データと分析をクラウドで

クラウドテクノロジーは、ビジネスのあり方のあらゆる面に変革をもたらしています。クラウドでのデータと分析により、IT 部門はすばやく環境を構築して業務を進められると同時に、組織のニーズ拡大に応じてシームレスに規模を拡張できます。クラウドでデータと分析を最新化して一元化すれば、メンテナンスコストが削減され、管理されたデータが誰にでもさらに使いやすくなります。外出先でもどこからでも、あらゆるデータからインサイトを引き出しましょう。

クラウドで最新化する

コスト効率、柔軟性、パフォーマンス、ガバナンス、セキュリティなどのメリットを含む、クラウドにおけるデータと分析の最新化に関する詳細情報をご覧ください。

 

モダン分析を導入する理由

モダン BI を使って、デジタルトランスフォーメーションを実践しましょう。

詳しく読む

モダンなデータ環境

今日のデータ環境の進化を理解しましょう。

ホワイトペーパーをダウンロード

データグラビティの影響

データグラビティはどのように分析環境をクラウドに誘引しているのかご覧ください。

ホワイトペーパーをダウンロード

Tableau がクラウドに移行

自社のデータモダナイゼーションに対する評価方法についてご覧ください。

ブログを読む

 

Red Hat 社のロゴ

 

「Tableau Online は、組織のさまざまな側面を 1 つにまとめ上げる機会をもたらしてくれます。また、世界各地やさまざまな部署にいる Red Hat 社員に簡単に提供できるため、導入が加速され、コミュニティが形成されて盛り上がりも生み出されました」

ストーリー全文を読む

 

クラウドへの移行

ハイブリッドのシナリオや保存場所にかかわらずデータに接続する方法など、クラウドへ移行するための重要な考慮事項について詳しく見てみましょう。

 

クラウドへの移行戦略

クラウドへの移行に関する重要な考慮事項をご覧ください。

ホワイトペーパーをダウンロード

IDC InfoBrief: クラウド BI および分析

コストからガバナンスに至るまでの調査やトレンドをご覧ください。

Infobrief を読む

TDWI 社: モダン分析の成熟度ガイド

組織におけるモダン BI 導入を評価し促進しましょう。

ガイドを入手

TDWI 社のチェックリスト: 成功への鍵

分析スタックを常に柔軟でスケーラブルに保ちましょう。

チェックリストを読む


データと分析移行におけるさまざまなシナリオをご覧ください

最新のデータと分析の環境を設計する際の主な考慮事項と課題を理解しましょう。



完全なオンプレミスの導入

完全なオンプレミス

メリット:

  • 移行作業がほとんどまたは全くない
  • 導入の際にサービス中断がない

デメリット:

  • データおよび分析の柔軟性と拡張性が低い
  • オンプレミスのインフラストラクチャを管理するためのリソースが必要

検討すべき点:

  • クラウドでは、オンプレミスでは限定的となる可能性のあるアジャイル性や ROI の向上が可能になる

ハイブリッドオンプレミス分析

クラウドのデータを使用したオンプレミス分析

メリット:

  • データの拡張が容易
  • インフラストラクチャの管理に必要なリソースが少なくて済む

デメリット:

  • オンプレミスの Tableau Server をクラウドデータに接続する必要がある

検討すべき点:

  • クラウドおよびオンプレミスシステムの認証オプション
  • データ接続、ネットワーク、セキュリティ

ハイブリッドクラウド分析

オンプレミスのデータを使用したクラウド分析

メリット:

  • より柔軟でスケーラブルな分析が可能

デメリット:

  • クラウド移行に時間、リソース、新しいビジネスプロセスが必要
  • データグラビティへの対処

検討すべき点:

  • パブリッククラウドに導入された Tableau Server と SaaS でホスティングされる Tableau Online の比較
  • オンプレミスデータに接続する Tableau Bridge
  • データ接続、ネットワーク、セキュリティ

完全クラウド

すべてをクラウドに移行

メリット:

  • 柔軟性、スケーラビリティ、機能、コストなどさまざまなクラウドのメリットを最大限に利用できる
  • 総体的なクラウド採用は、データカルチャーの向上に役立つ

デメリット:

  • 同時移行に必要なリソースと専門知識が必要
  • 移行期間や実装方法に応じて分析サービスが中断する可能性

検討すべき点:

  • シングルクラウドとマルチクラウドのアプローチの比較
  • 移行計画と実行に関する社内とパートナーの専門知識の比較

さまざまな移行シナリオに対する Tableau の適合性

オンプレミス、パブリッククラウド、または完全ホスト型の SaaS による Tableau の柔軟な展開方法について詳細をご覧ください。あらゆる場所のデータに接続し、あらゆる場所でインサイトを引き出します。

 

Tableau導入オプション

ウェビナー: Tableau の柔軟性

クラウドやホスト型 BI など展開オプションを比較します。

ビデオを見る

https://www.tableau.com/sites/default/files/2021-01/Tile_s3_02%402x_0.png

導入オプションの比較

Tableau Online (SaaS) と Tableau Server の利点を評価します。

ブログを読む

データビジュアライゼーション

エンドツーエンドの BI アーキテクチャ

データテクノロジーエコシステム全体のパートナーシップをご覧ください。

詳しく読む

 

Specialized Bicycles 社のロゴ

 

「シングルサインオンや行レベルのセキュリティの追加など、ほかのアップグレードをより簡単に行えるように、IT の負荷を軽減する必要がありました。オンラインのクラウドベースのオプションを活用することで、Tableau インフラストラクチャを管理する必要がなくなりました」

ストーリー全文を読む

 

クラウド分析の最適化とモニタリング

Tableau を使用してクラウドのコストをモニタリングし、最適化する方法について詳細をご覧ください。Amazon Web Services (AWS)、Snowflake、Google Cloud Platform の各プラットフォーム向けの無料ソリューションから選んで始めましょう。

 

Amazon Web Services (AWS)

今すぐ開始

Snowflake

今すぐ開始

Google Cloud Platform

今すぐ開始

 

Wolseley Canada 社のロゴ

 

「プラットフォームの進化に対する Tableau の取り組みのおかげで、社内全体で分析を統合する情熱と熱意が高まっています。現在では、エンタープライズ分析エンジンの中心となり、信じられないようなペースで実践的なインサイトを生み出すことができるようになりました」

ストーリー全文を読む