編集者注: この記事は、Tableau ブログの「新学期」シリーズの一部です。Tableau では、次世代の従業員やビジネスリーダーにとって、データスキルが必要不可欠であると考えられています。Tableau のアカデミックプログラムは、学生が学業と職務のどちらでもデータドリブンな意思決定を行うために必要な、価値の高い分析スキルを身につけられるように支援しています。

雇用主によるデータスキルに対する需要が高まり続けていることから、大学はデータ分析を大学プログラムのカリキュラムに組み込む必要性を認識し始めました。Tableau による 2018 年のトップ BI トレンドレポートでは、お客様や Tableau のエキスパートによって、分析やデータサイエンスプログラムに投資している大学がトップトレンドとして特定されています。

今までに 50 万人を超える学生や講師の方々が、Tableau アカデミックプログラムを通じて、無料のソフトウェアやトレーニングリソースを使用してきました。Tableau のアカデミックプログラムチームに入ってから 3 年の間に、講師の方々がさまざまな方法で Tableau を授業に組み込んでいるのを見てきました。

皆さまが本年度、新学期を迎えるのに伴い、授業やカリキュラムに Tableau を組み込むための 5 つの方法についてまとめました。

1.授業前の課題として学生に無料トレーニングビデオを視聴させる

次の日の授業に向けた準備として学生に課すことができる簡単な課題を必要としていますか? 100 時間超に及ぶオンデマンドのトレーニングビデオライブラリーから選択していただけます。ほとんどのビデオは 6 ~ 7 分間となっているため、授業で強調すべき最も重要な内容を簡単に確認できます。各ビデオには、データセット、練習ワークブックなどのリソースをダウンロードするためのリンクが含まれています。学生は、ビデオに従い段階を追って演習を完了して、課題のビデオについての簡単なレポートを提出するか、ワークブックの練習問題を実施することで課題を完了することができます。

2.Tableau の無料カリキュラムモジュールによって講義を刷新する

Tableau のアカデミックプログラムチームは、大学の教授や講師の方々と連携して、授業に組み込むべきカリキュラムモジュールを作成しました。これらのモジュールは、コースのニーズに対応するよう編集および調整できる構成になっており、講義のスライドや課題、サンプル講義要綱、試験問題などが含まれています。以下を含めた、さまざまなカリキュラムをご覧ください。

  • データビジュアライゼーション: データビジュアライゼーション分析の基礎について説明する 10 週間のカリキュラムです。たとえば、色、ダッシュボードデザイン、フォント、マッピングデータなどについて説明します。
  • Tableau によるデータの視覚化: データへの接続、計算フィールド、マップ、ダッシュボード、ストーリーなど、あらゆる研究分野での Tableau Desktop の基本的な機能と高度な機能についてのトレーニングを提供します。
  • Tableau によるデータジャーナリズムの概要: すべてのジャーナリストにとって必要不可欠なスキルである、データストーリーテリングのコンテキストでの Tableau の機能について説明します。
  • Tableau によるソーシャルメディア分析: Twitter や Facebook データを分析する手順について説明するモジュールです。

注: このカリキュラムは、Tableau 教育向けプログラムに登録されている講師の方々専用に作成されている Tableau 教育向けプログラムのユーザーグループページを通じてリクエストしていただけます。Tableau の Web サイトにログインして、アクセスをリクエストしてください。

3.Makeover Monday を使った授業課題を提供する

Makeover Monday は、Tableau コミュニティが作成するソーシャルデータプロジェクトです。データビジュアライゼーションコミュニティがインスピレーションを得る、または他のユーザーから学ぶことでデータスキルを向上できるよう支援します。この課題は簡単にコーススケジュールに組み込むことができます。毎週、新しいデータセットとともに、元のチャートに関する専門家のフィードバックが提供されます。講師は、授業で学生にその週のデータからダッシュボードを作成させる、またはプロジェクトへの参加に対して追加単位を提供することができます。

学生は課題を Tableau Public にアップロードして、URL を共有することで単位を取得することができます。または、クラスの学生に、#MakeoverMonday ハッシュタグを使って、完成したダッシュボードを Twitter に投稿してもらい、コミュニティからのフィードバックを得られるようにすることができます。

「私たちは、Makeover Monday を授業での演習に利用してきています。 学生は、グループで Tableau Zen Master による例を模倣しようとすることから、個人で異なるチャートを作り出すようになります。 データセット、例、説明が用意されているため、学生は確実に Tableau Desktop を使いこなせるようになります」— アラバマ大学、Chapman Greer 氏

4.新しいデータセットで創造性を引き出す

質の高いデータセットを見つけることは困難ですが、学生にインスピレーションを与える興味深いデータセットを見つけることはさらに困難なことです。学生に、それぞれが関心を持っているデータを使って作業してもらえば、Tableau の使用方法について自ら学ぶことができるようになります。

Student Resource コミュニティページに Tableau が推奨するデータリポジトリの一部をリストにまとめています。以下はその例です。

分析作業に乱雑なデータを使用していますか? Tableau の最新のデータ準備ツールである Tableau Prep を使用して、データのクリーニングや形式変換を行えます。Tableau Prep は、Tableau アカデミックプログラムを通じて、学生や講師の方々に無料で提供されています。

5.Tableau の新しい新学期オンラインセミナーシリーズを視聴する

授業が早々に再開されるにあたり、Tableau が提供する 1 時間のオンラインセミナーを視聴して、Tableau をカリキュラムや授業に組み込むための他の方法について確認してください。Tableau Conference Europe 2018 での Iron Viz 優勝者である、Klaus Schulte 教授の Tableau ストーリーを本人からお聞きいただくこともできます。また、Tableau が The Economist 社の Alex Selby-Boothroyd 氏と Marie Segger 氏と行った、ビッグマック指数のデザイン変更、ソーシャルメディア時代のデータ、データジャーナリズムについての Facebook ライブチャットもご覧いただけます。

ぜひオンラインセミナーに登録して、新学期を速やかに開始してください。

講師コミュニティに参加して、無料の Tableau 教育向けプログラムライセンスをダウンロードしてください

こちらもご覧ください

ブログの更新情報を受け取る