組織はデータ管理への参加を拡大して、データドリブンな意思決定を大規模にサポート

データの現状について考えたことはありますか?どこに保存されているのか、誰が使用しているのか、どれくらいの頻度で使用されているのかをご存知ですか? 組織内の従業員は、意思決定に使用するのに適切なデータと、そのデータへのアクセス方法を把握していますか?

データドリブンなリーダーは、分散されたデータパイプラインを統合する新しいソリューションで組織を差別化しています。データテクノロジー内ですでに起こっている進化とともに、企業全体でデータの準備、整理、共有を行う方法において、役割とプロセスは変化しています。IT は『ゴーストバスターズ』の作品に倣うことも必要です。奨励されてはいませんが、危険を冒すことで、最も恐ろしい最大の問題を解決できる場合があります。この場合、組織はデータ管理に関する IT と企業の責任の境界を明確にしないことで、部署の境界に制限されなくなり、大規模な企業規模のデータ統合が可能になり、組織全体の従業員が適切なデータを適切なタイミングで活用できるようになります。

このようなデータ統合の課題を解決することは、社内および社外のコンプライアンスを維持するとともに、組織が企業の全体像を把握して、顧客への理解を深め、新たなビジネスチャンスを特定する上で必要不可欠です。 多くの組織は、組織全体に最も利益をもたらすデータを特定、準備、管理して、幅広く利用できるように取り組んでいます。また、成功している分野では、データ管理の変化が起こっています。これは、テクノロジーから始まります。

ソリューションプロバイダーは、IT 部門を念頭に置くだけでなく、幅広いユーザーにデータ管理機能を導入するようになっています。また、ビジネスユーザーのワークフロー (分析プラットフォームを含む) に機能が組み込まれるにつれて、従業員は従来 IT 部門が負っていたデータ管理の責任において、より能動的な役割を担うようになります。これは、ビジネスインテリジェンスにおけるセルフサービスの進化において、自然な次のステップです。組織はデータアクセスの拡大から始めて、詳細な調査と新しいタイプのユーザーを通じて、分析コンテンツを作成できるようにしました。現在、一部のビジネスユーザーは、データ自体に関与することができます。IT 部門はこれらの各段階で、ビジネスユーザーが負担を軽減できるように、ガバナンスとセルフサービスのバランスを取る方法を習得しました。企業全体で導入を拡大するにつれて、このような危険を冒すことも、データと分析の管理にとって重要です。

セルフサービスのデータ準備は、この進化をよく表しています。分析ワークフローに統合される最新のツールを利用して、従来の抽出、変換、読み込みプロセスのさまざまな側面が、セルフサービスで実行できるようになりました。これにより、即時にデータを見つけられるだけでなく、組織全体に拡張される前に、新しい使用事例をテストするための出発点として機能させることができます。まさに、Win-Win の関係です。企業はデータ管理における管轄権を拡大できるため、(従来の) 長い開発ライフサイクルを短縮できます。また、IT 部門は、最も適任である、高度に専門化された業務を引き受けることができます。

このような進化の例は他にも、データカタログが挙げられます。これは、データソース、コンテンツ、ユーザー間の関係を追跡しながら、データを定義して認定する上で役立つ、データ資産のインベントリです。データを統合して管理するにあたって、説明責任が分散している組織では、社内のデータ資産の現状を把握できる主要なツールとして、カタログは重要な役割を果たします。カタログを用いることで、さらに簡単にデータを見つけて利用拡大して、その関連性と新しさを把握し、特定の資産を使用しているユーザーを監視できます。

最新のカタログでは、これらの貴重な情報を特定して、業務に必要な背景をユーザーの分析の流れに組み込んでいます。そのため、より多くのデータが統合され、組織内で幅広く利用できるようになると、従業員はデータの品質や、ポリシーガイドラインの範囲内で使用する方法を理解できるようになります。これは、データリテラシーが重要となる分野です。少なくとも、ユーザーはデータ指標を解釈して、信頼性の高い関連データを識別することを学習します。データユーザーが自分自身のデータスチュワードになることで、IT 部門の負担が軽減され、意思決定の際に、責任ある方法でデータを使用できるようになります。適切なスキルを持つ先進的なユーザーについては、セルフサービスのデータ準備に参加したり、組織が採用する新しいデータソースを認証したりできます。または、データ整理のプロセスで、業務に必要な背景をメタデータとして組み込むこともできます。

IT 部門と企業は、機能と責任の境界を明確にしないことで、新しい協力体制と調和を実現できるようになりました。IT 部門と企業は、データ環境の可視性、発見しやすさ、信頼性を高める取り組みを共同で行うことができるため、ビジネスユーザーと目的に配慮した独自のアプローチを導入することで、さらに広範なデータ管理の取り組みを成功させることができるでしょう。これはまた、組織が最も広範な価値を持つデータ資産を特定して、優先順位を付けられるほか、管理対象のデータと分析を大規模にサポートできることを意味します。

組織はデータ管理への参加を拡大して、データドリブンな意思決定を大規模にサポート

データの現状について考えたことはありますか?どこに保存されているのか、誰が使用しているのか、どれくらいの頻度で使用されているのかをご存知ですか? 組織内の従業員は、意思決定に使用するのに適切なデータと、そのデータへのアクセス方法を把握していますか?

データドリブンなリーダーは、分散されたデータパイプラインを統合する新しいソリューションで組織を差別化しています。データテクノロジー内ですでに起こっている進化とともに、企業全体でデータの準備、整理、共有を行う方法において、役割とプロセスは変化しています。IT は『ゴーストバスターズ』の作品に倣うことも必要です。奨励されてはいませんが、危険を冒すことで、最も恐ろしい最大の問題を解決できる場合があります。この場合、組織はデータ管理に関する IT と企業の責任の境界を明確にしないことで、部署の境界に制限されなくなり、大規模な企業規模のデータ統合が可能になり、組織全体の従業員が適切なデータを適切なタイミングで活用できるようになります。

このようなデータ統合の課題を解決することは、社内および社外のコンプライアンスを維持するとともに、組織が企業の全体像を把握して、顧客への理解を深め、新たなビジネスチャンスを特定する上で必要不可欠です。 多くの組織は、組織全体に最も利益をもたらすデータを特定、準備、管理して、幅広く利用できるように取り組んでいます。また、成功している分野では、データ管理の変化が起こっています。これは、テクノロジーから始まります。

ソリューションプロバイダーは、IT 部門を念頭に置くだけでなく、幅広いユーザーにデータ管理機能を導入するようになっています。また、ビジネスユーザーのワークフロー (分析プラットフォームを含む) に機能が組み込まれるにつれて、従業員は従来 IT 部門が負っていたデータ管理の責任において、より能動的な役割を担うようになります。これは、ビジネスインテリジェンスにおけるセルフサービスの進化において、自然な次のステップです。組織はデータアクセスの拡大から始めて、詳細な調査と新しいタイプのユーザーを通じて、分析コンテンツを作成できるようにしました。現在、一部のビジネスユーザーは、データ自体に関与することができます。IT 部門はこれらの各段階で、ビジネスユーザーが負担を軽減できるように、ガバナンスとセルフサービスのバランスを取る方法を習得しました。企業全体で導入を拡大するにつれて、このような危険を冒すことも、データと分析の管理にとって重要です。

セルフサービスのデータ準備は、この進化をよく表しています。分析ワークフローに統合される最新のツールを利用して、従来の抽出、変換、読み込みプロセスのさまざまな側面が、セルフサービスで実行できるようになりました。これにより、即時にデータを見つけられるだけでなく、組織全体に拡張される前に、新しい使用事例をテストするための出発点として機能させることができます。まさに、Win-Win の関係です。企業はデータ管理における管轄権を拡大できるため、(従来の) 長い開発ライフサイクルを短縮できます。また、IT 部門は、最も適任である、高度に専門化された業務を引き受けることができます。

このような進化の例は他にも、データカタログが挙げられます。これは、データソース、コンテンツ、ユーザー間の関係を追跡しながら、データを定義して認定する上で役立つ、データ資産のインベントリです。データを統合して管理するにあたって、説明責任が分散している組織では、社内のデータ資産の現状を把握できる主要なツールとして、カタログは重要な役割を果たします。カタログを用いることで、さらに簡単にデータを見つけて利用拡大して、その関連性と新しさを把握し、特定の資産を使用しているユーザーを監視できます。

最新のカタログでは、これらの貴重な情報を特定して、業務に必要な背景をユーザーの分析の流れに組み込んでいます。そのため、より多くのデータが統合され、組織内で幅広く利用できるようになると、従業員はデータの品質や、ポリシーガイドラインの範囲内で使用する方法を理解できるようになります。これは、データリテラシーが重要となる分野です。少なくとも、ユーザーはデータ指標を解釈して、信頼性の高い関連データを識別することを学習します。データユーザーが自分自身のデータスチュワードになることで、IT 部門の負担が軽減され、意思決定の際に、責任ある方法でデータを使用できるようになります。適切なスキルを持つ先進的なユーザーについては、セルフサービスのデータ準備に参加したり、組織が採用する新しいデータソースを認証したりできます。または、データ整理のプロセスで、業務に必要な背景をメタデータとして組み込むこともできます。

IT 部門と企業は、機能と責任の境界を明確にしないことで、新しい協力体制と調和を実現できるようになりました。IT 部門と企業は、データ環境の可視性、発見しやすさ、信頼性を高める取り組みを共同で行うことができるため、ビジネスユーザーと目的に配慮した独自のアプローチを導入することで、さらに広範なデータ管理の取り組みを成功させることができるでしょう。これはまた、組織が最も広範な価値を持つデータ資産を特定して、優先順位を付けられるほか、管理対象のデータと分析を大規模にサポートできることを意味します。

組織はデータ管理への参加を拡大して、データドリブンな意思決定を大規模にサポート

データの現状について考えたことはありますか?どこに保存されているのか、誰が使用しているのか、どれくらいの頻度で使用されているのかをご存知ですか? 組織内の従業員は、意思決定に使用するのに適切なデータと、そのデータへのアクセス方法を把握していますか?

