Marchex 社と Tableau: 「より良い意思決定を行えます」



シアトルに拠点を置く Marchex 社は、実施したモバイル広告の成果を理解して改善できるように、クライアントを支援しています。毎年約 5 億本の電話から得たデータを分析している同社は、生産性を促進し、社内全体で「データのやり取り」を改善する手段として、Tableau を選びました。

Marchex 社は、モバイル広告からのインバウンドコールを評価してビジュアル化した結果をマーケターに提供する、モバイル広告テクノロジーの上場企業です。同社ではモバイル分析プラットフォームや、ペイパーコール方式のモバイル広告ネットワークなどで、選択肢と成果を改善しようとデータに注目しています。

Tableau のスタッフは Marchex 社のシアトル本社を訪れて、時間の節約とコミュニケーションの改善、そしてデータを以前より明確に理解するために Tableau を使っている理由について、エグゼクティブの方々にお話を伺いました。


CEO、Pete Christothoulou 氏: 私たちは毎年、当社のネットワークで受信する約 5 億本の電話を処理しています。つまり、消費者からの大量の電話を調べているということです。

これは、膨大な量の異なるデータポイントが手元にあることを意味します。ですから、Tableau を導入してその成果によるメリットがはっきりしたとき、皆がとても喜びました。Tableau のおかげで生産性をどれほど改善できるのかがわかったのですから。

営業担当者は、本当とは思えないようなうまい話をしてくることがよくあります。ただしあのときだけは、予想より良い結果を本当に得られたのです。

マーケティング・消費者インサイト担当シニアバイスプレジデント、John Busby 氏: 本当のことを言うと、私は初め疑っていました。私の考えを変えたのは、グループ間で共同作業できる Tableau の能力です。あるチームが見つけたことを理解し、その解釈の仕方を他のユーザーに教えれば、人から人へと広がっていきます。

私のアナリストグループについて言えば、期待していた以上の成果を Tableau から確実に得ています。Tableau がなかったら、もっと時間を費やしてその場しのぎでデータセットを組み合わせていたと思います。そして社内にそれを配布・配信することはできなかったでしょう。

Tableau のおかげで、私のチームは簡単に情報を収集し、分析に最適なものを決定して、そのデータを実際に分析できるようになりました。そうして、私のチームのパフォーマンスが実際に大きく改善されたのです。

Christothoulou 氏: データは実際に見えるようになりました。データが見え、より良い意思決定を行えるようになっています。そのような優れた意思決定は通常、クライアントのパフォーマンス改善につながります。

データは実際に見えるようになりました。今ではデータが見え、より良い意思決定を行えるようになっています。そのような優れた意思決定は通常、クライアントのパフォーマンス改善につながります。

こちらもご覧ください