最新の Tableau がリリースされました。Tableau 2018.2 には、さまざまな素晴らしい機能が搭載されています。ダッシュボードの拡張機能によって、ワークフローに合うように Tableau の操作性をパーソナライズする、Tableau サービスマネージャーによって、ブラウザから簡単に Tableau Server を管理する、空間データの結合によって、地理空間データに基づいてデータソースを結合する、さらには、新しいダッシュボード書式設定ツールを使用して、ダッシュボードをより美しくすることなどが可能になりました。

ここでは、Tableau 2018.2 の注目の新機能の一部についてより詳しくご紹介します。

ダッシュボードの拡張機能による、Tableau と他のアプリケーションの統合

ダッシュボードの拡張機能はダッシュボード領域から利用でき、Tableau 上で直接新しい機能の導入や関連アプリケーションとの統合を行えるようにします。拡張機能により、カスタムビジュアライゼーション、データドリブンなパラメーター、データベースへの書き戻しなどといった新しい機能を導入することができます。また、Tableau と他の業務アプリケーションの統合も可能であることから、1 つの場所から必要な分析ツールにアクセスできるようになります。例えば、在庫管理システムのフィールドをダッシュボードに直接取り込むことができます。販売する新製品に対する需要が高まっていることが分析で示されれば、次の四半期に必要なその製品の在庫量を増やすことができます。これらすべてを、ワークフローを離れることなく処理できます。

開発者やパートナーは、拡張 API を使用して、新しい機能の作成や統合を行うことができ、考えられる用途は無限にあります。ユーザーは誰でも作成した拡張機能を Tableau Desktop または Web 作成のダッシュボードに追加でき、組織内の誰もが拡張機能が含まれているダッシュボードを操作することができます。また、ダッシュボードの拡張機能は Tableau Server または Tableau Online にパブリッシュされるため、サイト管理者は拡張機能ごとに実行を許可するかどうかを完全に管理できます。詳細については、Tableau のダッシュボードの拡張機能ブログをご覧ください。

拡張機能は簡単にダッシュボードに追加できます。「オブジェクト」ペインからダッシュボードにドラッグするだけで完了します。その後、ユーザー自身または組織内の他のユーザーによって作成され、ローカルファイルとしてダウンロードされている拡張機能を選択します。

また、Tableau の新しい拡張機能ギャラリーからテクノロジーパートナーが作成した拡張機能をダウンロードすることもできます。拡張機能ギャラリーには、自然言語生成機能や Viz で使用されている各フィールドのメタデータ (ソース、適用されている計算など) を確認する機能など、数多くの拡張機能が用意されています。

Tableau サービスマネージャーによる Web での Server 管理

Tableau サービスマネージャー (TSM) は、Windows および Linux の両プラットフォームで Tableau Server をインストールし、構成するための新しい管理者用ツールです。TSM では、新しい Web UI、コマンドラインインターフェイス (CLI)、Tableau サービスマネージャー API の 3 つの方法で Tableau Server の導入を管理できます。管理者はサーバーをリモートからブラウザで認証、構成、管理できます。リモートデスクトップや SSH を使用してマシンにアクセスする必要はありません。TSM CLI を使用することで、これまで tabadmin で実行していたコマンドを含む、管理タスクと構成を自動化することができます。tabadmin から TSM CLI への移行の詳細については、Tableau のヘルプ記事を参照してください。

Tableau 管理者にとって、TSM を使用することは、動的なトポロジ変更がサポートされ、アップグレードに伴うダウンタイムが短縮されることを意味します。また、専用のバックアッププライマリマシンの必要性もなくなります。詳細については、Tableau の TSM ブログをご覧ください。

ユーザーからのリクエストに応じた分析および書式設定の機能

Tableau の最もインパクトのある機能のリクエストの多くは、Tableau コミュニティのメンバーから直接寄せられたものです。Tableau 2018.2 も例外ではありません。このリリースには、Tableau コミュニティの Ideas (アイデア) フォーラムに寄せられたリクエストに基づいた複数の分析機能と書式設定オプションが含まれています。

空間データの結合: こうした機能の 1 つに空間データの結合があります。この機能により、位置情報が唯一の共通した属性であるシナリオでのデータを結合できるようになります。例えば、店舗からの配送の注文数が最も多い地区を特定しようとしているとします。このデータには、特定のポイント (配送注文) とポリゴン (地区の境界線) が含まれます。空間データの結合により、地区に基づいてデータセットを結合して、各地区からの注文数を把握することができるため、配送の計画に必要な情報を得られます。

ダッシュボードの書式設定: 新しいグリッド書式設定機能を使うと、ダッシュボード領域をより細かに設定できます。この中には、ダッシュボードの下にグリッド線を表示することで、データ要素を好きなところに正確に配置できるようにする機能があります。キーボードの矢印キーを使用して、ピクセル単位で浮動領域を移動できます。さらに、透明性のあるフィルター、ハイライター、パラメーターを活用して、ダッシュボード全体で色を統一することができます。

モバイルレイアウトの自動作成: デバイスデザイナーにより、モバイルのベストプラクティスに基づいた、スマートフォンやタブレット向けのモバイル版ダッシュボードを自動的に作成できるようになりました。作成されたレイアウトをそのまま使うことも、さらにカスタマイズしてお好みのモバイルダッシュボードを作成することもできます。

改良された分析機能: さらに、ISO-8601 の日付部分を計算に使用することも、負の対数スケールを使用して同一スケール上で大きさが非常に異なる値を示すこともできるようになりました。

Tableau コミュニティの皆様に深く感謝申し上げます!

コミュニティの Ideas (アイデア) フォーラムで、ユーザーからのフィードバックに基づいて導入された機能をすべてご覧ください。開発チームがお客様の声に耳を傾けておりますので、今後もどうぞアイデアをお寄せください。お客様あっての Tableau です。

Tableau 2018.2 のベータ版テストにご協力いただいた 16,000 名のテスターの方に心から感謝申し上げます。皆様のお時間とご尽力をいただき、これまでで最高のレベルと言えるリリースを実現させることができました。最新版の Tableau を入手いただき、今後のベータプログラムにご協力いただける方は、どうぞご登録ください

こちらもご覧ください

ブログの更新情報を受け取る