データドリブンなリーダーは、分散されたデータパイプラインを統合する新しいソリューションで組織を差別化しています。データテクノロジー内ですでに起こっている進化とともに、企業全体でデータの準備、整理、共有を行う方法において、役割とプロセスは変化しています。IT は『ゴーストバスターズ』の作品に倣うことも必要です。奨励されてはいませんが、危険を冒すことで、最も恐ろしい最大の問題を解決できる場合があります。この場合、組織はデータ管理に関する IT と企業の責任の境界を明確にしないことで、部署の境界に制限されなくなり、大規模な企業規模のデータ統合が可能になり、組織全体の従業員が適切なデータを適切なタイミングで活用できるようになります。

このようなデータ統合の課題を解決することは、社内および社外のコンプライアンスを維持するとともに、組織が企業の全体像を把握して、顧客への理解を深め、新たなビジネスチャンスを特定する上で必要不可欠です。 多くの組織は、組織全体に最も利益をもたらすデータを特定、準備、管理して、幅広く利用できるように取り組んでいます。また、成功している分野では、データ管理の変化が起こっています。これは、テクノロジーから始まります。

ソリューションプロバイダーは、IT 部門を念頭に置くだけでなく、幅広いユーザーにデータ管理機能を導入するようになっています。また、ビジネスユーザーのワークフロー (分析プラットフォームを含む) に機能が組み込まれるにつれて、従業員は従来 IT 部門が負っていたデータ管理の責任において、より能動的な役割を担うようになります。これは、ビジネスインテリジェンスにおけるセルフサービスの進化において、自然な次のステップです。組織はデータアクセスの拡大から始めて、詳細な調査と新しいタイプのユーザーを通じて、分析コンテンツを作成できるようにしました。現在、一部のビジネスユーザーは、データ自体に関与することができます。IT 部門はこれらの各段階で、ビジネスユーザーが負担を軽減できるように、ガバナンスとセルフサービスのバランスを取る方法を習得しました。企業全体で導入を拡大するにつれて、このような危険を冒すことも、データと分析の管理にとって重要です。

セルフサービスのデータ準備は、この進化をよく表しています。分析ワークフローに統合される最新のツールを利用して、従来の抽出、変換、読み込みプロセスのさまざまな側面が、セルフサービスで実行できるようになりました。これにより、即時にデータを見つけられるだけでなく、組織全体に拡張される前に、新しい使用事例をテストするための出発点として機能させることができます。まさに、Win-Win の関係です。企業はデータ管理における管轄権を拡大できるため、(従来の) 長い開発ライフサイクルを短縮できます。また、IT 部門は、最も適任である、高度に専門化された業務を引き受けることができます。

このような進化の例は他にも、データカタログが挙げられます。これは、データソース、コンテンツ、ユーザー間の関係を追跡しながら、データを定義して認定する上で役立つ、データ資産のインベントリです。データを統合して管理するにあたって、説明責任が分散している組織では、社内のデータ資産の現状を把握できる主要なツールとして、カタログは重要な役割を果たします。カタログを用いることで、さらに簡単にデータを見つけて利用拡大して、その関連性と新しさを把握し、特定の資産を使用しているユーザーを監視できます。

最新のカタログでは、これらの貴重な情報を特定して、業務に必要な背景をユーザーの分析の流れに組み込んでいます。そのため、より多くのデータが統合され、組織内で幅広く利用できるようになると、従業員はデータの品質や、ポリシーガイドラインの範囲内で使用する方法を理解できるようになります。これは、データリテラシーが重要となる分野です。少なくとも、ユーザーはデータ指標を解釈して、信頼性の高い関連データを識別することを学習します。データユーザーが自分自身のデータスチュワードになることで、IT 部門の負担が軽減され、意思決定の際に、責任ある方法でデータを使用できるようになります。適切なスキルを持つ先進的なユーザーについては、セルフサービスのデータ準備に参加したり、組織が採用する新しいデータソースを認証したりできます。または、データ整理のプロセスで、業務に必要な背景をメタデータとして組み込むこともできます。

IT 部門と企業は、機能と責任の境界を明確にしないことで、新しい協力体制と調和を実現できるようになりました。IT 部門と企業は、データ環境の可視性、発見しやすさ、信頼性を高める取り組みを共同で行うことができるため、ビジネスユーザーと目的に配慮した独自のアプローチを導入することで、さらに広範なデータ管理の取り組みを成功させることができるでしょう。これはまた、組織が最も広範な価値を持つデータ資産を特定して、優先順位を付けられるほか、管理対象のデータと分析を大規模にサポートできることを意味します。

組織はデータ管理への参加を拡大して、データドリブンな意思決定を大規模にサポート

データの現状について考えたことはありますか?どこに保存されているのか、誰が使用しているのか、どれくらいの頻度で使用されているのかをご存知ですか? 組織内の従業員は、意思決定に使用するのに適切なデータと、そのデータへのアクセス方法を把握していますか?

データドリブンなリーダーは、分散されたデータパイプラインを統合する新しいソリューションで組織を差別化しています。データテクノロジー内ですでに起こっている進化とともに、企業全体でデータの準備、整理、共有を行う方法において、役割とプロセスは変化しています。IT は『ゴーストバスターズ』の作品に倣うことも必要です。奨励されてはいませんが、危険を冒すことで、最も恐ろしい最大の問題を解決できる場合があります。この場合、組織はデータ管理に関する IT と企業の責任の境界を明確にしないことで、部署の境界に制限されなくなり、大規模な企業規模のデータ統合が可能になり、組織全体の従業員が適切なデータを適切なタイミングで活用できるようになります。

このようなデータ統合の課題を解決することは、社内および社外のコンプライアンスを維持するとともに、組織が企業の全体像を把握して、顧客への理解を深め、新たなビジネスチャンスを特定する上で必要不可欠です。 多くの組織は、組織全体に最も利益をもたらすデータを特定、準備、管理して、幅広く利用できるように取り組んでいます。また、成功している分野では、データ管理の変化が起こっています。これは、テクノロジーから始まります。

ソリューションプロバイダーは、IT 部門を念頭に置くだけでなく、幅広いユーザーにデータ管理機能を導入するようになっています。また、ビジネスユーザーのワークフロー (分析プラットフォームを含む) に機能が組み込まれるにつれて、従業員は従来 IT 部門が負っていたデータ管理の責任において、より能動的な役割を担うようになります。これは、ビジネスインテリジェンスにおけるセルフサービスの進化において、自然な次のステップです。組織はデータアクセスの拡大から始めて、詳細な調査と新しいタイプのユーザーを通じて、分析コンテンツを作成できるようにしました。現在、一部のビジネスユーザーは、データ自体に関与することができます。IT 部門はこれらの各段階で、ビジネスユーザーが負担を軽減できるように、ガバナンスとセルフサービスのバランスを取る方法を習得しました。企業全体で導入を拡大するにつれて、このような危険を冒すことも、データと分析の管理にとって重要です。

セルフサービスのデータ準備は、この進化をよく表しています。分析ワークフローに統合される最新のツールを利用して、従来の抽出、変換、読み込みプロセスのさまざまな側面が、セルフサービスで実行できるようになりました。これにより、即時にデータを見つけられるだけでなく、組織全体に拡張される前に、新しい使用事例をテストするための出発点として機能させることができます。まさに、Win-Win の関係です。企業はデータ管理における管轄権を拡大できるため、(従来の) 長い開発ライフサイクルを短縮できます。また、IT 部門は、最も適任である、高度に専門化された業務を引き受けることができます。

このような進化の例は他にも、データカタログが挙げられます。これは、データソース、コンテンツ、ユーザー間の関係を追跡しながら、データを定義して認定する上で役立つ、データ資産のインベントリです。データを統合して管理するにあたって、説明責任が分散している組織では、社内のデータ資産の現状を把握できる主要なツールとして、カタログは重要な役割を果たします。カタログを用いることで、さらに簡単にデータを見つけて利用拡大して、その関連性と新しさを把握し、特定の資産を使用しているユーザーを監視できます。

最新のカタログでは、これらの貴重な情報を特定して、業務に必要な背景をユーザーの分析の流れに組み込んでいます。そのため、より多くのデータが統合され、組織内で幅広く利用できるようになると、従業員はデータの品質や、ポリシーガイドラインの範囲内で使用する方法を理解できるようになります。これは、データリテラシーが重要となる分野です。少なくとも、ユーザーはデータ指標を解釈して、信頼性の高い関連データを識別することを学習します。データユーザーが自分自身のデータスチュワードになることで、IT 部門の負担が軽減され、意思決定の際に、責任ある方法でデータを使用できるようになります。適切なスキルを持つ先進的なユーザーについては、セルフサービスのデータ準備に参加したり、組織が採用する新しいデータソースを認証したりできます。または、データ整理のプロセスで、業務に必要な背景をメタデータとして組み込むこともできます。

IT 部門と企業は、機能と責任の境界を明確にしないことで、新しい協力体制と調和を実現できるようになりました。IT 部門と企業は、データ環境の可視性、発見しやすさ、信頼性を高める取り組みを共同で行うことができるため、ビジネスユーザーと目的に配慮した独自のアプローチを導入することで、さらに広範なデータ管理の取り組みを成功させることができるでしょう。これはまた、組織が最も広範な価値を持つデータ資産を特定して、優先順位を付けられるほか、管理対象のデータと分析を大規模にサポートできることを意味します。

組織はデータ管理への参加を拡大して、データドリブンな意思決定を大規模にサポート

データの現状について考えたことはありますか?どこに保存されているのか、誰が使用しているのか、どれくらいの頻度で使用されているのかをご存知ですか? 組織内の従業員は、意思決定に使用するのに適切なデータと、そのデータへのアクセス方法を把握していますか?

データドリブンなリーダーは、分散されたデータパイプラインを統合する新しいソリューションで組織を差別化しています。データテクノロジー内ですでに起こっている進化とともに、企業全体でデータの準備、整理、共有を行う方法において、役割とプロセスは変化しています。IT は『ゴーストバスターズ』の作品に倣うことも必要です。奨励されてはいませんが、危険を冒すことで、最も恐ろしい最大の問題を解決できる場合があります。この場合、組織はデータ管理に関する IT と企業の責任の境界を明確にしないことで、部署の境界に制限されなくなり、大規模な企業規模のデータ統合が可能になり、組織全体の従業員が適切なデータを適切なタイミングで活用できるようになります。

このようなデータ統合の課題を解決することは、社内および社外のコンプライアンスを維持するとともに、組織が企業の全体像を把握して、顧客への理解を深め、新たなビジネスチャンスを特定する上で必要不可欠です。 多くの組織は、組織全体に最も利益をもたらすデータを特定、準備、管理して、幅広く利用できるように取り組んでいます。また、成功している分野では、データ管理の変化が起こっています。これは、テクノロジーから始まります。

ソリューションプロバイダーは、IT 部門を念頭に置くだけでなく、幅広いユーザーにデータ管理機能を導入するようになっています。また、ビジネスユーザーのワークフロー (分析プラットフォームを含む) に機能が組み込まれるにつれて、従業員は従来 IT 部門が負っていたデータ管理の責任において、より能動的な役割を担うようになります。これは、ビジネスインテリジェンスにおけるセルフサービスの進化において、自然な次のステップです。組織はデータアクセスの拡大から始めて、詳細な調査と新しいタイプのユーザーを通じて、分析コンテンツを作成できるようにしました。現在、一部のビジネスユーザーは、データ自体に関与することができます。IT 部門はこれらの各段階で、ビジネスユーザーが負担を軽減できるように、ガバナンスとセルフサービスのバランスを取る方法を習得しました。企業全体で導入を拡大するにつれて、このような危険を冒すことも、データと分析の管理にとって重要です。

セルフサービスのデータ準備は、この進化をよく表しています。分析ワークフローに統合される最新のツールを利用して、従来の抽出、変換、読み込みプロセスのさまざまな側面が、セルフサービスで実行できるようになりました。これにより、即時にデータを見つけられるだけでなく、組織全体に拡張される前に、新しい使用事例をテストするための出発点として機能させることができます。まさに、Win-Win の関係です。企業はデータ管理における管轄権を拡大できるため、(従来の) 長い開発ライフサイクルを短縮できます。また、IT 部門は、最も適任である、高度に専門化された業務を引き受けることができます。

このような進化の例は他にも、データカタログが挙げられます。これは、データソース、コンテンツ、ユーザー間の関係を追跡しながら、データを定義して認定する上で役立つ、データ資産のインベントリです。データを統合して管理するにあたって、説明責任が分散している組織では、社内のデータ資産の現状を把握できる主要なツールとして、カタログは重要な役割を果たします。カタログを用いることで、さらに簡単にデータを見つけて利用拡大して、その関連性と新しさを把握し、特定の資産を使用しているユーザーを監視できます。

最新のカタログでは、これらの貴重な情報を特定して、業務に必要な背景をユーザーの分析の流れに組み込んでいます。そのため、より多くのデータが統合され、組織内で幅広く利用できるようになると、従業員はデータの品質や、ポリシーガイドラインの範囲内で使用する方法を理解できるようになります。これは、データリテラシーが重要となる分野です。少なくとも、ユーザーはデータ指標を解釈して、信頼性の高い関連データを識別することを学習します。データユーザーが自分自身のデータスチュワードになることで、IT 部門の負担が軽減され、意思決定の際に、責任ある方法でデータを使用できるようになります。適切なスキルを持つ先進的なユーザーについては、セルフサービスのデータ準備に参加したり、組織が採用する新しいデータソースを認証したりできます。または、データ整理のプロセスで、業務に必要な背景をメタデータとして組み込むこともできます。

IT 部門と企業は、機能と責任の境界を明確にしないことで、新しい協力体制と調和を実現できるようになりました。IT 部門と企業は、データ環境の可視性、発見しやすさ、信頼性を高める取り組みを共同で行うことができるため、ビジネスユーザーと目的に配慮した独自のアプローチを導入することで、さらに広範なデータ管理の取り組みを成功させることができるでしょう。これはまた、組織が最も広範な価値を持つデータ資産を特定して、優先順位を付けられるほか、管理対象のデータと分析を大規模にサポートできることを意味します。

組織はデータ管理への参加を拡大して、データドリブンな意思決定を大規模にサポート

データの現状について考えたことはありますか?どこに保存されているのか、誰が使用しているのか、どれくらいの頻度で使用されているのかをご存知ですか? 組織内の従業員は、意思決定に使用するのに適切なデータと、そのデータへのアクセス方法を把握していますか?

