ビジネスインテリジェンスへの最新アプローチ


概要: 

組織には大量のデータがあります。市場の細かな動向に通じている方でも、 必ずしも「アナリスト」という肩書きを持っているわけではありません。ソフトウェアツールはありますが、データから価値を引き出す点ではあまり役には立っていません。 差し迫った疑問を抱えている。そんな場合に力となってくれるビジネスインテリジェンスへのアプローチが今、必要とされています。

データを使った意思決定の利点については、すでに十分に立証されています。 Economist Intelligence Unit による先ごろの調査では、上級管理職の 43% が、戦略的な意思決定においてデータは「きわめて重要」だと考えていることがわかりました。 しかし、こうした豊富な根拠があるにもかかわらず、ビジネスインテリジェンス (BI) に対する従来のアプローチでは、データの力を引き出せないことも珍しくありません。 とりわけ BI ソフトウェアは、多くの場合複雑で柔軟性に欠け、遅いのが通常です。

このレポートでは、分析を見てすぐに理解し共有するのに役立つビジネスインテリジェンスへの最新のアプローチにおいて、鍵となる 7 つのポイントをご紹介します。 取り扱っているデータがスプレッドシートにあってもウェアハウスにあっても、まったく異なるデータセットに分散していても、さらに、エグゼクティブからアナリストや IT 部門まで、部門や所在地にまたがって、オフィスでも外出先でも場所を問わずに使用できるソフトウェア。そんな、組織全体を強化できるソフトウェアツールを探して評価する際は、次のようなポイントを考慮に入れてください。

続きを読む...

こちらもご覧ください