ホワイトペーパー

現代のデータ環境に必要な 3 つの変化

作成
Dustin Smith, Tableau、プロダクトマネージャー

急激に進化するデータベースの世界では、IT 部門がデータ環境をめぐる戦略の根本的な見直しを迫られています。 Hadoop から NoSQL、クラウドデータ資産まで、IT 部門はテクノロジーとアプローチの両面で後れをとらないことを、かつてないほど強く期待されています。 残念ながら、CIO と IT 責任者の多くは、新しいテクノロジーを自社に統合しようと努力している一方で、もっと大きな落とし穴を見逃しているというのが現状です。つまり、最新のデータ環境を形づくる上で、セルフサービス型データ分析が果たす役割を忘れてしまっているのです。

このホワイトペーパーでは、IT リーダー達が組織全体でのデータ活用には不可欠であると認識し始めている「現代のデータ環境に必要な 3 つの変化」を紹介します。

以下のコンセプトについて紹介します。

  • Hadoop および NoSQL の登場と、それが従来型の企業データウェアハウスにもたらす意味
  • クラウドデータソースの評価方法について
  • データプラットフォーム戦略の一部として導入されるセルフサービス型データ分析

続きを読む...

フォームへの記入は約 15 秒で終わります。すでに登録している場合は、サインインしてください。

著者について

image

Dustin Smith

Tableau、プロダクトマネージャー

Dustin は、Tableau Software のプロダクトマネージャーを務めており、進化するデータテクノロジーの世界に焦点を当てています。Dustin は最初 2010 年に Tableau のプリセールスチームに入り、何百件もの BI および分析導入プロジェクトに関与しました。また、データや分析に関する支援を人々に提供することにやりがいを感じ続けており、Tableau では、サポートコミュニティの構築、新しいテクノロジーパートナーシップの開始、最近ではクラウドテクノロジーの使用に踏み切ろうとしているお客様のために、戦略的な役割を果たしています。Dustin は、時間があるときには大抵 Tableau ベータ版に没頭しているか、有用な Tableau リソースを Twitter に投稿しています。