Honeywell 社は、14 事業部門の 9,000 人に Tableau を導入し、10,000 時間以上を削減


10,000 ~ 20,000 時間分の工数削減
9,000 人を超える社員が Tableau を利用
経営陣が会社の支出を明確に把握

Honeywell 社のグローバル財務センターは、400 億ドル規模の企業全体を束ねるグローバルな分析のハブの役割を担っています。2016 年 3 月から Honeywell 社の Tableau ユーザーは増加を続け、全社規模で 9,000 人となっています。チームでは Tableau と Alteryx を利用することで、数か月もかけることなく数時間でデータを分析し、清算や販売に関するきわめて重要な意思決定を支える情報を提供しています。FP&A オペレーション & トランスフォーメーションのシニアディレクターである Preetham Shanbhag 氏は、Tableau の導入により 10,000 ~ 20,000 時間分の工数削減につながったと見積もっています。ビジネス価値を考えれば「簡単に金額に置き換えることはできない」と語ります。

結果的な生産性を見れば、軽く 10,000 ~ 20,000 時間分の工数に相当すると言えます。これは、Tableau の導入による自動化と標準化の成果です。 しかし、それ以上に私にとって意味があるのはビジネス価値です。これは簡単に金額に置き換えることはできないものです。

10,000 ~ 20,000 時間分の工数削減、ユーザー数は 9,000 人に増加

Honeywell 社のグローバル財務センターは、100 か国以上におよぶ 14 の戦略的事業部門および生産ラインの分析を支えています。社内顧客グループは、統括経営から営業、マーケティング、調達、IT、人事など多岐にわたります。

チームでは Tableau と Alteryx を利用して SAP、Oracle、Navision、JD Edwards など 150 を超える ERP システムからのデータを分析します。 Honeywell 社では、2016 年 3 月の Tableau 導入時には 0 人だったユーザーが、全社規模で 9,000 人まで増加しました。

FP&A オペレーション & トランスフォーメーションのシニアディレクターである Preetham Shanbhag 氏は次のように説明しています。「財務分野では、非常に大量のデータを分析します。 たとえば、損益や、売上、受注残高、運転資金、キャッシュフローなどです。分析が必要な取引データは山のようにあります」

グローバル財務センターでは、以前は Excel と他のツールの組み合わせでデータを分析していましたが、抽出、操作、変換に数か月かかることもありました。たとえば、標準的な営業報告書の作成に 3 ~ 4 か月かかっていました。Tableau を導入したことで、同じ報告書を数時間足らずで作成できるようになりました。

「結果的な生産性を見れば、軽く 10,000 ~ 20,000 時間分の工数に相当すると言えます。これは、Tableau の導入による自動化と標準化の成果です」

「しかし、それ以上に意味があるのはビジネス価値です。これは簡単に金額に置き換えることはできないものです」と Shanbhag 氏は言います。「今まではデータ抽出作業と単純作業に時間の 70% を費やし、分析に使用できる時間は 30% でした。今ではまったく逆です。意思決定を迅速化できたことにより、損益に直接的な影響がもたらされています」

最近の購入によって、0 人から始まった社内のユーザー数は 9,000 人まで増えました。 Tableau の展開は非常に急速に進んでいます。

財務データの包括的な把握で清算に関する意思決定を支援

Tableau で作成する在庫報告書により、「いつ清算し、いつ処分特売をするべきか」に関して情報に基づく意思決定ができるようになったと Shanbhag 氏は言います。ビジネス価値を考えれば、「簡単に金額に置き換えることはできない」と語ります。

また、チームは、運転資金分析や、間接費、出張旅費、運送費用の低減に取り組むプロジェクトを進め、会社の支出を包括的に把握できるようにしています。さらに、セグメントや製品顧客ごとの収益を示す Tableau ダッシュボードを、営業の戦力をどこに投入すべきかに関する運営判断に役立てています。

Shanbhag 氏はさらに次のように言っています。「すべてのデータを取り込んで、優れたビジネスインサイトに変換し、社内顧客グループと連携してそのインサイトを基に適切な意思決定を行うことができます。このような形で、Tableau によるバリューチェーンが実現しています」

「使いやすさや直感的であることが違いを生み、製品が顧客にどう受け取られるかを左右します。財務計画と分析を担う私たちの組織にとって、どれだけ読みやすいレポートを作成できるか、そのレポートから社内顧客がどれだけ迅速な意思決定を行えるかが重要です」

Shanbhag 氏はさらに次のように言っています。「すべてのデータを取り込んで、優れたビジネスインサイトに変換し、社内顧客グループと連携してそのインサイトを基に適切な意思決定を行うことができます。このような形で、Tableau によるバリューチェーンが実現しています」

「使いやすさや直感的であることが違いを生み、製品が顧客にどう受け取られるかを左右します。財務計画と分析を担う私たちの組織にとって、どれだけ読みやすいレポートを作成できるか、そのレポートから社内顧客がどれだけ迅速な意思決定を行えるかが重要です」

こちらもご覧ください