データドリブンなリーダーは、分散されたデータパイプラインを統合する新しいソリューションで組織を差別化しています。データテクノロジー内ですでに起こっている進化とともに、企業全体でデータの準備、整理、共有を行う方法において、役割とプロセスは変化しています。IT は『ゴーストバスターズ』の作品に倣うことも必要です。奨励されてはいませんが、危険を冒すことで、最も恐ろしい最大の問題を解決できる場合があります。この場合、組織はデータ管理に関する IT と企業の責任の境界を明確にしないことで、部署の境界に制限されなくなり、大規模な企業規模のデータ統合が可能になり、組織全体の従業員が適切なデータを適切なタイミングで活用できるようになります。

このようなデータ統合の課題を解決することは、社内および社外のコンプライアンスを維持するとともに、組織が企業の全体像を把握して、顧客への理解を深め、新たなビジネスチャンスを特定する上で必要不可欠です。 多くの組織は、組織全体に最も利益をもたらすデータを特定、準備、管理して、幅広く利用できるように取り組んでいます。また、成功している分野では、データ管理の変化が起こっています。これは、テクノロジーから始まります。

ソリューションプロバイダーは、IT 部門を念頭に置くだけでなく、幅広いユーザーにデータ管理機能を導入するようになっています。また、ビジネスユーザーのワークフロー (分析プラットフォームを含む) に機能が組み込まれるにつれて、従業員は従来 IT 部門が負っていたデータ管理の責任において、より能動的な役割を担うようになります。これは、ビジネスインテリジェンスにおけるセルフサービスの進化において、自然な次のステップです。組織はデータアクセスの拡大から始めて、詳細な調査と新しいタイプのユーザーを通じて、分析コンテンツを作成できるようにしました。現在、一部のビジネスユーザーは、データ自体に関与することができます。IT 部門はこれらの各段階で、ビジネスユーザーが負担を軽減できるように、ガバナンスとセルフサービスのバランスを取る方法を習得しました。企業全体で導入を拡大するにつれて、このような危険を冒すことも、データと分析の管理にとって重要です。

セルフサービスのデータ準備は、この進化をよく表しています。分析ワークフローに統合される最新のツールを利用して、従来の抽出、変換、読み込みプロセスのさまざまな側面が、セルフサービスで実行できるようになりました。これにより、即時にデータを見つけられるだけでなく、組織全体に拡張される前に、新しい使用事例をテストするための出発点として機能させることができます。まさに、Win-Win の関係です。企業はデータ管理における管轄権を拡大できるため、(従来の) 長い開発ライフサイクルを短縮できます。また、IT 部門は、最も適任である、高度に専門化された業務を引き受けることができます。

このような進化の例は他にも、データカタログが挙げられます。これは、データソース、コンテンツ、ユーザー間の関係を追跡しながら、データを定義して認定する上で役立つ、データ資産のインベントリです。データを統合して管理するにあたって、説明責任が分散している組織では、社内のデータ資産の現状を把握できる主要なツールとして、カタログは重要な役割を果たします。カタログを用いることで、さらに簡単にデータを見つけて利用拡大して、その関連性と新しさを把握し、特定の資産を使用しているユーザーを監視できます。

最新のカタログでは、これらの貴重な情報を特定して、業務に必要な背景をユーザーの分析の流れに組み込んでいます。そのため、より多くのデータが統合され、組織内で幅広く利用できるようになると、従業員はデータの品質や、ポリシーガイドラインの範囲内で使用する方法を理解できるようになります。これは、データリテラシーが重要となる分野です。少なくとも、ユーザーはデータ指標を解釈して、信頼性の高い関連データを識別することを学習します。データユーザーが自分自身のデータスチュワードになることで、IT 部門の負担が軽減され、意思決定の際に、責任ある方法でデータを使用できるようになります。適切なスキルを持つ先進的なユーザーについては、セルフサービスのデータ準備に参加したり、組織が採用する新しいデータソースを認証したりできます。または、データ整理のプロセスで、業務に必要な背景をメタデータとして組み込むこともできます。

IT 部門と企業は、機能と責任の境界を明確にしないことで、新しい協力体制と調和を実現できるようになりました。IT 部門と企業は、データ環境の可視性、発見しやすさ、信頼性を高める取り組みを共同で行うことができるため、ビジネスユーザーと目的に配慮した独自のアプローチを導入することで、さらに広範なデータ管理の取り組みを成功させることができるでしょう。これはまた、組織が最も広範な価値を持つデータ資産を特定して、優先順位を付けられるほか、管理対象のデータと分析を大規模にサポートできることを意味します。

組織はデータ管理への参加を拡大して、データドリブンな意思決定を大規模にサポート

データの現状について考えたことはありますか?どこに保存されているのか、誰が使用しているのか、どれくらいの頻度で使用されているのかをご存知ですか? 組織内の従業員は、意思決定に使用するのに適切なデータと、そのデータへのアクセス方法を把握していますか?

データドリブンなリーダーは、分散されたデータパイプラインを統合する新しいソリューションで組織を差別化しています。データテクノロジー内ですでに起こっている進化とともに、企業全体でデータの準備、整理、共有を行う方法において、役割とプロセスは変化しています。IT は『ゴーストバスターズ』の作品に倣うことも必要です。奨励されてはいませんが、危険を冒すことで、最も恐ろしい最大の問題を解決できる場合があります。この場合、組織はデータ管理に関する IT と企業の責任の境界を明確にしないことで、部署の境界に制限されなくなり、大規模な企業規模のデータ統合が可能になり、組織全体の従業員が適切なデータを適切なタイミングで活用できるようになります。

このようなデータ統合の課題を解決することは、社内および社外のコンプライアンスを維持するとともに、組織が企業の全体像を把握して、顧客への理解を深め、新たなビジネスチャンスを特定する上で必要不可欠です。 多くの組織は、組織全体に最も利益をもたらすデータを特定、準備、管理して、幅広く利用できるように取り組んでいます。また、成功している分野では、データ管理の変化が起こっています。これは、テクノロジーから始まります。

ソリューションプロバイダーは、IT 部門を念頭に置くだけでなく、幅広いユーザーにデータ管理機能を導入するようになっています。また、ビジネスユーザーのワークフロー (分析プラットフォームを含む) に機能が組み込まれるにつれて、従業員は従来 IT 部門が負っていたデータ管理の責任において、より能動的な役割を担うようになります。これは、ビジネスインテリジェンスにおけるセルフサービスの進化において、自然な次のステップです。組織はデータアクセスの拡大から始めて、詳細な調査と新しいタイプのユーザーを通じて、分析コンテンツを作成できるようにしました。現在、一部のビジネスユーザーは、データ自体に関与することができます。IT 部門はこれらの各段階で、ビジネスユーザーが負担を軽減できるように、ガバナンスとセルフサービスのバランスを取る方法を習得しました。企業全体で導入を拡大するにつれて、このような危険を冒すことも、データと分析の管理にとって重要です。

セルフサービスのデータ準備は、この進化をよく表しています。分析ワークフローに統合される最新のツールを利用して、従来の抽出、変換、読み込みプロセスのさまざまな側面が、セルフサービスで実行できるようになりました。これにより、即時にデータを見つけられるだけでなく、組織全体に拡張される前に、新しい使用事例をテストするための出発点として機能させることができます。まさに、Win-Win の関係です。企業はデータ管理における管轄権を拡大できるため、(従来の) 長い開発ライフサイクルを短縮できます。また、IT 部門は、最も適任である、高度に専門化された業務を引き受けることができます。

このような進化の例は他にも、データカタログが挙げられます。これは、データソース、コンテンツ、ユーザー間の関係を追跡しながら、データを定義して認定する上で役立つ、データ資産のインベントリです。データを統合して管理するにあたって、説明責任が分散している組織では、社内のデータ資産の現状を把握できる主要なツールとして、カタログは重要な役割を果たします。カタログを用いることで、さらに簡単にデータを見つけて利用拡大して、その関連性と新しさを把握し、特定の資産を使用しているユーザーを監視できます。

最新のカタログでは、これらの貴重な情報を特定して、業務に必要な背景をユーザーの分析の流れに組み込んでいます。そのため、より多くのデータが統合され、組織内で幅広く利用できるようになると、従業員はデータの品質や、ポリシーガイドラインの範囲内で使用する方法を理解できるようになります。これは、データリテラシーが重要となる分野です。少なくとも、ユーザーはデータ指標を解釈して、信頼性の高い関連データを識別することを学習します。データユーザーが自分自身のデータスチュワードになることで、IT 部門の負担が軽減され、意思決定の際に、責任ある方法でデータを使用できるようになります。適切なスキルを持つ先進的なユーザーについては、セルフサービスのデータ準備に参加したり、組織が採用する新しいデータソースを認証したりできます。または、データ整理のプロセスで、業務に必要な背景をメタデータとして組み込むこともできます。

IT 部門と企業は、機能と責任の境界を明確にしないことで、新しい協力体制と調和を実現できるようになりました。IT 部門と企業は、データ環境の可視性、発見しやすさ、信頼性を高める取り組みを共同で行うことができるため、ビジネスユーザーと目的に配慮した独自のアプローチを導入することで、さらに広範なデータ管理の取り組みを成功させることができるでしょう。これはまた、組織が最も広範な価値を持つデータ資産を特定して、優先順位を付けられるほか、管理対象のデータと分析を大規模にサポートできることを意味します。

組織はデータ管理への参加を拡大して、データドリブンな意思決定を大規模にサポート

データの現状について考えたことはありますか?どこに保存されているのか、誰が使用しているのか、どれくらいの頻度で使用されているのかをご存知ですか? 組織内の従業員は、意思決定に使用するのに適切なデータと、そのデータへのアクセス方法を把握していますか?

