ラーニング

ホワイトペーパー

すべてのホワイトペーパーをご覧いただけます。
人工知能 (AI) がアナリストに及ぼす影響 「拡張分析」時代におけるアナリストの役割の再定義

AI について大々的に報道されているため、私たちは機械学習によって、特にデータ分析の分野で人々の働き方がすでに変革されていることを見失いがちです。機械学習はデータに関する組織の考え方を変え、データ分析におけるアナリストの役割を進化させています。

デジタル時代におけるデータ活用のビジネスインパクト

APACの700を超える組織のエグゼクティブを対象にした調査結果をまとめたIDC Executive Insightsレポート 「データレディネス: デジタル時代におけるビジネスインパクト」を読んで、各組織がデータの活用をどのように進め、効果的な成果を生み出しているのか、そのヒントを是非掴んで下さい。 ...

財務ダッシュボードに欠かせない 7 つの戦略

財務部門の業務は組織の全員に影響を及ぼし、重要な意思決定を行うための情報を生み出します。財務部門が提供する分析結果とレポートは重要なインサイトを提示しており、データリテラシーのレベルが異なる多様な関係者に役立つ必要があるため、優れた財務ダッシュボードをデザインしなければならないというプレッシャーがさらに高まります。そこで、重役やビジネスユーザーが必要とするときに、...

ビジネス分析
データ準備から財務レポートへ: 迅速な分析を実現する 3 つの例

財務データは煩雑です。分析用に財務データを準備し、変換するためには、多くの手作業と時間が必要になります。ソースシステムからエクスポートし、多数のクリーニングおよび変換作業を実行した財務データへの信頼性を、どのようにして構築することができるのでしょうか。データおよびロードマップに対する十分な信頼を得るために必要なのは、すべてのデータを安全で管理されたデータベースに格納することです。しかし、...

IT およびエンタープライズ
Tableau Server のディザスタリカバリ

注: このホワイトペーパーは、Tableau サービスマネージャーを使用した Tableau Server バージョン 2018.2 以降が実行されていることを前提にしています。 ディザスタリカバリ (DR) とは、ディザスタ (災害や障害) に対する予防措置、および復旧措置を意味します。事業中断の原因となるハードウェア障害、ソフトウェア障害、自然災害、...

組織の混沌としたデータ準備の管理

データドリブンな組織の新しい基準であるセルフサービス分析では、データを活用できるようにするために多くのユーザーが、利用可能なツールや機能を使用してデータ準備を行います。それらの作業にはカット & ペーストや、サーバーにとって最適ではない膨大な計算式の記述が含まれます。アナリストでさえ、自分の業務の大部分は分析ではなく、実際にはデータのクリーニングや形式変換であると報告しており、...

ビジネスインテリジェンス
「データに聞く」機能で自然言語を使用して分析するためのデータ準備

自然言語処理に対応した Tableau の「データに聞く」機能は、Tableau Server または Online にパブリッシュされたデータソースのすべてと連携できるように構築されています。ただし、「データに聞く」機能のすべての利点を活用するには、最適な分析的会話をサポートするようにデータソースを適切に整理する必要があります。 ...

ビジネス分析
Tableau Server の高可用性: Tableau サービスマネージャー (TSM) で規模に応じたミッションクリティカルな分析を実行する

注: Tableau Server のバージョン 10 ~ 2018.1 (Tableau サービスマネージャーなし) を実行している場合は、...

ビッグデータ
Tableau とビッグデータ: 概要

今日、「ビッグデータ」はただのデータです。しかし、実際にはさらに活用できるものであり、ビッグデータを分析する使用事例も増え続けています。データのキャプチャ、保存、処理、管理の手段は継続的に出現し、進化しています。それに応じてビッグデータ分析戦略には、変化を続けるビジネス需要を満たす柔軟性とアジャイル性が必要になっています。 Tableau には、...

埋め込み分析
データの製品化 - データサイエンティストからデータビジネスオーナーへ

データ製品の開発に戦略はありますか? 企業は、持っているデータ資産の経済的価値の計測と評価をますます進めています。今後は、データ自体の価値の評価に加え、データを基にした新しいビジネスモデルから生み出される収益も極めて重要な役割を担うでしょう。データ製品や分析サービスの利用が増えるに従って、データ収益化の機会と埋め込み分析の統合を探る組織も増えています。 ...