Tableau とトラディショナル BI の比較

責任を持ってデータを提供する

IT 部門の管理とビジネス部門の利用を両立できるモダン BI


モダン BI のコンセプトがわかってはいても、実際にトラディショナル BI のシステムから移行することを考えると、少し躊躇してしまうものです。もちろん、「データをすべての人に」がデータ管理をあきらめることを意味するのであればなおさらです。

しかしモダンなアプローチでは、ガバナンスもスケーラビリティも、そして自動化も犠牲にする必要はありません。また、そのデータを最もよく知る人々が最善の意思決定を行えるようになるという、大規模なセルフサービス分析のメリットも得られます。

5 部構成のオンラインセミナーシリーズ (英語) にぜひご参加ください。



Josh Parenteau が解説するモダン BI プラットフォームの評価

Josh Parenteau

Tableau マーケットインテリジェンスディレクター

1.モダン BI プラットフォームの評価

ビジネス部門のセルフサービスのニーズに応えるか、ガバナンスを維持するか、どちらかしかできないと考えていませんか? 実は両立させることができます。  IT 部門がモダン分析プラットフォームの評価と選定で考慮しなければならない、重要なポイントを解説します。 

主な内容

  1. 現在のビジネス環境下で、従来型からモダン分析への移行が必要とされる理由
  2. 最新のビジネスインテリジェンスおよび分析プラットフォームを評価する上で考慮すべきこと
  3. エンタープライズ向けのセルフサービス分析ツールへの移行で、どのように事業部門と IT 部門の両者が強化されるのか

今すぐ登録

Kevin Taylor

Tableau セールスコンサルタント

2.ガバナンスフレームワーク

エンタープライズ規模のセルフサービス分析環境を検討する場合、考慮するべき重要なポイントの 1 つとして、ガバナンスが挙げられるでしょう。  Tableau ガバナンスフレームワークは、人、プロセス、テクノロジーを融合することによって、アカウンタビリティを実現するとともに、組織内のあらゆるスキルレベルのユーザーがセキュリティで保護された信頼できるデータを利用できるようにします。  

主な内容

  1. ビジネス部門と IT 部門がアジャイル性とデータ管理を両立させたときに生まれるメリット
  2. データガバナンスの自社プロセスを設計する際に考慮するべきポイント
  3. 成功に結びつくガバナンス戦略の導入に欠かせない Tableau Server の機能

今すぐ登録

Tim Daunch のオンラインセミナー

Tim Daunch

Tableau シニアセールスコンサルタント

3.データの管理

Tableau Server には、セキュリティ、ガバナンス、データ探索、コラボレーションを促進する多数の機能が組み込まれています。その中で最も強力なツールは、Data Server だと言っていいでしょう。ビジネス部門でアドホック分析を行えるようにしながら、データを確実に管理する方法をご紹介します。

主な内容

  1. 増加するデータソースの複製に対処するためのヒント
  2. メタデータ管理を一元化する方法
  3. データベースに格納されているデータに対し、ユーザーアクセスを簡素化するためのキーポイント

今すぐ登録

Kevin Hulbert による導入の柔軟性オンラインセミナー

Kevin Hulbert

Tableau セールスコンサルタント

4.導入の柔軟性

導入するべき分析プラットフォームとは、すでにある環境を活用でき、さらには発展させて将来の成長にも対応できるものです。 市場にある他のどの分析プラットフォームよりも優れた、Tableau の柔軟性をご紹介します。 Tableau は、プラットフォームやデータソースなどの既存リソースと統合することができます。また、データのライブ接続にも抽出にも対応しています。さらに Tableau Server なら、オンプレミス、パブリッククラウド、SaaS のいずれにも導入することが可能です。

主な内容

  1. Tableau Server の柔軟な導入オプションの概要
  2. クロスプラットフォーム機能で考慮するべきポイント
  3. データクエリのさまざまなパターンを活用する方法

今すぐ登録

Andy Cooper による企業環境への導入オンラインセミナー

Andy Cooper

Tableau カスタマーソリューション部門セールスコンサルタント

5.企業環境への導入

ビジネス部門が求めるソフトウェアを導入しても、成功に結びつくとは限りません。 そのうえ、組織全体で導入とイネーブルメントを促進するために、IT 部門の役割はさらに重要性を増しています。 このオンラインセミナーで、IT 部門が支えるモダン分析環境の実証されたベストプラクティスをご覧ください。

主な内容

  1. ビジネス部門と IT 部門の両方で考慮するべき重要なポイント
  2. モダン分析に対する自社ビジョンの把握
  3. お客様とお客様のチームの成功を支援するリソース

今すぐ登録

ユーザーの声

同じ道を歩んだエキスパートの声をお聞きください

Lufthansa 社は、数多くのデータソースと部門で使われていた、ウォーターフォール型のレポート作成環境から Tableau に移行しました。今では IT 部門とビジネス部門が緊密に連携し、以前より短時間でインサイトが得られています。

Lufthansa 社のビジネスが受けたインパクトについて詳しくご覧ください。

ビデオを見る

トラディショナル BI からモダン BI への移行をめぐる 6 つの誤解

モダン BI にまつわる誤解を一掃します

モダン BI では、新しいアーキテクチャや新しいデータ戦略に投資せざるを得なくなると思い込んでいませんか? ガバナンスがない「無法地帯」になると恐れていませんか? 移行は手間がかかりすぎるから無理だと考えていませんか?

真実と嘘を見極め、本当の知識を身につけましょう。


E ブックを入手

無料トライアル


Tableau Server のトライアル版をお試しください。

無料トライアル