データドリブンなリーダーは、分散されたデータパイプラインを統合する新しいソリューションで組織を差別化しています。データテクノロジー内ですでに起こっている進化とともに、企業全体でデータの準備、整理、共有を行う方法において、役割とプロセスは変化しています。IT は『ゴーストバスターズ』の作品に倣うことも必要です。奨励されてはいませんが、危険を冒すことで、最も恐ろしい最大の問題を解決できる場合があります。この場合、組織はデータ管理に関する IT と企業の責任の境界を明確にしないことで、部署の境界に制限されなくなり、大規模な企業規模のデータ統合が可能になり、組織全体の従業員が適切なデータを適切なタイミングで活用できるようになります。

このようなデータ統合の課題を解決することは、社内および社外のコンプライアンスを維持するとともに、組織が企業の全体像を把握して、顧客への理解を深め、新たなビジネスチャンスを特定する上で必要不可欠です。 多くの組織は、組織全体に最も利益をもたらすデータを特定、準備、管理して、幅広く利用できるように取り組んでいます。また、成功している分野では、データ管理の変化が起こっています。これは、テクノロジーから始まります。

ソリューションプロバイダーは、IT 部門を念頭に置くだけでなく、幅広いユーザーにデータ管理機能を導入するようになっています。また、ビジネスユーザーのワークフロー (分析プラットフォームを含む) に機能が組み込まれるにつれて、従業員は従来 IT 部門が負っていたデータ管理の責任において、より能動的な役割を担うようになります。これは、ビジネスインテリジェンスにおけるセルフサービスの進化において、自然な次のステップです。組織はデータアクセスの拡大から始めて、詳細な調査と新しいタイプのユーザーを通じて、分析コンテンツを作成できるようにしました。現在、一部のビジネスユーザーは、データ自体に関与することができます。IT 部門はこれらの各段階で、ビジネスユーザーが負担を軽減できるように、ガバナンスとセルフサービスのバランスを取る方法を習得しました。企業全体で導入を拡大するにつれて、このような危険を冒すことも、データと分析の管理にとって重要です。

セルフサービスのデータ準備は、この進化をよく表しています。分析ワークフローに統合される最新のツールを利用して、従来の抽出、変換、読み込みプロセスのさまざまな側面が、セルフサービスで実行できるようになりました。これにより、即時にデータを見つけられるだけでなく、組織全体に拡張される前に、新しい使用事例をテストするための出発点として機能させることができます。まさに、Win-Win の関係です。企業はデータ管理における管轄権を拡大できるため、(従来の) 長い開発ライフサイクルを短縮できます。また、IT 部門は、最も適任である、高度に専門化された業務を引き受けることができます。

このような進化の例は他にも、データカタログが挙げられます。これは、データソース、コンテンツ、ユーザー間の関係を追跡しながら、データを定義して認定する上で役立つ、データ資産のインベントリです。データを統合して管理するにあたって、説明責任が分散している組織では、社内のデータ資産の現状を把握できる主要なツールとして、カタログは重要な役割を果たします。カタログを用いることで、さらに簡単にデータを見つけて利用拡大して、その関連性と新しさを把握し、特定の資産を使用しているユーザーを監視できます。

最新のカタログでは、これらの貴重な情報を特定して、業務に必要な背景をユーザーの分析の流れに組み込んでいます。そのため、より多くのデータが統合され、組織内で幅広く利用できるようになると、従業員はデータの品質や、ポリシーガイドラインの範囲内で使用する方法を理解できるようになります。これは、データリテラシーが重要となる分野です。少なくとも、ユーザーはデータ指標を解釈して、信頼性の高い関連データを識別することを学習します。データユーザーが自分自身のデータスチュワードになることで、IT 部門の負担が軽減され、意思決定の際に、責任ある方法でデータを使用できるようになります。適切なスキルを持つ先進的なユーザーについては、セルフサービスのデータ準備に参加したり、組織が採用する新しいデータソースを認証したりできます。または、データ整理のプロセスで、業務に必要な背景をメタデータとして組み込むこともできます。

IT 部門と企業は、機能と責任の境界を明確にしないことで、新しい協力体制と調和を実現できるようになりました。IT 部門と企業は、データ環境の可視性、発見しやすさ、信頼性を高める取り組みを共同で行うことができるため、ビジネスユーザーと目的に配慮した独自のアプローチを導入することで、さらに広範なデータ管理の取り組みを成功させることができるでしょう。これはまた、組織が最も広範な価値を持つデータ資産を特定して、優先順位を付けられるほか、管理対象のデータと分析を大規模にサポートできることを意味します。

組織はデータ管理への参加を拡大して、データドリブンな意思決定を大規模にサポート

データの現状について考えたことはありますか?どこに保存されているのか、誰が使用しているのか、どれくらいの頻度で使用されているのかをご存知ですか? 組織内の従業員は、意思決定に使用するのに適切なデータと、そのデータへのアクセス方法を把握していますか?

データドリブンなリーダーは、分散されたデータパイプラインを統合する新しいソリューションで組織を差別化しています。データテクノロジー内ですでに起こっている進化とともに、企業全体でデータの準備、整理、共有を行う方法において、役割とプロセスは変化しています。IT は『ゴーストバスターズ』の作品に倣うことも必要です。奨励されてはいませんが、危険を冒すことで、最も恐ろしい最大の問題を解決できる場合があります。この場合、組織はデータ管理に関する IT と企業の責任の境界を明確にしないことで、部署の境界に制限されなくなり、大規模な企業規模のデータ統合が可能になり、組織全体の従業員が適切なデータを適切なタイミングで活用できるようになります。

このようなデータ統合の課題を解決することは、社内および社外のコンプライアンスを維持するとともに、組織が企業の全体像を把握して、顧客への理解を深め、新たなビジネスチャンスを特定する上で必要不可欠です。 多くの組織は、組織全体に最も利益をもたらすデータを特定、準備、管理して、幅広く利用できるように取り組んでいます。また、成功している分野では、データ管理の変化が起こっています。これは、テクノロジーから始まります。

ソリューションプロバイダーは、IT 部門を念頭に置くだけでなく、幅広いユーザーにデータ管理機能を導入するようになっています。また、ビジネスユーザーのワークフロー (分析プラットフォームを含む) に機能が組み込まれるにつれて、従業員は従来 IT 部門が負っていたデータ管理の責任において、より能動的な役割を担うようになります。これは、ビジネスインテリジェンスにおけるセルフサービスの進化において、自然な次のステップです。組織はデータアクセスの拡大から始めて、詳細な調査と新しいタイプのユーザーを通じて、分析コンテンツを作成できるようにしました。現在、一部のビジネスユーザーは、データ自体に関与することができます。IT 部門はこれらの各段階で、ビジネスユーザーが負担を軽減できるように、ガバナンスとセルフサービスのバランスを取る方法を習得しました。企業全体で導入を拡大するにつれて、このような危険を冒すことも、データと分析の管理にとって重要です。

セルフサービスのデータ準備は、この進化をよく表しています。分析ワークフローに統合される最新のツールを利用して、従来の抽出、変換、読み込みプロセスのさまざまな側面が、セルフサービスで実行できるようになりました。これにより、即時にデータを見つけられるだけでなく、組織全体に拡張される前に、新しい使用事例をテストするための出発点として機能させることができます。まさに、Win-Win の関係です。企業はデータ管理における管轄権を拡大できるため、(従来の) 長い開発ライフサイクルを短縮できます。また、IT 部門は、最も適任である、高度に専門化された業務を引き受けることができます。

このような進化の例は他にも、データカタログが挙げられます。これは、データソース、コンテンツ、ユーザー間の関係を追跡しながら、データを定義して認定する上で役立つ、データ資産のインベントリです。データを統合して管理するにあたって、説明責任が分散している組織では、社内のデータ資産の現状を把握できる主要なツールとして、カタログは重要な役割を果たします。カタログを用いることで、さらに簡単にデータを見つけて利用拡大して、その関連性と新しさを把握し、特定の資産を使用しているユーザーを監視できます。

最新のカタログでは、これらの貴重な情報を特定して、業務に必要な背景をユーザーの分析の流れに組み込んでいます。そのため、より多くのデータが統合され、組織内で幅広く利用できるようになると、従業員はデータの品質や、ポリシーガイドラインの範囲内で使用する方法を理解できるようになります。これは、データリテラシーが重要となる分野です。少なくとも、ユーザーはデータ指標を解釈して、信頼性の高い関連データを識別することを学習します。データユーザーが自分自身のデータスチュワードになることで、IT 部門の負担が軽減され、意思決定の際に、責任ある方法でデータを使用できるようになります。適切なスキルを持つ先進的なユーザーについては、セルフサービスのデータ準備に参加したり、組織が採用する新しいデータソースを認証したりできます。または、データ整理のプロセスで、業務に必要な背景をメタデータとして組み込むこともできます。

IT 部門と企業は、機能と責任の境界を明確にしないことで、新しい協力体制と調和を実現できるようになりました。IT 部門と企業は、データ環境の可視性、発見しやすさ、信頼性を高める取り組みを共同で行うことができるため、ビジネスユーザーと目的に配慮した独自のアプローチを導入することで、さらに広範なデータ管理の取り組みを成功させることができるでしょう。これはまた、組織が最も広範な価値を持つデータ資産を特定して、優先順位を付けられるほか、管理対象のデータと分析を大規模にサポートできることを意味します。

組織はデータ管理への参加を拡大して、データドリブンな意思決定を大規模にサポート

データの現状について考えたことはありますか?どこに保存されているのか、誰が使用しているのか、どれくらいの頻度で使用されているのかをご存知ですか? 組織内の従業員は、意思決定に使用するのに適切なデータと、そのデータへのアクセス方法を把握していますか?

データドリブンなリーダーは、分散されたデータパイプラインを統合する新しいソリューションで組織を差別化しています。データテクノロジー内ですでに起こっている進化とともに、企業全体でデータの準備、整理、共有を行う方法において、役割とプロセスは変化しています。IT は『ゴーストバスターズ』の作品に倣うことも必要です。奨励されてはいませんが、危険を冒すことで、最も恐ろしい最大の問題を解決できる場合があります。この場合、組織はデータ管理に関する IT と企業の責任の境界を明確にしないことで、部署の境界に制限されなくなり、大規模な企業規模のデータ統合が可能になり、組織全体の従業員が適切なデータを適切なタイミングで活用できるようになります。

このようなデータ統合の課題を解決することは、社内および社外のコンプライアンスを維持するとともに、組織が企業の全体像を把握して、顧客への理解を深め、新たなビジネスチャンスを特定する上で必要不可欠です。 多くの組織は、組織全体に最も利益をもたらすデータを特定、準備、管理して、幅広く利用できるように取り組んでいます。また、成功している分野では、データ管理の変化が起こっています。これは、テクノロジーから始まります。

ソリューションプロバイダーは、IT 部門を念頭に置くだけでなく、幅広いユーザーにデータ管理機能を導入するようになっています。また、ビジネスユーザーのワークフロー (分析プラットフォームを含む) に機能が組み込まれるにつれて、従業員は従来 IT 部門が負っていたデータ管理の責任において、より能動的な役割を担うようになります。これは、ビジネスインテリジェンスにおけるセルフサービスの進化において、自然な次のステップです。組織はデータアクセスの拡大から始めて、詳細な調査と新しいタイプのユーザーを通じて、分析コンテンツを作成できるようにしました。現在、一部のビジネスユーザーは、データ自体に関与することができます。IT 部門はこれらの各段階で、ビジネスユーザーが負担を軽減できるように、ガバナンスとセルフサービスのバランスを取る方法を習得しました。企業全体で導入を拡大するにつれて、このような危険を冒すことも、データと分析の管理にとって重要です。

セルフサービスのデータ準備は、この進化をよく表しています。分析ワークフローに統合される最新のツールを利用して、従来の抽出、変換、読み込みプロセスのさまざまな側面が、セルフサービスで実行できるようになりました。これにより、即時にデータを見つけられるだけでなく、組織全体に拡張される前に、新しい使用事例をテストするための出発点として機能させることができます。まさに、Win-Win の関係です。企業はデータ管理における管轄権を拡大できるため、(従来の) 長い開発ライフサイクルを短縮できます。また、IT 部門は、最も適任である、高度に専門化された業務を引き受けることができます。

このような進化の例は他にも、データカタログが挙げられます。これは、データソース、コンテンツ、ユーザー間の関係を追跡しながら、データを定義して認定する上で役立つ、データ資産のインベントリです。データを統合して管理するにあたって、説明責任が分散している組織では、社内のデータ資産の現状を把握できる主要なツールとして、カタログは重要な役割を果たします。カタログを用いることで、さらに簡単にデータを見つけて利用拡大して、その関連性と新しさを把握し、特定の資産を使用しているユーザーを監視できます。

最新のカタログでは、これらの貴重な情報を特定して、業務に必要な背景をユーザーの分析の流れに組み込んでいます。そのため、より多くのデータが統合され、組織内で幅広く利用できるようになると、従業員はデータの品質や、ポリシーガイドラインの範囲内で使用する方法を理解できるようになります。これは、データリテラシーが重要となる分野です。少なくとも、ユーザーはデータ指標を解釈して、信頼性の高い関連データを識別することを学習します。データユーザーが自分自身のデータスチュワードになることで、IT 部門の負担が軽減され、意思決定の際に、責任ある方法でデータを使用できるようになります。適切なスキルを持つ先進的なユーザーについては、セルフサービスのデータ準備に参加したり、組織が採用する新しいデータソースを認証したりできます。または、データ整理のプロセスで、業務に必要な背景をメタデータとして組み込むこともできます。

IT 部門と企業は、機能と責任の境界を明確にしないことで、新しい協力体制と調和を実現できるようになりました。IT 部門と企業は、データ環境の可視性、発見しやすさ、信頼性を高める取り組みを共同で行うことができるため、ビジネスユーザーと目的に配慮した独自のアプローチを導入することで、さらに広範なデータ管理の取り組みを成功させることができるでしょう。これはまた、組織が最も広範な価値を持つデータ資産を特定して、優先順位を付けられるほか、管理対象のデータと分析を大規模にサポートできることを意味します。

組織はデータ管理への参加を拡大して、データドリブンな意思決定を大規模にサポート

データの現状について考えたことはありますか?どこに保存されているのか、誰が使用しているのか、どれくらいの頻度で使用されているのかをご存知ですか? 組織内の従業員は、意思決定に使用するのに適切なデータと、そのデータへのアクセス方法を把握していますか?

