Tableau を使用して診療の質と患者さんの健康を向上し、医療コストを削減した Front Health 社


50 万人以上の患者さんに対する公衆衛生イニシアチブをサポート
社内運用費を年間 100 万ドル以上節約
クライアントのメンバー 1 人あたりの月間支出トレンドを 3 パーセント減少

オハイオ州を拠点とする医療システムのコンソーシアム Midwest Health Collaborative (MHC) が始めた Front Health 社は、データに基づいた医療改革機能を提供することにより、医療提供者および保険者の両方に価値に基づく医療を提供する支援をしています。Front Health 社は、総医療費を削減し、患者さんの健康を改善するのに役立つ分析の作成と共有を目標に掲げています。これまで、Tableau による自動オンデマンド分析は、45 の病院、1,900 の医療施設、17,000 の専門医、および 50 万人を超える患者さんの医療システムで医療の質とコストを管理するのに役立ってきました。

Front Health 社は、財務データと臨床データから医療システムに有用なアドホック分析を提供することから始めました。業務をスケーリングし、より多くのユーザーにより多くのインサイトを提供するために、Front Health 社では埋め込み分析プラットフォームとして Tableau を採用しました。また、臨床の専門知識とデータに基づいたインサイトを組み合わせることにより、医療システムに提供する価値を最大限まで引き上げることに成功しました。包括的なリソーススイートの開発にユーザー主導の設計を適用することで、Front Health 社は価値に基づく医療インサイトをワンストップで提供しています。これは、さまざまな利害関係者の役に立っています。

収益を最大化する戦略を作成する臨床担当者および財務担当者から、その戦略を患者さんとのやり取りを通じて実際に実行する医師やケアマネージャーまで、ユーザーはプロバイダーのすべてのロールを網羅しています。Tableau は、手動の作業を自動化し、リソースの帯域幅を拡大することにより、Front Health 社の年間運用コストを百万ドル以上節約するのに役立ちました。Front Health 社は Tableau を使用することで、多くの公衆衛生イニシアチブでプロバイダーの関与を深めています。プロバイダーは、データに基づいたインサイトによって契約のパフォーマンスを向上させ、メンバー 1 人あたりの月間支出トレンドを減少させ、医療の質と主要な契約メトリクスを改善する決定を下すことができるようになりました。

また、Front Health 社は、ユーザー中心だった設計プロセスをコンサルタントや一般向けの業務へと拡張し、Tableau Public を通じてダッシュボードを紹介しています。

Front Health のダッシュボード「2000 – 2017 年の米国の医療費支出額の真の成長」からの抜粋。

ユーザー主導の設計により分析の導入規模を拡大

以前は、Front Health コンサルタントは手動で臨床情報と請求情報にアクセスし、Excel でデータの準備と分析を実行し、PowerPoint で医療システムに結果を提供していました。Front Health の分析担当クリエイティブディレクター Joshua Smith 氏は「この配信方法は、ユーザーにとっても Front Health にとっても効率性のあるものとは言えませんでした」と話しています。

Front Health 社は、ユーザーおよびユーザーの意思決定の理解、アイデアと開発の結合という二つの哲学をもとに、ユーザー主導のアプローチを採用し、いくつかの分析製品を作成してきました。分析チームは、最終製品をユーザーの既存のワークフローの一部とし、データとインサイトを組み合わせた直感的なインターフェイスを提供することにより、より簡単にインサイトに基づいて行動できるようにしようと試みていました。Smith 氏とチームは、このようなステップを踏むことにより、ユーザーの目標や障害、アクションスペース (目標を達成するために実行可能なアクションの範囲) を理解し、ダッシュボードデザインのプロセスにユーザーを関与させました。これには、以下が含まれます。

  • 社会調査を実施し、LinkedIn のプロファイルや求人情報、履歴書から、医療システムが必要とする人材を理解する。
  • 以前のレポートに含まれている一般的な統計とビジュアライゼーションを調査する。
  • ユーザーのペルソナについてのライブラリを作成した時点で面接を実施する。
  • 意思決定の際にプロバイダーが情報をどのように使用したかを確認するための意思決定マップを作成する。
  • ダッシュボードデザインを完了させる前にワイヤーフレームホワイトボードセッションにユーザーを招待し、フィードバックを収集する。

Smith 氏は「ユーザーのビジネスや問題点について理解することは、私たちにとって非常に有益なことであり、同様に彼らも、私たちから学び各ビジュアルのトレードオフが何かを知ることができます」と話します。1 つの設計セッションでは、関係者がマーカーを片手にセッションに参加し、自らワイヤーフレームを作成したこともあります。このレベルでのエンゲージメントは「設計者としての驚きの瞬間」です。Tableau の柔軟性により、ユーザーが臨床医であっても経験豊富なアナリストであっても、さまざまなデータソースから情報を取得し医療システムの異なるニーズへの対応が可能になり、これによって直感的なフレームワークを備えた合理化されたデータ分析製品が生まれました。

Tableau の導入は私たちに素晴らしいものをもたらしてくれました。ある女性ユーザーは、ダッシュボードにアクセスした際喜びのあまり踊りだしました。私たちは、彼女のニーズに合った言葉やアイデア、イラストを Tableau に入力するサポートをしました

医療システムのパフォーマンスを評価する自動ダッシュボードにより年間約 100 万ドルの節約を実現

Front Health 社は、Tableau によって取得したレポートを使用して、クライアントに重要な決定を下す際に必要となる主要な臨床データと請求データを提供しています。Tableau ダッシュボードでは、医療の総コスト、品質とリスクの調整、医療管理といった 3 つの重要な領域が分析・反映されます。これらのダッシュボードの説明と、それぞれが解決する使用例を以下に説明します。

