ホワイトペーパー

Amazon Web Services (AWS) と Tableau Software で実現する包括的なビジネスインテリジェンスソリューションは、導入に時間がかからず、セキュリティ保護も容易で、あらゆるユーザーが利用できます。Tableau を利用することで、Amazon Redshift、Amazon Elastic MapReduce、Amazon Aurora、Amazon Relational Database Service (RDS) などのAWS データサービスで管理しているデータの分析や共有を行うことができます。このホワイトペーパーでは、データの表示、理解、共有を進めるために、Amazon EC2 上で Tableau Server を稼働させることをお勧めする理由を説明します。それにより、AWS を十分に活用できるようになります。また、導入に関するガイドも掲載しています。

ホワイトペーパー
  • トピック:
  • R

2016 年は、あらゆる形態とサイズのデータを保存および処理して価値を引き出す組織が増え、ビッグデータを語るうえで重要な年となりました。2017 年も、構造化データと非構造化データのどちらでも大量に扱えるシステムが増え続けるでしょう。市場では、エンドユーザーでもビッグデータを分析できるようにしながら、データ管理者がビッグデータを管理しセキュリティを確保するためのプラットフォームが求められると予想されます。こうしたシステムは洗練され、企業の IT システムおよび標準として活用されるようになります。

次は、どのような方向に進むのでしょうか? このホワイトペーパーでは、次のような 2017 年のビッグデータのトレンドを紹介します。

ビッグデータの加速と一般化: Hadoop を高速化する選択肢の増加
最初から価値を促進するために組織が最初からデータレイクを活用
Spark と機械学習がビッグデータを活性化

ホワイトペーパー

2016 年、クラウドテクノロジーが主流になりました。しかし、クラウドテクノロジーが成熟期を迎えたことで、クラウドへの移行は一夜にして終わるものではないという認識が広まりました。CIO (最高情報責任者) たちは、ホスティング型コンピューティングとクラウドデータストレージを優先事項と捉えていますが、数年にわたる緩やかな移行というアプローチを取っています。

数多くの新興企業や小規模企業は、これからもクラウドを全面的に取り入れていくでしょう。一方で大企業は、オンプレミスからのゆっくりとした着実な移行に勝機を見出します。システムが確立されたほとんどの組織では、データ、ソフトウェア、インフラのハイブリッド型エコシステムが現実のものとなるでしょう。

このような形でクラウドへの移行が進むなかで、今後はどうなっていくでしょうか。このホワイトペーパーでは、次のような 2017 年のクラウドのトレンドを紹介します。

IT 部門がスキルセットを変化させる
組織はハイブリッドの世界を受け入れる
ホスティング型アプリケーションが社内のビジネス活動を合理化する

ホワイトペーパー

この数年で、データは組織に欠かせない力となりました。このデータの力をうまく活用して、ビジネスユーザーが競争優位性を見出せるようになっている企業は、他に先駆けてイノベーションを起こしています。このような変化によって、企業では BI に対する従来型の手法と最新のアプローチの間でうまく舵を取る必要に迫られています。具体的には、管理性と俊敏性、ガバナンスとセルフサービスの間でバランスをとる必要性が高まっています。IT 部門と事業部門が互いに協力し合うことで、データの力を最大限に引き出そうという取り組みが始まっています。

次は、どのような方向に進むのでしょうか? このホワイトペーパーでは、次のような 2017 年のトレンドを紹介します。

最新の BI が新たな標準になる
データリテラシーが将来の基礎スキルになる
高度な分析環境がさらに利用しやすくなる