データドリブンなリーダーは、分散されたデータパイプラインを統合する新しいソリューションで組織を差別化しています。データテクノロジー内ですでに起こっている進化とともに、企業全体でデータの準備、整理、共有を行う方法において、役割とプロセスは変化しています。IT は『ゴーストバスターズ』の作品に倣うことも必要です。奨励されてはいませんが、危険を冒すことで、最も恐ろしい最大の問題を解決できる場合があります。この場合、組織はデータ管理に関する IT と企業の責任の境界を明確にしないことで、部署の境界に制限されなくなり、大規模な企業規模のデータ統合が可能になり、組織全体の従業員が適切なデータを適切なタイミングで活用できるようになります。

このようなデータ統合の課題を解決することは、社内および社外のコンプライアンスを維持するとともに、組織が企業の全体像を把握して、顧客への理解を深め、新たなビジネスチャンスを特定する上で必要不可欠です。 多くの組織は、組織全体に最も利益をもたらすデータを特定、準備、管理して、幅広く利用できるように取り組んでいます。また、成功している分野では、データ管理の変化が起こっています。これは、テクノロジーから始まります。

ソリューションプロバイダーは、IT 部門を念頭に置くだけでなく、幅広いユーザーにデータ管理機能を導入するようになっています。また、ビジネスユーザーのワークフロー (分析プラットフォームを含む) に機能が組み込まれるにつれて、従業員は従来 IT 部門が負っていたデータ管理の責任において、より能動的な役割を担うようになります。これは、ビジネスインテリジェンスにおけるセルフサービスの進化において、自然な次のステップです。組織はデータアクセスの拡大から始めて、詳細な調査と新しいタイプのユーザーを通じて、分析コンテンツを作成できるようにしました。現在、一部のビジネスユーザーは、データ自体に関与することができます。IT 部門はこれらの各段階で、ビジネスユーザーが負担を軽減できるように、ガバナンスとセルフサービスのバランスを取る方法を習得しました。企業全体で導入を拡大するにつれて、このような危険を冒すことも、データと分析の管理にとって重要です。

セルフサービスのデータ準備は、この進化をよく表しています。分析ワークフローに統合される最新のツールを利用して、従来の抽出、変換、読み込みプロセスのさまざまな側面が、セルフサービスで実行できるようになりました。これにより、即時にデータを見つけられるだけでなく、組織全体に拡張される前に、新しい使用事例をテストするための出発点として機能させることができます。まさに、Win-Win の関係です。企業はデータ管理における管轄権を拡大できるため、(従来の) 長い開発ライフサイクルを短縮できます。また、IT 部門は、最も適任である、高度に専門化された業務を引き受けることができます。

このような進化の例は他にも、データカタログが挙げられます。これは、データソース、コンテンツ、ユーザー間の関係を追跡しながら、データを定義して認定する上で役立つ、データ資産のインベントリです。データを統合して管理するにあたって、説明責任が分散している組織では、社内のデータ資産の現状を把握できる主要なツールとして、カタログは重要な役割を果たします。カタログを用いることで、さらに簡単にデータを見つけて利用拡大して、その関連性と新しさを把握し、特定の資産を使用しているユーザーを監視できます。

最新のカタログでは、これらの貴重な情報を特定して、業務に必要な背景をユーザーの分析の流れに組み込んでいます。そのため、より多くのデータが統合され、組織内で幅広く利用できるようになると、従業員はデータの品質や、ポリシーガイドラインの範囲内で使用する方法を理解できるようになります。これは、データリテラシーが重要となる分野です。少なくとも、ユーザーはデータ指標を解釈して、信頼性の高い関連データを識別することを学習します。データユーザーが自分自身のデータスチュワードになることで、IT 部門の負担が軽減され、意思決定の際に、責任ある方法でデータを使用できるようになります。適切なスキルを持つ先進的なユーザーについては、セルフサービスのデータ準備に参加したり、組織が採用する新しいデータソースを認証したりできます。または、データ整理のプロセスで、業務に必要な背景をメタデータとして組み込むこともできます。

IT 部門と企業は、機能と責任の境界を明確にしないことで、新しい協力体制と調和を実現できるようになりました。IT 部門と企業は、データ環境の可視性、発見しやすさ、信頼性を高める取り組みを共同で行うことができるため、ビジネスユーザーと目的に配慮した独自のアプローチを導入することで、さらに広範なデータ管理の取り組みを成功させることができるでしょう。これはまた、組織が最も広範な価値を持つデータ資産を特定して、優先順位を付けられるほか、管理対象のデータと分析を大規模にサポートできることを意味します。

組織はデータ管理への参加を拡大して、データドリブンな意思決定を大規模にサポート

データの現状について考えたことはありますか?どこに保存されているのか、誰が使用しているのか、どれくらいの頻度で使用されているのかをご存知ですか? 組織内の従業員は、意思決定に使用するのに適切なデータと、そのデータへのアクセス方法を把握していますか?

データドリブンなリーダーは、分散されたデータパイプラインを統合する新しいソリューションで組織を差別化しています。データテクノロジー内ですでに起こっている進化とともに、企業全体でデータの準備、整理、共有を行う方法において、役割とプロセスは変化しています。IT は『ゴーストバスターズ』の作品に倣うことも必要です。奨励されてはいませんが、危険を冒すことで、最も恐ろしい最大の問題を解決できる場合があります。この場合、組織はデータ管理に関する IT と企業の責任の境界を明確にしないことで、部署の境界に制限されなくなり、大規模な企業規模のデータ統合が可能になり、組織全体の従業員が適切なデータを適切なタイミングで活用できるようになります。

このようなデータ統合の課題を解決することは、社内および社外のコンプライアンスを維持するとともに、組織が企業の全体像を把握して、顧客への理解を深め、新たなビジネスチャンスを特定する上で必要不可欠です。 多くの組織は、組織全体に最も利益をもたらすデータを特定、準備、管理して、幅広く利用できるように取り組んでいます。また、成功している分野では、データ管理の変化が起こっています。これは、テクノロジーから始まります。

ソリューションプロバイダーは、IT 部門を念頭に置くだけでなく、幅広いユーザーにデータ管理機能を導入するようになっています。また、ビジネスユーザーのワークフロー (分析プラットフォームを含む) に機能が組み込まれるにつれて、従業員は従来 IT 部門が負っていたデータ管理の責任において、より能動的な役割を担うようになります。これは、ビジネスインテリジェンスにおけるセルフサービスの進化において、自然な次のステップです。組織はデータアクセスの拡大から始めて、詳細な調査と新しいタイプのユーザーを通じて、分析コンテンツを作成できるようにしました。現在、一部のビジネスユーザーは、データ自体に関与することができます。IT 部門はこれらの各段階で、ビジネスユーザーが負担を軽減できるように、ガバナンスとセルフサービスのバランスを取る方法を習得しました。企業全体で導入を拡大するにつれて、このような危険を冒すことも、データと分析の管理にとって重要です。

セルフサービスのデータ準備は、この進化をよく表しています。分析ワークフローに統合される最新のツールを利用して、従来の抽出、変換、読み込みプロセスのさまざまな側面が、セルフサービスで実行できるようになりました。これにより、即時にデータを見つけられるだけでなく、組織全体に拡張される前に、新しい使用事例をテストするための出発点として機能させることができます。まさに、Win-Win の関係です。企業はデータ管理における管轄権を拡大できるため、(従来の) 長い開発ライフサイクルを短縮できます。また、IT 部門は、最も適任である、高度に専門化された業務を引き受けることができます。

このような進化の例は他にも、データカタログが挙げられます。これは、データソース、コンテンツ、ユーザー間の関係を追跡しながら、データを定義して認定する上で役立つ、データ資産のインベントリです。データを統合して管理するにあたって、説明責任が分散している組織では、社内のデータ資産の現状を把握できる主要なツールとして、カタログは重要な役割を果たします。カタログを用いることで、さらに簡単にデータを見つけて利用拡大して、その関連性と新しさを把握し、特定の資産を使用しているユーザーを監視できます。

最新のカタログでは、これらの貴重な情報を特定して、業務に必要な背景をユーザーの分析の流れに組み込んでいます。そのため、より多くのデータが統合され、組織内で幅広く利用できるようになると、従業員はデータの品質や、ポリシーガイドラインの範囲内で使用する方法を理解できるようになります。これは、データリテラシーが重要となる分野です。少なくとも、ユーザーはデータ指標を解釈して、信頼性の高い関連データを識別することを学習します。データユーザーが自分自身のデータスチュワードになることで、IT 部門の負担が軽減され、意思決定の際に、責任ある方法でデータを使用できるようになります。適切なスキルを持つ先進的なユーザーについては、セルフサービスのデータ準備に参加したり、組織が採用する新しいデータソースを認証したりできます。または、データ整理のプロセスで、業務に必要な背景をメタデータとして組み込むこともできます。

IT 部門と企業は、機能と責任の境界を明確にしないことで、新しい協力体制と調和を実現できるようになりました。IT 部門と企業は、データ環境の可視性、発見しやすさ、信頼性を高める取り組みを共同で行うことができるため、ビジネスユーザーと目的に配慮した独自のアプローチを導入することで、さらに広範なデータ管理の取り組みを成功させることができるでしょう。これはまた、組織が最も広範な価値を持つデータ資産を特定して、優先順位を付けられるほか、管理対象のデータと分析を大規模にサポートできることを意味します。

組織はデータ管理への参加を拡大して、データドリブンな意思決定を大規模にサポート

データの現状について考えたことはありますか?どこに保存されているのか、誰が使用しているのか、どれくらいの頻度で使用されているのかをご存知ですか? 組織内の従業員は、意思決定に使用するのに適切なデータと、そのデータへのアクセス方法を把握していますか?