  • パフォーマンス向上 — 経営幹部は、メンバー 1 人あたりの 1 か月の支出とトレンドの要因となるものを確認することで、商機をすばやく見つけ、支出の多い領域への介入を戦略化することができます。
  • 品質とリスクの調整 — 財務担当者および臨床担当者は、さまざまな契約のパフォーマンスと品質のメトリクスを確認することにより、質の高い医療の提供と、対象を絞った患者さんへの働きかけができるようになります。
  • 医療管理 — 経営幹部は、予測分析と医療管理パフォーマンスデータの組み合わせによる統計モデリングにより、医療プログラムをより多くの患者さんに向けて展開するかどうかをより良く判断できます。ケアマネージャーは業務の効率をよりよく評価でき、情報を患者さんの管理に活かすことができます。

Front Health 社は近く、医師、薬局、慢性的疾患のスコアカード、パフォーマンスのベンチマーク、社会的決定要因の介入へとダッシュボードを拡大させる予定です。これは、臨床パフォーマンスおよびシステムパフォーマンスの改善につながり、クライアントにより価値の高いものを提供できるようになり、医療提供者とその患者さんへの低額かつ良質な医療の提供を支援します。

Tableau は、エンドユーザーのニーズに合った最適な製品を提供するという私たちの目標を満たす柔軟性を持つ唯一のプラットフォームでした

Tableau 埋め込み分析により臨床医のパフォーマンスを向上

ユーザーが通常業務のワークフローから離れ、手動で、かつ一人で完了させなくてはいけないレポートとダッシュボードは、経営幹部やプロバイダーにとって頭の痛い問題です。これによって戦略的・戦術的な決定に集中する時間を割かれるだけでなく、データ分析製品がどのように機能するかについてエネルギーと時間を使って考える必要があります。

Front Health 社が管理し、包括的なコンサルティングサービスとともにクライアントに提供される Tableau 搭載のダッシュボードはすべて、収集した意思決定マップと整合するアーキテクチャで編成されています。これにより、ユーザーはニーズに合わせたワークフローに直感的に従うことができます。このフレームワークは、戦略的軸と戦術的軸、および臨床的軸と財政的軸に沿ってマッピングされており、それぞれのダッシュボードには独自のスポットと目的があります。これは更新されたダッシュボードと新しいダッシュボードが全体的なフレームワークに収まることを保証するもので、よって急いで開発された大量の分析が一度にユーザーに配信されることはありません。さらに、合理化されたワークフローをユーザーに提供し、これはアクセス権のマップとして機能します。

ダッシュボードをエンドユーザーワークフロー内の戦略的および戦術的意思決定にマッピングするサポートとなる Front Health のソリューションアーキテクチャ。

Smith 氏は「それぞれのダッシュボードで、『ヘンゼルとグレーテル』で森を歩く二人が落としたパンくずのように、辿ってきた経緯が提供されます。これらすべてが、最終的な質問と回答にたどり着くためのステップとなり、機会へと導いてくれるのです」と話しています。また、Front Health 社は、Tableau の自動分析が 50 万人を超える患者さんに対する公衆衛生イニシアチブをサポートすることで生み出した影響を認識しています。

ダッシュボードの開発におけるコラボレーションとユーザーエクスペリエンスの向上により、Front Health 社のクライアントとのより深い関わりが生まれました。これは、ユーザーからの肯定的なフィードバックを見ても明らかです。ある組織は、医療システムの無駄とその原因を明らかにし、さらに証拠となるデータに基づきそれらの無駄を取り除く方法を分析することができて感動している、というフィードバックを寄せています。

Front Health の分析ロードマップと運用効率に Tableau が影響

この組織では、医療コストを削減し、患者さんの健康を改善するために Front Health 分析プラットフォームを利用することで Tableau の価値を認識し、現在、内部および外部で他の主要領域にも分析を適用しています。さらに Tableau Prep を使用することによって組織の効率を大幅に向上させています。以前は、データエンジニアが複雑なデータ管理をこなしており、あまりにも多くの作業が必要とされていました。今では、分析を実行する誰もがほとんどのデータ準備作業を自分で行うことができるため、データエンジニアは戦略的な作業を行う必要がなくなり、アナリストはより革新的な分析を実行することができるようになりました。

Front Health 社はまた、クライアントが Tableau の価値を最大化できるように支援する設計戦略プロセスとフレームワークによって、コンサルタント業においても結果を出しています。Front Health 社は、クライアントの IT 戦略とビジネス戦略を組み合わせることによって、簡単に理解できるユーザーフレンドリーな分析を実現させており、ユーザー中心かつ創造性の高い道筋を作り出しています。

Front Health 社のダッシュボード「米国オハイオ州の地域別健康リスク (2017 年)」からの抜粋。

同社の作業の一部は、Tableau Public のダッシュボードコレクションから見ることができます。Front Health 社は、この Tableau Public ポートフォリオを通じて高い評価と信頼性を獲得し、さらに「地域別健康リスク」は今日の Viz に選ばれました。Front Health 社は世界に影響を与えるトピックに焦点を当てており、この Viz には機械学習、予測分析、データソースといった幅広い分析が使用されています。加えて、シンプルなデザインを使用することにより、健康に関する社会的決定要因の複雑なデータを簡単に理解できるようにしています。