行政機関におけるパフォーマンス管理の改善


概要: 

行政機関では財政緊縮が常体となり、行政機関に対して説明責任を求める声は強くなる一方です。こうした中で、パフォーマンス管理評価の新しい傾向は、行政機関が破たんすることなく発展し、効率を改善する機会をもたらします。

パフォーマンススコアカードは、データをビジュアル化するダッシュボードとして利用できるようになり、行政機関のリーダーが重要な決定を下し、目標を達成し、公共団体や一般市民と連携する方法を変革しています。

このホワイトペーパーでは、所属する機関でパフォーマンス管理を改善する方法について説明します。

  • 組織全体でセルフサービスのダッシュボードを使用できるようにする
  • 目標と直接関連付けられている測定可能なスコアカード指標を選択する
  • 適切な時期のデータにアクセスし、それを活用する
  • 真の連携のために組織内部および外部の人々とビジュアル化されたデータを共有する

最初の数ページをプレビューとしてお読みいただけます。 全ページをお読みいただくには、右にあるボタンで PDF をダウンロードしてください。


あらゆるレベルの行政機関のリーダーが、パフォーマンスと業務効率の改善の必要性が急速に高まっていることを認識しています。 政府業績成果現代化法 (GPRA) とデジタル説明責任と透明性確保法 (DATA) によって新たな規制が課せられたことにより、行政機関や公共団体はよりスマートなインフラストラクチャを構築するために奔走しています。

業務効率の大幅な改善は、これまで以上に強く求められている課題です。

今日の回復期の経済状況においては、行政機関や公共団体のリーダーは、限られた予算と人員でより多くのことを達成する必要に迫られています。

このような中で、意思決定者は、目標に対するプログラムの成果やコストをどのように評価しているのでしょうか? 組織は、タイムリーな情報を活用できるように、プログラムを規律良く監視する方法をどのように構築しているのでしょうか? ますます複雑化するテクノロジー環境の中で、こうした情報は有権者や市民にどのように伝達されているのでしょうか?

他の組織と同様、行政機関でも、これまでは企業用アプリケーションで作成される静的なレポートを使ってデータにアクセスしていました。しかし、こうしたアプリケーションは動作が遅く複雑で、柔軟性がなく、IT 部門による管理が必要でした。 その結果、多くのナレッジワーカーが、スプレッドシートを主要な分析ツールとして使用してきました。 問題は、リーダーも意思決定者も、現場の作業者も、スプレッドシートからは意味のある実用的な情報をタイムリーに読み取ることができないという点です。

データに基づいた意思決定も、施策の実施に間に合うように必要な情報を理解し共有できなければ役に立ちません。 インターネットやソーシャルメディアとともに育ってきた現代の職員は、 IT 部門が新しいレポートを作成するまで何か月も待つなどということはしたがりません。 また、重要な問題への答えを導くために大量の書類を持ち歩いたり、数多くの表に目を通すことも好みません。 今こそ、行政機関のパフォーマンス管理に新しいアプローチが求められているのです。

このホワイトペーパーでは、国、都道府県、および市区レベルの行政機関で、データの情報を実際に活用するまでにかかる時間を 10 分の 1、100 分の 1 にまで短縮する方法をご紹介します。

さらに詳細を知りたい方は、 ホワイトペーパーをダウンロードしてください。

続きを読む...

こちらもご覧ください