ソリューション

製造業界の分析

製造業は、人材、原材料、設備投資、生産設備、ロジスティクスなど、流動的な要素が数多くある業界です。顧客の需要が絶えず変わることは言うまでもありません。そして至るところでデータが作成されますが、サイロ化され、用途が限定されていることも少なくありません。このような状況は、航空宇宙・防衛、自動車、産業機械、素材製品など、あらゆる製造業で共通しています。しかし Tableau を使えば、簡単に類似データのブレンドやリンクが可能となり、わずか数秒で確かな結果を得ることができます。数時間、数日という長い時間をかけてプログラミングを行う必要はありません。分析から得られた結果を活用して、プロセスの効率化、生産監視の一元化、顧客サービスの向上を図り、リアルタイムのデータをタイムリーなインサイトに変えることができます。

産業用センサーのデータを読み解く

GE Aviation 社は、業界をリードする Tableau の分析プラットフォームを活用することにより、航空会社が簡単にデータにアクセスして理解し、対策を取れるようにしています。航空会社は、GE 社による産業用途向けのクラウドベースのソフトウェアプラットフォームである Predix を通じて、Tableau で生成された顧客用レポートを見ることができるようになりました。そして、Tableau のパワフルで使いやすいプラットフォームを利用して、飛行 (エンジン、機体、フラップ、ランディングギアなど) から得られたセンサーデータに加え、航空機自体の健全性 (グランドオペレーション、整備、クルー配置など) を深く分析することができます。

詳しく読む

Honeywell 社は、14 事業部門の 9,000 人に Tableau を導入し、10,000 時間以上を削減

Honeywell 社のグローバル財務センターは、400 億ドル規模の企業全体を束ねるグローバルな分析のハブの役割を担っています。2016 年 3 月から Honeywell 社の Tableau ユーザーは増加を続け、全社規模で 9,000 人となっています。チームでは Tableau と Alteryx を利用することで、数か月もかけることなく数時間でデータを分析し、きわめて重要な意思決定を支える情報を提供しています。Tableau がマーケティング分析をどのように変革しているかをご覧ください。

ビデオを見る



ホワイトペーパー: 業界を変革する 4 つのデータ活用法

好むと好まざるとにかかわらず、製造業界は動きが速く、リーン化が進んでおり、旧来の現状維持のビジネスシステムでは取り残されてしまいます。製造業では、業務を効率化し、サービスやサポートの品質を向上させるために、これまで以上に膨大なデータを収集し、分析する必要に迫られています。製造効率、製品の品質、顧客の需要、サービスの卓越性すべてに対する影響とそれらの相関関係を調査するには、ビッグデータと意味のある分析が不可欠です。

ホワイトペーパーを読む

Tableau は、今のわが社の成長と価値の向上に欠かせない存在です。生産部門では、『この時間の目標値は達成できたか? もし達成できていないなら、その原因は?』といった管理を 1 時間、1 分単位で行うことができます。

データドリブンな製造組織になるために

ホワイトペーパー: 業界のリーダーが語る大きな課題と解決策

製造業界では、ビジネス分析が引き続き最優先事項であり、最も変化の激しい分野の 1 つでもあります。しかし、利用できるツールがどれほど多くなっても、データドリブンな組織への移行はいまだに難しいのが現状です。このホワイトペーパーでは、業界のエキスパートである Dan Murray 氏が実体験や主な課題を説明するほか、製造業者がデータを使用して危機管理や業務改善を行うための新たな手法をご紹介します。

ホワイトペーパーを読む

結果的な生産性を見れば、軽く 10,000 ~ 20,000 時間分の工数に相当すると言えます。これは、Tableau の導入による自動化と標準化の成果です。 しかし、それ以上に私にとって意味があるのはビジネス価値です。これは簡単に金額に置き換えることはできないものです。