ソリューション

IT 分析

ServiceNow や Splunk などに直接接続

IT はあらゆるビジネスの基盤であり、さまざまな事業部門の業務を支えています。今日、IT 部門はこれまでにないほど多くのデータを所有しています。データは、サービスチケット管理、資産の追跡記録、予算立案、人員配置、ソフトウェアの監視など、さまざまな分野で使われますが、どのデータにも仕事を高速化し、シンプルにする力があります。

Tableau を使うと、ツールとシステムの状態を常に把握できます。あらゆるインフラストラクチャを 1 つのダッシュボードで集中監視し、先を見越した意思決定を行えるため、リスクを最小限に抑え、予算を最大限に活用できます。リソースの割り当て状況とその効果の把握や、すべてのサポートケースのライフサイクルを改善することも可能です。ServiceNow や Splunk、Google アナリティクスなど、どこにあるデータでも、すべて活用してビジネスの効率を向上し、最大限の効果を上げましょう。Tableau を活用した IT 分析により、どのようにビジネスを強化できるかをご覧ください。

Tableau は IT 部門の新しいパートナー

チケットの追跡

ServiceNow のようなソフトウェアやハードウェアシステムと直接接続し、プロジェクトの担当者や、プロジェクトの進捗、改善の機会をより良く把握できます。右のダッシュボードで、日付を選んでクリックすると、その日のケースのステータスを確認できます。

ダッシュボードを試す
アクショナブルなデータで分析をすぐに開始数回クリックするだけで、ServiceNow に接続して手元のデータを活用し、データの豊富な美しいダッシュボードをシームレスに作成することができます。

使用状況の監視

どのシステムが稼動しているか、そして、どのシステムの容量が上限に近づいているかは、常に把握しておく必要があります。Tableau で IT 分析を行うと、システムの機能停止を未然に防ぎ、顧客が利用しているサービスの中断を防止することができるようになります。Tableau Server のデータドリブンアラートを使用すると、データが設定されたしきい値に達したときに通知が送られます。

ダッシュボードを試す

リソースの割り当て

リソースの使用状況を把握し、必要に応じて調整できます。Tableau を使うと、時間、人員、資材などの資産を監視しながら、これらの資産を適切に割り当てられるため、さまざまなトラブルを回避できます。IT アクティビティの記録を見るのに最適な Tableau のダッシュボードを利用すれば、組織を効率よく拡大できます。

ダッシュボードを試す

全社規模の導入

管理されたセルフサービス分析環境に関する意思決定は、一部門を越えて影響を及ぼします。 組織全体のデータ分析環境を利用しやすくアジャイルに、そして信頼できるものにするテクノロジーフレームワークを、セキュリティもガバナンスも損わずに構築しましょう。

詳しく読む


効果的なダッシュボードを作成するための 10 のベストプラクティス

便利で業務に欠くことのできないダッシュボードを作成し、今すぐインパクトを生み出す方法を紹介します。



セルフサービス分析の文化を育てる

データ分析をあらゆる業務に活用する方法を紹介します。

ヘルプデスクの利用統計値、Web ポータルユーザーの行動分析、教室の使用状況分析、コンピューターラボの利用指標の監視など、施設に関する問題を特定するのに役立っています。Tableau なら、どんな情報でもレポートにできます。