データに基づく優れたストーリーテリングのための5つのベストプラクティス - 優秀なアナリストになるための秘訣


概要: 

データに基づくストーリーは、事実に命を吹き込みます。ストーリーは、雑多な事実の集まりに意味を持たせ、秩序を与えます。キーポイントが覚えやすくなり、将来の展望も生き生きと描写できるようになります。情報の受け手がストーリーに自分を重ね、その状況に共感できるようになるため、インタラクティブ性が生まれます。

単純な手法で、聞き手の注意を引き、最後まで聞きたいと思わせるストーリーテリングを行うことができます。データに基づくプレゼンや報告書を、より興味深く、ダイナミックで効果的なものにする方法をご紹介します。また、データに隠された本質から、効果的なストーリーをすばやく簡単に組み立てる方法もご紹介します。

データに基づくストーリーテリングをプレゼンに取り入れる方法:

  1. 分析結果をストーリーとしてとらえる - 物語の構成を考える
  2. オリジナリティを大切に - 自分で見つけたストーリーはスムーズに展開する
  3. ビジュアル重視 - 映画の編集をするつもりで
  4. 聞き手にも自分にも分かりやすく
  5. ディスカッションを歓迎し、その進行役を務める

データに基づくストーリーテリングを取り入れることを恐れてはいけません。事実に基づき、細部やデータを重視する姿勢は、現代のデータ主義社会では欠かせませんが、必ずしも退屈で長いプレゼンをする必要はありません。事実、データから本物のストーリーを見つけ出し、先に述べたようなベストプラクティスに従えば、聞き手はあなたのメッセージに、さらには重要なポイントに、集中できるようになります。

続きを読む...

こちらもご覧ください