データドリブンなリーダーは、分散されたデータパイプラインを統合する新しいソリューションで組織を差別化しています。データテクノロジー内ですでに起こっている進化とともに、企業全体でデータの準備、整理、共有を行う方法において、役割とプロセスは変化しています。IT は『ゴーストバスターズ』の作品に倣うことも必要です。奨励されてはいませんが、危険を冒すことで、最も恐ろしい最大の問題を解決できる場合があります。この場合、組織はデータ管理に関する IT と企業の責任の境界を明確にしないことで、部署の境界に制限されなくなり、大規模な企業規模のデータ統合が可能になり、組織全体の従業員が適切なデータを適切なタイミングで活用できるようになります。

このようなデータ統合の課題を解決することは、社内および社外のコンプライアンスを維持するとともに、組織が企業の全体像を把握して、顧客への理解を深め、新たなビジネスチャンスを特定する上で必要不可欠です。 多くの組織は、組織全体に最も利益をもたらすデータを特定、準備、管理して、幅広く利用できるように取り組んでいます。また、成功している分野では、データ管理の変化が起こっています。これは、テクノロジーから始まります。

ソリューションプロバイダーは、IT 部門を念頭に置くだけでなく、幅広いユーザーにデータ管理機能を導入するようになっています。また、ビジネスユーザーのワークフロー (分析プラットフォームを含む) に機能が組み込まれるにつれて、従業員は従来 IT 部門が負っていたデータ管理の責任において、より能動的な役割を担うようになります。これは、ビジネスインテリジェンスにおけるセルフサービスの進化において、自然な次のステップです。組織はデータアクセスの拡大から始めて、詳細な調査と新しいタイプのユーザーを通じて、分析コンテンツを作成できるようにしました。現在、一部のビジネスユーザーは、データ自体に関与することができます。IT 部門はこれらの各段階で、ビジネスユーザーが負担を軽減できるように、ガバナンスとセルフサービスのバランスを取る方法を習得しました。企業全体で導入を拡大するにつれて、このような危険を冒すことも、データと分析の管理にとって重要です。

セルフサービスのデータ準備は、この進化をよく表しています。分析ワークフローに統合される最新のツールを利用して、従来の抽出、変換、読み込みプロセスのさまざまな側面が、セルフサービスで実行できるようになりました。これにより、即時にデータを見つけられるだけでなく、組織全体に拡張される前に、新しい使用事例をテストするための出発点として機能させることができます。まさに、Win-Win の関係です。企業はデータ管理における管轄権を拡大できるため、(従来の) 長い開発ライフサイクルを短縮できます。また、IT 部門は、最も適任である、高度に専門化された業務を引き受けることができます。

このような進化の例は他にも、データカタログが挙げられます。これは、データソース、コンテンツ、ユーザー間の関係を追跡しながら、データを定義して認定する上で役立つ、データ資産のインベントリです。データを統合して管理するにあたって、説明責任が分散している組織では、社内のデータ資産の現状を把握できる主要なツールとして、カタログは重要な役割を果たします。カタログを用いることで、さらに簡単にデータを見つけて利用拡大して、その関連性と新しさを把握し、特定の資産を使用しているユーザーを監視できます。

最新のカタログでは、これらの貴重な情報を特定して、業務に必要な背景をユーザーの分析の流れに組み込んでいます。そのため、より多くのデータが統合され、組織内で幅広く利用できるようになると、従業員はデータの品質や、ポリシーガイドラインの範囲内で使用する方法を理解できるようになります。これは、データリテラシーが重要となる分野です。少なくとも、ユーザーはデータ指標を解釈して、信頼性の高い関連データを識別することを学習します。データユーザーが自分自身のデータスチュワードになることで、IT 部門の負担が軽減され、意思決定の際に、責任ある方法でデータを使用できるようになります。適切なスキルを持つ先進的なユーザーについては、セルフサービスのデータ準備に参加したり、組織が採用する新しいデータソースを認証したりできます。または、データ整理のプロセスで、業務に必要な背景をメタデータとして組み込むこともできます。

IT 部門と企業は、機能と責任の境界を明確にしないことで、新しい協力体制と調和を実現できるようになりました。IT 部門と企業は、データ環境の可視性、発見しやすさ、信頼性を高める取り組みを共同で行うことができるため、ビジネスユーザーと目的に配慮した独自のアプローチを導入することで、さらに広範なデータ管理の取り組みを成功させることができるでしょう。これはまた、組織が最も広範な価値を持つデータ資産を特定して、優先順位を付けられるほか、管理対象のデータと分析を大規模にサポートできることを意味します。

組織はデータ管理への参加を拡大して、データドリブンな意思決定を大規模にサポート

データの現状について考えたことはありますか?どこに保存されているのか、誰が使用しているのか、どれくらいの頻度で使用されているのかをご存知ですか? 組織内の従業員は、意思決定に使用するのに適切なデータと、そのデータへのアクセス方法を把握していますか?

データドリブンなリーダーは、分散されたデータパイプラインを統合する新しいソリューションで組織を差別化しています。データテクノロジー内ですでに起こっている進化とともに、企業全体でデータの準備、整理、共有を行う方法において、役割とプロセスは変化しています。IT は『ゴーストバスターズ』の作品に倣うことも必要です。奨励されてはいませんが、危険を冒すことで、最も恐ろしい最大の問題を解決できる場合があります。この場合、組織はデータ管理に関する IT と企業の責任の境界を明確にしないことで、部署の境界に制限されなくなり、大規模な企業規模のデータ統合が可能になり、組織全体の従業員が適切なデータを適切なタイミングで活用できるようになります。

このようなデータ統合の課題を解決することは、社内および社外のコンプライアンスを維持するとともに、組織が企業の全体像を把握して、顧客への理解を深め、新たなビジネスチャンスを特定する上で必要不可欠です。 多くの組織は、組織全体に最も利益をもたらすデータを特定、準備、管理して、幅広く利用できるように取り組んでいます。また、成功している分野では、データ管理の変化が起こっています。これは、テクノロジーから始まります。

ソリューションプロバイダーは、IT 部門を念頭に置くだけでなく、幅広いユーザーにデータ管理機能を導入するようになっています。また、ビジネスユーザーのワークフロー (分析プラットフォームを含む) に機能が組み込まれるにつれて、従業員は従来 IT 部門が負っていたデータ管理の責任において、より能動的な役割を担うようになります。これは、ビジネスインテリジェンスにおけるセルフサービスの進化において、自然な次のステップです。組織はデータアクセスの拡大から始めて、詳細な調査と新しいタイプのユーザーを通じて、分析コンテンツを作成できるようにしました。現在、一部のビジネスユーザーは、データ自体に関与することができます。IT 部門はこれらの各段階で、ビジネスユーザーが負担を軽減できるように、ガバナンスとセルフサービスのバランスを取る方法を習得しました。企業全体で導入を拡大するにつれて、このような危険を冒すことも、データと分析の管理にとって重要です。

セルフサービスのデータ準備は、この進化をよく表しています。分析ワークフローに統合される最新のツールを利用して、従来の抽出、変換、読み込みプロセスのさまざまな側面が、セルフサービスで実行できるようになりました。これにより、即時にデータを見つけられるだけでなく、組織全体に拡張される前に、新しい使用事例をテストするための出発点として機能させることができます。まさに、Win-Win の関係です。企業はデータ管理における管轄権を拡大できるため、(従来の) 長い開発ライフサイクルを短縮できます。また、IT 部門は、最も適任である、高度に専門化された業務を引き受けることができます。

このような進化の例は他にも、データカタログが挙げられます。これは、データソース、コンテンツ、ユーザー間の関係を追跡しながら、データを定義して認定する上で役立つ、データ資産のインベントリです。データを統合して管理するにあたって、説明責任が分散している組織では、社内のデータ資産の現状を把握できる主要なツールとして、カタログは重要な役割を果たします。カタログを用いることで、さらに簡単にデータを見つけて利用拡大して、その関連性と新しさを把握し、特定の資産を使用しているユーザーを監視できます。

最新のカタログでは、これらの貴重な情報を特定して、業務に必要な背景をユーザーの分析の流れに組み込んでいます。そのため、より多くのデータが統合され、組織内で幅広く利用できるようになると、従業員はデータの品質や、ポリシーガイドラインの範囲内で使用する方法を理解できるようになります。これは、データリテラシーが重要となる分野です。少なくとも、ユーザーはデータ指標を解釈して、信頼性の高い関連データを識別することを学習します。データユーザーが自分自身のデータスチュワードになることで、IT 部門の負担が軽減され、意思決定の際に、責任ある方法でデータを使用できるようになります。適切なスキルを持つ先進的なユーザーについては、セルフサービスのデータ準備に参加したり、組織が採用する新しいデータソースを認証したりできます。または、データ整理のプロセスで、業務に必要な背景をメタデータとして組み込むこともできます。

IT 部門と企業は、機能と責任の境界を明確にしないことで、新しい協力体制と調和を実現できるようになりました。IT 部門と企業は、データ環境の可視性、発見しやすさ、信頼性を高める取り組みを共同で行うことができるため、ビジネスユーザーと目的に配慮した独自のアプローチを導入することで、さらに広範なデータ管理の取り組みを成功させることができるでしょう。これはまた、組織が最も広範な価値を持つデータ資産を特定して、優先順位を付けられるほか、管理対象のデータと分析を大規模にサポートできることを意味します。

組織はデータ管理への参加を拡大して、データドリブンな意思決定を大規模にサポート

データの現状について考えたことはありますか?どこに保存されているのか、誰が使用しているのか、どれくらいの頻度で使用されているのかをご存知ですか? 組織内の従業員は、意思決定に使用するのに適切なデータと、そのデータへのアクセス方法を把握していますか?

データドリブンなリーダーは、分散されたデータパイプラインを統合する新しいソリューションで組織を差別化しています。データテクノロジー内ですでに起こっている進化とともに、企業全体でデータの準備、整理、共有を行う方法において、役割とプロセスは変化しています。IT は『ゴーストバスターズ』の作品に倣うことも必要です。奨励されてはいませんが、危険を冒すことで、最も恐ろしい最大の問題を解決できる場合があります。この場合、組織はデータ管理に関する IT と企業の責任の境界を明確にしないことで、部署の境界に制限されなくなり、大規模な企業規模のデータ統合が可能になり、組織全体の従業員が適切なデータを適切なタイミングで活用できるようになります。

このようなデータ統合の課題を解決することは、社内および社外のコンプライアンスを維持するとともに、組織が企業の全体像を把握して、顧客への理解を深め、新たなビジネスチャンスを特定する上で必要不可欠です。 多くの組織は、組織全体に最も利益をもたらすデータを特定、準備、管理して、幅広く利用できるように取り組んでいます。また、成功している分野では、データ管理の変化が起こっています。これは、テクノロジーから始まります。

ソリューションプロバイダーは、IT 部門を念頭に置くだけでなく、幅広いユーザーにデータ管理機能を導入するようになっています。また、ビジネスユーザーのワークフロー (分析プラットフォームを含む) に機能が組み込まれるにつれて、従業員は従来 IT 部門が負っていたデータ管理の責任において、より能動的な役割を担うようになります。これは、ビジネスインテリジェンスにおけるセルフサービスの進化において、自然な次のステップです。組織はデータアクセスの拡大から始めて、詳細な調査と新しいタイプのユーザーを通じて、分析コンテンツを作成できるようにしました。現在、一部のビジネスユーザーは、データ自体に関与することができます。IT 部門はこれらの各段階で、ビジネスユーザーが負担を軽減できるように、ガバナンスとセルフサービスのバランスを取る方法を習得しました。企業全体で導入を拡大するにつれて、このような危険を冒すことも、データと分析の管理にとって重要です。

セルフサービスのデータ準備は、この進化をよく表しています。分析ワークフローに統合される最新のツールを利用して、従来の抽出、変換、読み込みプロセスのさまざまな側面が、セルフサービスで実行できるようになりました。これにより、即時にデータを見つけられるだけでなく、組織全体に拡張される前に、新しい使用事例をテストするための出発点として機能させることができます。まさに、Win-Win の関係です。企業はデータ管理における管轄権を拡大できるため、(従来の) 長い開発ライフサイクルを短縮できます。また、IT 部門は、最も適任である、高度に専門化された業務を引き受けることができます。

