちの知っていた世界を変えようとしています。ガートナー社によれば、2020 年までにネットワークに接続されるデバイスの数は 260 億近くになります。ウェアラブルデバイスからホームオートメーション、生産最適化まで、可能性は広大ですが、課題も山積みです。 大衆にとって IoT を役立つものにするには、デバイスの接続性の問題よりも、...

ビジネスインテリジェンス ピックアップ
BI をクラウドに移行する 5 つの理由

従来の BI ではセキュリティとスケーラビリティが約束されていますが、どのような代償が必要なのでしょうか。データを利用して答えを見出し共有するには、多くの場合、労力と時間がかかります。しかし、急速に成長し成熟しつつあるクラウドテクノロジーを活用すると、より簡単に実現できます。 Tableau と AWS の活用により、BI をクラウドに移行して従来の BI...

ビジネスインテリジェンス ピックアップ
2016 年小売分析の 6 つのトレンド

小売分析のトレンドは目新しいものではありません。しかし、テクノロジーと手法は日々成長し、そこから生まれるさまざまな新しいチャンスも急激に拡大しつつあります。 今日の爆発的なデータ増加に伴い、企業では POS データ、Web サイトのトラフィック、マーケティングの数値、トランザクションデータをまとめ上げて、全体像から実用的なインサイトを引き出しています。 しかし、...

ビッグデータ ピックアップ
2016 年ビッグデータのトレンド Top 8

2015 年は、ビッグデータを語るうえで重要な年となりました。最善の意思決定を行うためには、どのような規模や形態のデータも軽んじることはできない、という考え方を受け入れる企業が増えてきました。これを裏付けるように、非リレーショナルなデータや非構造化データ、そして膨大な規模のデータを扱えるシステムが進化し洗練され、企業の IT システムで活用される流れが続いて行くでしょう。これにより、...