2015 年のビッグデータにおける7大トレンド


概要: 

データを扱うあらゆる業種で、イノベーションの波はとどまるところを知りません。 Tableau は常に革新的な技術に関心を持ち続け、その技術によって顧客にどんな価値を提供できるのかを考えています。 1年に一度、Tableau はデータの世界における大きな変化を客観的に評価しています。 2015 年に予測される大きなトレンドは、以下のとおりです。

  1. ビッグデータはクラウドへ
  2. ETL がパーソナル化
  3. SQL か NoSQL か、それが問題だ
  4. Hadoop: データストレージの新たな標準の一部に
  5. データレイクで魚つり
  6. ビッグデータのエコシステムが姿を変える
  7. IOT (モノのインターネット)が成長を続け、新しい データソリューションを促進

本ページではホワイトペーパーの一部をお読みいただけます。全ページをお読みいただくには、右にあるボタンで PDF をダウンロードしてください。


1. ビッグデータはクラウドへ

クラウドは至るところに進出しました。クラウドの導入は、驚異的なボリュームで続いていくでしょう。そして、ビッグデータが多くのクラウドの成長を後押ししています。Technology Business Research によると、パブリッククラウドプロバイダー上位 50 社の売上高は 2013 年第4四半期に 47% という急成長を示し、62 億ドルに達しました。 Amazon Redshift と Google BigQuery は大幅に成長しています。Teradata などのデータベース企業も、クラウドに参入しています。

詳細な情報: Amazon Redshift によるビッグデータ分析を探る

2. ETL がパーソナル化

アナリストの時間は、その 80% がデータの準備に費やされており、本質的な情報の解明に使われる時間は 20% に過ぎないと言われています。 そこで登場するのが、アナリストを対象にしたパーソナルデータクレンジングツールです。 Trifacta、Alteryx、Paxata、Informatica Rev といったツールが、サポートに必要なテクノロジーとインフラストラクチャを少なくすることによって、データの準備を簡単にしつつあります。

スタンフォード: Wrangler: データ変換スクリプトのインタラクティブなビジュアル仕様

3. SQL か NoSQL か、それが問題だ

まだ結論は出ていないと考える人もいるかもしれませんが、NoSQL は着実に業界に浸透しています。 NoSQL は、大量のデータセットを高速で活用するための拡張性、柔軟性、可用性を実現するために開発されました。 MarkLogic、Casandra、Couchbase、MongoDB といった企業が、SQL データベース市場に新しいイノベーションをもたらし、予想外の場所で大規模な本番実装に成果をあげています。

2人のエキスパートによる討論を読む: ビッグデータでの利用に適しているのは、SQL か NoSQL か

さらに詳しく読みたい方は、ホワイトペーパーをダウンロードしてください。

続きを読む...

こちらもご覧ください