これがすべてを変える:モバイル分析とビジネスの将来


概要: 

ビジネス インテリジェンスの世界は急速に変化しつつあります。その変化の核心をなすのがモバイル ビジネス インテリジェンスです。どのようなデバイスからでもアクセスできて扱える、多様なデータを表示する対話的なダッシュボードは、競争上の利点を、文字通り会社の従業員の指先から届くものにします。

モバイル ビジネス インテリジェンスは、企業において、次の事柄を可能にします。

  • 毎日の業務を改善するモバイル データ アクセスをサポートする
  • 組織の活動を単一の総合的なデータ ビューを中心としたものにする
  • 新しいメトリックスを迅速に定義して繰り返せるようにする
  • 複数の社内およびサードパーティ データ ソースから同時にデータを引き出せるようにする
  • 前もってITに大きな投資をしなくても、データの活用性を評価できる
  • セルフサービス機能により、アナリストとビジネス ユーザーの作業を加速する

このホワイト ペーパーでは、モバイル ビジネス インテリジェンスが可能にする、主要な 3 つの変化について説明します。それらは次のとおりです。

  • 価値を伝える方法の変化
  • 業務を行う方法の変化
  • 共同作業を行う方法の変化

3 つの短いケース スタディを通して、モバイルでの変化がどのように組織を強化して、より良い決定をより速く下し、大幅なコスト削減を達成し、競争相手に対するアドバンテージを得られるようにするかを「見る」ことができるでしょう。

価値を伝える方法の変化

自分の最も上等なスーツを着ています。ドライクリーニングも済んでいます。あなたとあなたのチームは、この機会のために何週間も費やしてきました。競争相手もこの案件を取ろうとしていることを知ってはいますが、あなたは自分のチームがこの件には最適であると信じています。見込み客の市場、その製品、課題と強みについて研究を重ねてきました。自分たちが彼らに何を提供できるかは、この上なくはっきりしています。神経質にはなっていますが、楽観的です。相手の重役と握手して、会議室に入ります。

従来の方法

チームのアナリストは何度も分析を行いました。あなたは見込み客のすべての質問を予想しようとしてきました。図、グラフ、箇条書きの項目でいっぱいになった 30 ページのレポートを印刷して、製本してきました。プレゼンを開始すると、相手の重役は急いでレポートに目を通します。重役は腕時計を見ます。

「この予測はよさそうです」と彼女は言います。「しかし当社では、これらのブランドのうちの 2 つをこの年末に廃止することを決定しました。そういうわけで、この分析にまだ意味があるのかどうかは分かりません」。あなたは、そういう状況でも、自分のチームがこの案件に最適であることを保証します。「当社は新しい数値を計算して、今日の午後にはメールで送ります」と彼女に言います。

競争相手はその日の遅い時間に彼女と会うことになっているのを聞いているので、誰かがこの取り引きをまとめてしまう前に、アナリストの 1 人に改訂されたレポートを作成するよう納得させられるだろうということに望みをかけます。

モバイルによる変化

あなたのチームは見込み客向けにインタラクティブなダッシュボードを作成し、あなたはそれを自分の iPad に入れました。これにはエグゼクティブ サマリー レベルの目に訴えるマップ、予測、そしてグラフが含まれており、1 タップでデータの最も細かいレベルまでドリル ダウンする機能があります。ダッシュボードにはブランド、地域、年、および部門で絞り込むためのフィルターがあります。

あなたは会議室に入って、重役に自分の名刺と iPad を渡します。

「当社では、過去にクライアントのために行ってきたことと、貴社のために行えることを示すダッシュボードを作成しました」と伝えます。

「これらの見積もりは有望に思えます」と彼女は言います。「しかし当社では、これらのブランドのうちの 2 つをこの年末に廃止します。それらを除外して、どのような結果になるかを見ることができますか」。

あなたはうなずきます。彼女はそれから 1 時間 iPad に没頭し、自分自身で質問して、その回答を得ます。

「これは本当にすばらしいですね」と彼女は言います。「本当にエキサイティングです」。

彼女は腕時計を 1 回も見ませんでした。

業務を行う方法の変化

あなたは、最近の景気後退のために打撃を受けた、小売店チェーンの地域マネージャーです。ジェネラル マネージャーから、はっきりした口調で、あなたがこの四半期に数値を改善できないなら、それができる別な人物を探すつもりだと言われました。自社の価格が自分の地域では競争力がないこと、また会社全体での統計から、担当地域の流通センターの運営には特に高いコストがかかっていることが示されていることを知っています。ベンダーからの配送はしばしば遅れ、緊急注文と残業手当は日常茶飯事です。各店ごとのマネージャーのうち最も有能な幾人かは、毎日フラストレーションに直面するよりも、新しい仕事に就くことを選びました。流通センターの問題は何とかしなければなりません。

従来の方法

あなたは数日を費やして、流通センターの数百ページもの記録を確認します。特定のカテゴリーとベンダーでの遅延について疑問が生じたので、ボルチモアにいる会社のビジネス インテリジェンス チームにリクエストを送ります。リクエストは待ち行列に入れられます。

その間、あなたは流通センターに向かい、そのマネージャーと対面します。彼は状況を改善しようと強く願っていますが、彼もあなたのと同じ古いデータを扱っています。

「これほど多くの緊急注文がなかったらと思うのですが」と彼は言います。「しかし、在庫レポートは 1 日 1 回、朝に届けられるだけです。ある店舗が何かの商品を私たちの予想よりも速く売ったとしても、それが分かるのは早くとも翌日です。それで緊急注文が発生するのです。その後で、別の店舗に余分な在庫があるのが分かりますが、注文を送る時点ではそのことは分からないのです」。

彼は 2 階にある自分のオフィスから流通センターを調べています。「いつ緊急注文が発生するかは全く分からないので、すべての担当者をここに留めておかなくてはなりません。彼らは気にしていません。残業手当が出るからです。彼らにとっては、時間がかかるならそれはそれでよいのです。分かりますか」。

あなたはうなずき、メモを取ります。マネージャーは階段を降りて、フロアでの問題解決の手助けをし、あなたは iPad でメールのチェックをします。ビジネス インテリジェンス チームはあなたのリクエストに応えてきました。彼らは来週末までにはレポートを改訂し、あなたの元に送れると考えています。

あなたは握り拳を開いて、さらに多くのネットワーク イベントを開始すべきか考えます。

さらに詳細を知りたい方は、 ホワイトペーパーをダウンロードしてください。

続きを読む...

こちらもご覧ください