このような進化の例は他にも、データカタログが挙げられます。これは、データソース、コンテンツ、ユーザー間の関係を追跡しながら、データを定義して認定する上で役立つ、データ資産のインベントリです。データを統合して管理するにあたって、説明責任が分散している組織では、社内のデータ資産の現状を把握できる主要なツールとして、カタログは重要な役割を果たします。カタログを用いることで、さらに簡単にデータを見つけて利用拡大して、その関連性と新しさを把握し、特定の資産を使用しているユーザーを監視できます。

最新のカタログでは、これらの貴重な情報を特定して、業務に必要な背景をユーザーの分析の流れに組み込んでいます。そのため、より多くのデータが統合され、組織内で幅広く利用できるようになると、従業員はデータの品質や、ポリシーガイドラインの範囲内で使用する方法を理解できるようになります。これは、データリテラシーが重要となる分野です。少なくとも、ユーザーはデータ指標を解釈して、信頼性の高い関連データを識別することを学習します。データユーザーが自分自身のデータスチュワードになることで、IT 部門の負担が軽減され、意思決定の際に、責任ある方法でデータを使用できるようになります。適切なスキルを持つ先進的なユーザーについては、セルフサービスのデータ準備に参加したり、組織が採用する新しいデータソースを認証したりできます。または、データ整理のプロセスで、業務に必要な背景をメタデータとして組み込むこともできます。

IT 部門と企業は、機能と責任の境界を明確にしないことで、新しい協力体制と調和を実現できるようになりました。IT 部門と企業は、データ環境の可視性、発見しやすさ、信頼性を高める取り組みを共同で行うことができるため、ビジネスユーザーと目的に配慮した独自のアプローチを導入することで、さらに広範なデータ管理の取り組みを成功させることができるでしょう。これはまた、組織が最も広範な価値を持つデータ資産を特定して、優先順位を付けられるほか、管理対象のデータと分析を大規模にサポートできることを意味します。

組織はデータ管理への参加を拡大して、データドリブンな意思決定を大規模にサポート

データの現状について考えたことはありますか?どこに保存されているのか、誰が使用しているのか、どれくらいの頻度で使用されているのかをご存知ですか? 組織内の従業員は、意思決定に使用するのに適切なデータと、そのデータへのアクセス方法を把握していますか?

データドリブンなリーダーは、分散されたデータパイプラインを統合する新しいソリューションで組織を差別化しています。データテクノロジー内ですでに起こっている進化とともに、企業全体でデータの準備、整理、共有を行う方法において、役割とプロセスは変化しています。IT は『ゴーストバスターズ』の作品に倣うことも必要です。奨励されてはいませんが、危険を冒すことで、最も恐ろしい最大の問題を解決できる場合があります。この場合、組織はデータ管理に関する IT と企業の責任の境界を明確にしないことで、部署の境界に制限されなくなり、大規模な企業規模のデータ統合が可能になり、組織全体の従業員が適切なデータを適切なタイミングで活用できるようになります。

このようなデータ統合の課題を解決することは、社内および社外のコンプライアンスを維持するとともに、組織が企業の全体像を把握して、顧客への理解を深め、新たなビジネスチャンスを特定する上で必要不可欠です。 多くの組織は、組織全体に最も利益をもたらすデータを特定、準備、管理して、幅広く利用できるように取り組んでいます。また、成功している分野では、データ管理の変化が起こっています。これは、テクノロジーから始まります。

ソリューションプロバイダーは、IT 部門を念頭に置くだけでなく、幅広いユーザーにデータ管理機能を導入するようになっています。また、ビジネスユーザーのワークフロー (分析プラットフォームを含む) に機能が組み込まれるにつれて、従業員は従来 IT 部門が負っていたデータ管理の責任において、より能動的な役割を担うようになります。これは、ビジネスインテリジェンスにおけるセルフサービスの進化において、自然な次のステップです。組織はデータアクセスの拡大から始めて、詳細な調査と新しいタイプのユーザーを通じて、分析コンテンツを作成できるようにしました。現在、一部のビジネスユーザーは、データ自体に関与することができます。IT 部門はこれらの各段階で、ビジネスユーザーが負担を軽減できるように、ガバナンスとセルフサービスのバランスを取る方法を習得しました。企業全体で導入を拡大するにつれて、このような危険を冒すことも、データと分析の管理にとって重要です。

セルフサービスのデータ準備は、この進化をよく表しています。分析ワークフローに統合される最新のツールを利用して、従来の抽出、変換、読み込みプロセスのさまざまな側面が、セルフサービスで実行できるようになりました。これにより、即時にデータを見つけられるだけでなく、組織全体に拡張される前に、新しい使用事例をテストするための出発点として機能させることができます。まさに、Win-Win の関係です。企業はデータ管理における管轄権を拡大できるため、(従来の) 長い開発ライフサイクルを短縮できます。また、IT 部門は、最も適任である、高度に専門化された業務を引き受けることができます。

このような進化の例は他にも、データカタログが挙げられます。これは、データソース、コンテンツ、ユーザー間の関係を追跡しながら、データを定義して認定する上で役立つ、データ資産のインベントリです。データを統合して管理するにあたって、説明責任が分散している組織では、社内のデータ資産の現状を把握できる主要なツールとして、カタログは重要な役割を果たします。カタログを用いることで、さらに簡単にデータを見つけて利用拡大して、その関連性と新しさを把握し、特定の資産を使用しているユーザーを監視できます。

最新のカタログでは、これらの貴重な情報を特定して、業務に必要な背景をユーザーの分析の流れに組み込んでいます。そのため、より多くのデータが統合され、組織内で幅広く利用できるようになると、従業員はデータの品質や、ポリシーガイドラインの範囲内で使用する方法を理解できるようになります。これは、データリテラシーが重要となる分野です。少なくとも、ユーザーはデータ指標を解釈して、信頼性の高い関連データを識別することを学習します。データユーザーが自分自身のデータスチュワードになることで、IT 部門の負担が軽減され、意思決定の際に、責任ある方法でデータを使用できるようになります。適切なスキルを持つ先進的なユーザーについては、セルフサービスのデータ準備に参加したり、組織が採用する新しいデータソースを認証したりできます。または、データ整理のプロセスで、業務に必要な背景をメタデータとして組み込むこともできます。

IT 部門と企業は、機能と責任の境界を明確にしないことで、新しい協力体制と調和を実現できるようになりました。IT 部門と企業は、データ環境の可視性、発見しやすさ、信頼性を高める取り組みを共同で行うことができるため、ビジネスユーザーと目的に配慮した独自のアプローチを導入することで、さらに広範なデータ管理の取り組みを成功させることができるでしょう。これはまた、組織が最も広範な価値を持つデータ資産を特定して、優先順位を付けられるほか、管理対象のデータと分析を大規模にサポートできることを意味します。

組織はデータ管理への参加を拡大して、データドリブンな意思決定を大規模にサポート

データの現状について考えたことはありますか?どこに保存されているのか、誰が使用しているのか、どれくらいの頻度で使用されているのかをご存知ですか? 組織内の従業員は、意思決定に使用するのに適切なデータと、そのデータへのアクセス方法を把握していますか?

データドリブンなリーダーは、分散されたデータパイプラインを統合する新しいソリューションで組織を差別化しています。データテクノロジー内ですでに起こっている進化とともに、企業全体でデータの準備、整理、共有を行う方法において、役割とプロセスは変化しています。IT は『ゴーストバスターズ』の作品に倣うことも必要です。奨励されてはいませんが、危険を冒すことで、最も恐ろしい最大の問題を解決できる場合があります。この場合、組織はデータ管理に関する IT と企業の責任の境界を明確にしないことで、部署の境界に制限されなくなり、大規模な企業規模のデータ統合が可能になり、組織全体の従業員が適切なデータを適切なタイミングで活用できるようになります。

このようなデータ統合の課題を解決することは、社内および社外のコンプライアンスを維持するとともに、組織が企業の全体像を把握して、顧客への理解を深め、新たなビジネスチャンスを特定する上で必要不可欠です。 多くの組織は、組織全体に最も利益をもたらすデータを特定、準備、管理して、幅広く利用できるように取り組んでいます。また、成功している分野では、データ管理の変化が起こっています。これは、テクノロジーから始まります。

ソリューションプロバイダーは、IT 部門を念頭に置くだけでなく、幅広いユーザーにデータ管理機能を導入するようになっています。また、ビジネスユーザーのワークフロー (分析プラットフォームを含む) に機能が組み込まれるにつれて、従業員は従来 IT 部門が負っていたデータ管理の責任において、より能動的な役割を担うようになります。これは、ビジネスインテリジェンスにおけるセルフサービスの進化において、自然な次のステップです。組織はデータアクセスの拡大から始めて、詳細な調査と新しいタイプのユーザーを通じて、分析コンテンツを作成できるようにしました。現在、一部のビジネスユーザーは、データ自体に関与することができます。IT 部門はこれらの各段階で、ビジネスユーザーが負担を軽減できるように、ガバナンスとセルフサービスのバランスを取る方法を習得しました。企業全体で導入を拡大するにつれて、このような危険を冒すことも、データと分析の管理にとって重要です。

セルフサービスのデータ準備は、この進化をよく表しています。分析ワークフローに統合される最新のツールを利用して、従来の抽出、変換、読み込みプロセスのさまざまな側面が、セルフサービスで実行できるようになりました。これにより、即時にデータを見つけられるだけでなく、組織全体に拡張される前に、新しい使用事例をテストするための出発点として機能させることができます。まさに、Win-Win の関係です。企業はデータ管理における管轄権を拡大できるため、(従来の) 長い開発ライフサイクルを短縮できます。また、IT 部門は、最も適任である、高度に専門化された業務を引き受けることができます。

このような進化の例は他にも、データカタログが挙げられます。これは、データソース、コンテンツ、ユーザー間の関係を追跡しながら、データを定義して認定する上で役立つ、データ資産のインベントリです。データを統合して管理するにあたって、説明責任が分散している組織では、社内のデータ資産の現状を把握できる主要なツールとして、カタログは重要な役割を果たします。カタログを用いることで、さらに簡単にデータを見つけて利用拡大して、その関連性と新しさを把握し、特定の資産を使用しているユーザーを監視できます。

最新のカタログでは、これらの貴重な情報を特定して、業務に必要な背景をユーザーの分析の流れに組み込んでいます。そのため、より多くのデータが統合され、組織内で幅広く利用できるようになると、従業員はデータの品質や、ポリシーガイドラインの範囲内で使用する方法を理解できるようになります。これは、データリテラシーが重要となる分野です。少なくとも、ユーザーはデータ指標を解釈して、信頼性の高い関連データを識別することを学習します。データユーザーが自分自身のデータスチュワードになることで、IT 部門の負担が軽減され、意思決定の際に、責任ある方法でデータを使用できるようになります。適切なスキルを持つ先進的なユーザーについては、セルフサービスのデータ準備に参加したり、組織が採用する新しいデータソースを認証したりできます。または、データ整理のプロセスで、業務に必要な背景をメタデータとして組み込むこともできます。

IT 部門と企業は、機能と責任の境界を明確にしないことで、新しい協力体制と調和を実現できるようになりました。IT 部門と企業は、データ環境の可視性、発見しやすさ、信頼性を高める取り組みを共同で行うことができるため、ビジネスユーザーと目的に配慮した独自のアプローチを導入することで、さらに広範なデータ管理の取り組みを成功させることができるでしょう。これはまた、組織が最も広範な価値を持つデータ資産を特定して、優先順位を付けられるほか、管理対象のデータと分析を大規模にサポートできることを意味します。

組織はデータ管理への参加を拡大して、データドリブンな意思決定を大規模にサポート

データの現状について考えたことはありますか?どこに保存されているのか、誰が使用しているのか、どれくらいの頻度で使用されているのかをご存知ですか? 組織内の従業員は、意思決定に使用するのに適切なデータと、そのデータへのアクセス方法を把握していますか?

