ソリューション

ビッグデータ活用

ビッグデータを活用するには、ビッグデータを探索し、分析することで情報からインサイトを引き出します。しかし、巨大な規模で成長を続け、その種類も多様化しているデータを、従来のデータベースで取り扱うのは困難です。この理由から、急速に変化するデータのニーズに応えるために、Hadoop、Spark、NoSQL データベースなどのテクノロジーを取り入れる企業が増えています。Tableau は、お客様が選択するあらゆるプラットフォームをサポートするために、この分野のリーダー企業と密接に連携しています。お客様は、これらのテクノロジーへの既存投資や会社のデータから価値を引き出して、既存のデータを最大限に活用できるようになります。Tableau は、製造や、マーケティング金融や、航空など、さまざまな分野の企業がビッグデータを見て理解できるように支援します。

組織でのビッグデータの活用と分析の促進

あらゆるデータに対応する分析

Tableau は、組織内の誰もがさまざまな規模のデータの質問にリアルタイムで答えられるように支援します。質問をすればするほどデータからいっそう価値が引き出され、ビジネスで必要な日々の意思決定をよりスマートに下せるようになります。データの保管場所にかかわらず、あらゆるデータに 1 つのインターフェイスで対応することができます。

ビックデータを分析する

各種の Hadoop ディストリビューション、NoSQL データベース、Spark など、データの利用や保存にどのような種類のソフトウェアを使用しているかにかかわらず、Tableau は既存のインフラストラクチャとシームレスに統合することができます。ビッグデータは本質的に乱雑で複雑ですが、それを取り巻くエコシステムの急速な進化によって、データを構造化して簡単に探索可能にすることや、NoSQL や Hadoop データベースのパフォーマンスの向上が実現するため、使い慣れた従来のデータベースとほぼ同じように扱うことができます。

ビジネスへの影響を最大限に

ビッグデータのプラットフォームは、かつてないほど多くのデータを収集、保存、管理することができます。複数の非常に大規模なデータセットを組み合わせて、詳細な分析を行うと、それまではわからなかった新しいパターンが見えてきます。そうしたパターンには、部門の壁をまたいでビジネスプロセスを最適化する上で役立つような、ビジネスに関する重要なインサイトが含まれています。

データの統合と民主化

Tableau を利用することで、複数のソフトウェアやデータベースから別々のレポートを引き出す必要性が少なくなります。すべてのデータをまとめて確認することができ、別々のレポートになっていたら見つけることができなかったような新しいパターンを見つけることができます。さらに、社内の誰でもデータを探索できるようにすることで、より多くの疑問を解決し、より多くの発見ができるようになります。

あらゆるビジネスのためのビッグデータ分析

データがスプレッドシート、データベース、データウェアハウス、オープンソースのファイルシステム (Hadoop など)、またはそれらのすべてに保存されていても、データにすばやく接続して統合できる柔軟性が必要になります。ビッグデータへのアプローチとその潜在能力を最大限に活用する方法のベストプラクティスをご確認ください。

詳しく読む

世界がビッグデータパラダイムに沿ってゆっくりと変化を続ける中で、私たちはデータベースを活用することの重大な意味に気づき始めています。今までは、ビッグデータから宝を見つけ出す方法がありませんでした。しかし今 Tableau のおかげで、私たちはデータにより着目するようになりました。