高等教育分析: 明るい未来のためのインサイト


私たちの大学ではこれまでにさまざまなシステムを試してきましたが、Tableau はその中でも群を抜いて素晴らしいツールです。 作業時間の 90% をデータに使うことができ (ツールの操作に必要な時間はわずか 10%)、 優れた ROI (投資収益率) を実現できました。

高等教育の分野では、データドリブンな傾向がますます強まっています。 高等教育機関が現状を理解し、将来に備えるためには、組織と人口の推移を総合的に見ることができるドリルダウン機能のついたビューを使って適切な意思決定を行う必要があります。

このビデオでは次のお二方にお話を伺っています。

  • デポール大学、入学指針・計画担当副学長、Jon Boeckenstedt 氏
  • カーネギーメロン大学テッパースクールオブビジネス、財務部長、Ted Curran 氏

「私たちが最も必要としているのは、授業プログラム、管理プログラム、研究センターの状況を簡単に把握でき、現状と計画にズレが生じている場合はそれを確認できるツールです」と Curran 氏は指摘します。

「Tableau で気に入っている点は、チャートを1つ画面に表示するだけで、見た人に話のポイントを 理解してもらえるところです」と Boeckenstedt 氏は述べています。

高等教育分析で Tableau を活用する方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

こちらもご覧ください