チームのニーズに合わせた分析環境

現在、業務の向上を図るために、データ利用がこれまで以上に必要とされています。しかし、データとの関わり方は人によって異なることがあります。そのため Tableau は、人によって異なるデータのニーズに合わせて、異なる役割を定義しました。それらの役割を適用することで、異なるデータの利用方法を可能にしながら、チームでデータを安全に共有できるようになります。

組織では、データを使う目的は人によってさまざまです。ビジネスを前進させチームの目標を達成するために、データを使って答えを導き出す人もいれば、他の社員に送付するスプレッドシートやレポートの作成に利用する人もいます。また、「東部の地域で売上が上がっているとわかったのは良いが、上昇の要因は何だろう? 東部の成功の要因を他の地域でも再現するにはどうすれば良いだろうか?」というような、より深い質問の答えをデータから見出そうとする人もいるでしょう。さらに、使っているアプリケーションから生データを引き出して表面に現れない事実を探る人や、重要な KPI の簡単なスナップショットを取得して、チームミーティングの資料や顧客へのプレゼンテーションに使う人もいます。そこで Tableau の新しいライセンスプログラムは、組織の中で異なるニーズを持つ人に合わせてデータ利用を提供できるように設計されました。

Tableau は Creator、Explorer、Viewer という 3 つのライセンスプログラムで、あらゆるユーザーのさまざまなニーズに応え業務の向上を支援します。

Explorer

Creator

Creator (クリエイター) は、組織の中でデータソースに接続し、自身や他のユーザーが利用できるものをデータから作成する人を指します。組織で現在、レポートを作成し、メールや共有ドライブで配布している人がおそらくこれに当たります。アドホック分析を行って、より深い質問の答えをデータから引き出している、データのパワーユーザーです。

Tableau を使い、Creator は生データから意味や目的を引き出します。乱雑なデータもクリーニングして、分析できる状態にし準備します。苦労せずスピーディーに複雑な分析を行い、求めている結果を出します。また、Creator は作成したビジュアライゼーションやデータソースを組織に対してパブリッシュするので、それらを利用する他のユーザーもかつてないほど業務の向上を図ることができます。このようなチームメンバーには、革新的なインサイトを見出す潜在能力を引き出せるようにする、強力な分析プラットフォームが必要です。

その言葉が示す通り、チームの他のメンバーが Tableau プラットフォームで利用するコンテンツやデータビジュアライゼーション、データソースの大半を、Creator が作成します。

Explorer

Explorer

Explorer (エクスプローラー / 探求者) は、現代のビジネスユーザーであり、変化を実際に引き起こす人々を指します。職名に「アナリスト」が入っていなかったとしても、データの扱いには慣れています。ビジネスを前進させることを目指しており、データを詳しく調べて自身の質問の答えを見出すニーズを持っています。その答えは多くの場合、あらかじめ用意されたレポートの中には見つかりません。

現在の組織ではおそらく、Explorer は他者からレポートを受け取り、それを自らのニーズに合わせて別のデータポイントと組み合わせているでしょう。ピボットテーブルや VLOOKUP 関数はとても使い慣れており、データに関する自分の質問には自分で答えを出そうとします。

Tableau で、Explorer はパブリッシュされたデータソースを使って自分で新しいワークブックを作成することも、作成済みのワークブックやダッシュボードを出発点として分析を行うこともできます。そしてそのすべてを、ブラウザでもモバイルデバイスでも行うことが可能です。それだけではありません。当初のレポート作成時には答えが明らかになっていなかった可能性がある、さらに深い質問を投げかけて答えを導き出します。これまでとはまったく違う形で、チームはデータを探索し、分析フローを維持することができます。

Explorer

Viewer

Viewer (ビューアー / 閲覧者) は、データを情報源にして、自分の意思決定の質を向上させる人々を指します。日常業務の多くでデータを必要とするチームメンバー、重要なプロジェクトでチームの進捗を確かめるピープルマネージャー、さらには会社の健全性に関する巨視的な指標が必要な CEO まで、誰でもなり得るのが Viewer です。

Tableau Viewer ライセンスプログラムを使用すれば、組織のあらゆる所で分析環境を活用できるようになります。Viewer は Tableau プラットフォームを利用して自分の直感を事実で裏付けし、Creator や Explorer が作成したダッシュボードに基づいてデータドリブンな意思決定を行えるようになります。また、ダッシュボードやデータビジュアライゼーションを操作して意思決定の材料に使い、ビジネスに関するあらゆるディスカッションをデータに基づいて行うことができます。社内全体で Tableau のダッシュボードとワークブックを利用することによって、データの整合性が維持され、チームのデータの利用法も標準化されます。

選定の際は、

Tableau の営業担当者がお客様にとって適切な組み合わせをご提案します。

営業部門に問い合わせる


その他の検討すべき要素

チームのニーズの評価に役立つ検討事項は他にもあります

組み合わせの決定には、現時点でチームがデータや分析ツールとどのように利用しているかを考えてみることが役立ちます。以下の質問に答えてみてください。

ご質問は、Tableau がお答えします。

さらにご不明な点がある場合は、知識豊富な営業スタッフが貴社チームに最適な組み合わせを選択できるようお手伝いします。

営業部門に問い合わせる