現代のデータ環境に必要な3つの変化


概要: 

急激に進化するデータベースの世界では、IT 部門がデータ環境をめぐる戦略の根本的な見直しを迫られています。Hadoop から NoSQL、クラウドデータ資産まで、IT 部門はテクノロジーとアプローチの両面で後れをとらないことを、かつてないほど強く期待されています。残念ながら、CIO と IT 責任者の多くは、新しいテクノロジーを自社に統合しようと努力している一方で、もっと大きな落とし穴を見逃しているというのが現状です。つまり、最新のデータ環境を形づくる上で、セルフサービス型データ分析が果たす役割を忘れてしまっているのです。

このホワイトペーパーでは、IT リーダー達が組織全体でのデータ活用には不可欠であると認識し始めている「現代のデータ環境に必要な3つの変化」を紹介します。

以下のコンセプトについて紹介します。

  • Hadoop および NoSQL の登場と、それが従来型の企業データウェアハウスにもたらす意味
  • クラウドデータ資産の評価方法について
  • データプラットフォーム戦略の一部として導入されるセルフサービス型データ分析

最初の数ページをプレビューとしてお読みいただけます。全ページをお読みいただくには、右にあるボタンで PDF をダウンロードしてください。


問題は変わっていない。難しくなっているだけだ。

的確な意思決定に必要な信頼できるデータを組織に提供するという取り組みは、基本的にここ何十年と変わっていません。テクノロジーが大きく進化し、新しい戦略が登場しても、データインフラストラクチャを管理する IT が担う大きな使命、つまり「データが作成された瞬間からデータを動かし、意思決定者が必要とするときにいつでもデータを理解しやすい形で利用できるようにする」という使命は、今でも変わっていません。

しかし、目的は変わらない一方で、企業内部で分析のための統一したデータのソースを作成し維持することは急激に難しくなっています。

おそらく、現代のデータ環境における最大の障壁は、ほとんど構造化されていない出力を前例のないほど膨大に生成する新しいデータソースの出現でしょう。クリックストリーム、サーバーログ、ソーシャルメディアソースから機械やセンサーの読み取り結果まで、あらゆるチャネルからデータが押し寄せるように急増しています。従来型の企業データウェアハウス (EDW) では、このように押し寄せるデータ量には、経済的にも、パフォーマンスの点でも、とうてい対応しきれません。

こうしたことから、データの取得および分析戦略を根本的に考え直す取り組みが活発になり、スキーマレスのデータ取得や、ハードウェアのスケーラビリティの向上、演算処理能力をデータストアそのものに近づけることを目的とする新しいデータストレージソリューションが生まれました。

リレーショナルデータベースの基準に照らすとまだ始まったばかりですが、非リレーショナルの新しいソリューションは近年大きな注目を集めており、世界でも特に大規模で複雑な企業環境をサポートできるまでに急速に成熟してきました。主に既存の企業データウェアハウスのインフラストラクチャを補完する手段としてこの新しいソリューションが急速に成熟してきた一方で、IT が管理するデータエコシステムはさらに複雑になるという結果をもたらしています。

健全なデータ環境を維持するという継続的な使命において IT が克服しなければならないハードルをさらに高くしているのが、クラウドアプリケーションからデータを利用するという要件です。多くの組織が、Google アナリティクス、Salesforce、Netsuite、Zendesk といったクラウドソリューションをインフラストラクチャの中核的な部分として運用しており、 そこで生成されるデータは、組織のレポート業務にとって必要不可欠です。これらのクラウドソリューションのデータを統合し、企業で利用できるようにすることが、IT にとって当然の要件となってきました。

さらに詳しく読みたい方は、 ホワイトペーパーをダウンロードしてください。

続きを読む...

こちらもご覧ください