データドリブンなリーダーは、分散されたデータパイプラインを統合する新しいソリューションで組織を差別化しています。データテクノロジー内ですでに起こっている進化とともに、企業全体でデータの準備、整理、共有を行う方法において、役割とプロセスは変化しています。IT は『ゴーストバスターズ』の作品に倣うことも必要です。奨励されてはいませんが、危険を冒すことで、最も恐ろしい最大の問題を解決できる場合があります。この場合、組織はデータ管理に関する IT と企業の責任の境界を明確にしないことで、部署の境界に制限されなくなり、大規模な企業規模のデータ統合が可能になり、組織全体の従業員が適切なデータを適切なタイミングで活用できるようになります。

このようなデータ統合の課題を解決することは、社内および社外のコンプライアンスを維持するとともに、組織が企業の全体像を把握して、顧客への理解を深め、新たなビジネスチャンスを特定する上で必要不可欠です。 多くの組織は、組織全体に最も利益をもたらすデータを特定、準備、管理して、幅広く利用できるように取り組んでいます。また、成功している分野では、データ管理の変化が起こっています。これは、テクノロジーから始まります。

ソリューションプロバイダーは、IT 部門を念頭に置くだけでなく、幅広いユーザーにデータ管理機能を導入するようになっています。また、ビジネスユーザーのワークフロー (分析プラットフォームを含む) に機能が組み込まれるにつれて、従業員は従来 IT 部門が負っていたデータ管理の責任において、より能動的な役割を担うようになります。これは、ビジネスインテリジェンスにおけるセルフサービスの進化において、自然な次のステップです。組織はデータアクセスの拡大から始めて、詳細な調査と新しいタイプのユーザーを通じて、分析コンテンツを作成できるようにしました。現在、一部のビジネスユーザーは、データ自体に関与することができます。IT 部門はこれらの各段階で、ビジネスユーザーが負担を軽減できるように、ガバナンスとセルフサービスのバランスを取る方法を習得しました。企業全体で導入を拡大するにつれて、このような危険を冒すことも、データと分析の管理にとって重要です。

セルフサービスのデータ準備は、この進化をよく表しています。分析ワークフローに統合される最新のツールを利用して、従来の抽出、変換、読み込みプロセスのさまざまな側面が、セルフサービスで実行できるようになりました。これにより、即時にデータを見つけられるだけでなく、組織全体に拡張される前に、新しい使用事例をテストするための出発点として機能させることができます。まさに、Win-Win の関係です。企業はデータ管理における管轄権を拡大できるため、(従来の) 長い開発ライフサイクルを短縮できます。また、IT 部門は、最も適任である、高度に専門化された業務を引き受けることができます。

このような進化の例は他にも、データカタログが挙げられます。これは、データソース、コンテンツ、ユーザー間の関係を追跡しながら、データを定義して認定する上で役立つ、データ資産のインベントリです。データを統合して管理するにあたって、説明責任が分散している組織では、社内のデータ資産の現状を把握できる主要なツールとして、カタログは重要な役割を果たします。カタログを用いることで、さらに簡単にデータを見つけて利用拡大して、その関連性と新しさを把握し、特定の資産を使用しているユーザーを監視できます。

最新のカタログでは、これらの貴重な情報を特定して、業務に必要な背景をユーザーの分析の流れに組み込んでいます。そのため、より多くのデータが統合され、組織内で幅広く利用できるようになると、従業員はデータの品質や、ポリシーガイドラインの範囲内で使用する方法を理解できるようになります。これは、データリテラシーが重要となる分野です。少なくとも、ユーザーはデータ指標を解釈して、信頼性の高い関連データを識別することを学習します。データユーザーが自分自身のデータスチュワードになることで、IT 部門の負担が軽減され、意思決定の際に、責任ある方法でデータを使用できるようになります。適切なスキルを持つ先進的なユーザーについては、セルフサービスのデータ準備に参加したり、組織が採用する新しいデータソースを認証したりできます。または、データ整理のプロセスで、業務に必要な背景をメタデータとして組み込むこともできます。

IT 部門と企業は、機能と責任の境界を明確にしないことで、新しい協力体制と調和を実現できるようになりました。IT 部門と企業は、データ環境の可視性、発見しやすさ、信頼性を高める取り組みを共同で行うことができるため、ビジネスユーザーと目的に配慮した独自のアプローチを導入することで、さらに広範なデータ管理の取り組みを成功させることができるでしょう。これはまた、組織が最も広範な価値を持つデータ資産を特定して、優先順位を付けられるほか、管理対象のデータと分析を大規模にサポートできることを意味します。

組織はデータ管理への参加を拡大して、データドリブンな意思決定を大規模にサポート

データの現状について考えたことはありますか?どこに保存されているのか、誰が使用しているのか、どれくらいの頻度で使用されているのかをご存知ですか? 組織内の従業員は、意思決定に使用するのに適切なデータと、そのデータへのアクセス方法を把握していますか?

データドリブンなリーダーは、分散されたデータパイプラインを統合する新しいソリューションで組織を差別化しています。データテクノロジー内ですでに起こっている進化とともに、企業全体でデータの準備、整理、共有を行う方法において、役割とプロセスは変化しています。IT は『ゴーストバスターズ』の作品に倣うことも必要です。奨励されてはいませんが、危険を冒すことで、最も恐ろしい最大の問題を解決できる場合があります。この場合、組織はデータ管理に関する IT と企業の責任の境界を明確にしないことで、部署の境界に制限されなくなり、大規模な企業規模のデータ統合が可能になり、組織全体の従業員が適切なデータを適切なタイミングで活用できるようになります。

このようなデータ統合の課題を解決することは、社内および社外のコンプライアンスを維持するとともに、組織が企業の全体像を把握して、顧客への理解を深め、新たなビジネスチャンスを特定する上で必要不可欠です。 多くの組織は、組織全体に最も利益をもたらすデータを特定、準備、管理して、幅広く利用できるように取り組んでいます。また、成功している分野では、データ管理の変化が起こっています。これは、テクノロジーから始まります。

ソリューションプロバイダーは、IT 部門を念頭に置くだけでなく、幅広いユーザーにデータ管理機能を導入するようになっています。また、ビジネスユーザーのワークフロー (分析プラットフォームを含む) に機能が組み込まれるにつれて、従業員は従来 IT 部門が負っていたデータ管理の責任において、より能動的な役割を担うようになります。これは、ビジネスインテリジェンスにおけるセルフサービスの進化において、自然な次のステップです。組織はデータアクセスの拡大から始めて、詳細な調査と新しいタイプのユーザーを通じて、分析コンテンツを作成できるようにしました。現在、一部のビジネスユーザーは、データ自体に関与することができます。IT 部門はこれらの各段階で、ビジネスユーザーが負担を軽減できるように、ガバナンスとセルフサービスのバランスを取る方法を習得しました。企業全体で導入を拡大するにつれて、このような危険を冒すことも、データと分析の管理にとって重要です。

セルフサービスのデータ準備は、この進化をよく表しています。分析ワークフローに統合される最新のツールを利用して、従来の抽出、変換、読み込みプロセスのさまざまな側面が、セルフサービスで実行できるようになりました。これにより、即時にデータを見つけられるだけでなく、組織全体に拡張される前に、新しい使用事例をテストするための出発点として機能させることができます。まさに、Win-Win の関係です。企業はデータ管理における管轄権を拡大できるため、(従来の) 長い開発ライフサイクルを短縮できます。また、IT 部門は、最も適任である、高度に専門化された業務を引き受けることができます。

このような進化の例は他にも、データカタログが挙げられます。これは、データソース、コンテンツ、ユーザー間の関係を追跡しながら、データを定義して認定する上で役立つ、データ資産のインベントリです。データを統合して管理するにあたって、説明責任が分散している組織では、社内のデータ資産の現状を把握できる主要なツールとして、カタログは重要な役割を果たします。カタログを用いることで、さらに簡単にデータを見つけて利用拡大して、その関連性と新しさを把握し、特定の資産を使用しているユーザーを監視できます。

最新のカタログでは、これらの貴重な情報を特定して、業務に必要な背景をユーザーの分析の流れに組み込んでいます。そのため、より多くのデータが統合され、組織内で幅広く利用できるようになると、従業員はデータの品質や、ポリシーガイドラインの範囲内で使用する方法を理解できるようになります。これは、データリテラシーが重要となる分野です。少なくとも、ユーザーはデータ指標を解釈して、信頼性の高い関連データを識別することを学習します。データユーザーが自分自身のデータスチュワードになることで、IT 部門の負担が軽減され、意思決定の際に、責任ある方法でデータを使用できるようになります。適切なスキルを持つ先進的なユーザーについては、セルフサービスのデータ準備に参加したり、組織が採用する新しいデータソースを認証したりできます。または、データ整理のプロセスで、業務に必要な背景をメタデータとして組み込むこともできます。

IT 部門と企業は、機能と責任の境界を明確にしないことで、新しい協力体制と調和を実現できるようになりました。IT 部門と企業は、データ環境の可視性、発見しやすさ、信頼性を高める取り組みを共同で行うことができるため、ビジネスユーザーと目的に配慮した独自のアプローチを導入することで、さらに広範なデータ管理の取り組みを成功させることができるでしょう。これはまた、組織が最も広範な価値を持つデータ資産を特定して、優先順位を付けられるほか、管理対象のデータと分析を大規模にサポートできることを意味します。

組織はデータ管理への参加を拡大して、データドリブンな意思決定を大規模にサポート

データの現状について考えたことはありますか?どこに保存されているのか、誰が使用しているのか、どれくらいの頻度で使用されているのかをご存知ですか? 組織内の従業員は、意思決定に使用するのに適切なデータと、そのデータへのアクセス方法を把握していますか?

データドリブンなリーダーは、分散されたデータパイプラインを統合する新しいソリューションで組織を差別化しています。データテクノロジー内ですでに起こっている進化とともに、企業全体でデータの準備、整理、共有を行う方法において、役割とプロセスは変化しています。IT は『ゴーストバスターズ』の作品に倣うことも必要です。奨励されてはいませんが、危険を冒すことで、最も恐ろしい最大の問題を解決できる場合があります。この場合、組織はデータ管理に関する IT と企業の責任の境界を明確にしないことで、部署の境界に制限されなくなり、大規模な企業規模のデータ統合が可能になり、組織全体の従業員が適切なデータを適切なタイミングで活用できるようになります。

このようなデータ統合の課題を解決することは、社内および社外のコンプライアンスを維持するとともに、組織が企業の全体像を把握して、顧客への理解を深め、新たなビジネスチャンスを特定する上で必要不可欠です。 多くの組織は、組織全体に最も利益をもたらすデータを特定、準備、管理して、幅広く利用できるように取り組んでいます。また、成功している分野では、データ管理の変化が起こっています。これは、テクノロジーから始まります。

ソリューションプロバイダーは、IT 部門を念頭に置くだけでなく、幅広いユーザーにデータ管理機能を導入するようになっています。また、ビジネスユーザーのワークフロー (分析プラットフォームを含む) に機能が組み込まれるにつれて、従業員は従来 IT 部門が負っていたデータ管理の責任において、より能動的な役割を担うようになります。これは、ビジネスインテリジェンスにおけるセルフサービスの進化において、自然な次のステップです。組織はデータアクセスの拡大から始めて、詳細な調査と新しいタイプのユーザーを通じて、分析コンテンツを作成できるようにしました。現在、一部のビジネスユーザーは、データ自体に関与することができます。IT 部門はこれらの各段階で、ビジネスユーザーが負担を軽減できるように、ガバナンスとセルフサービスのバランスを取る方法を習得しました。企業全体で導入を拡大するにつれて、このような危険を冒すことも、データと分析の管理にとって重要です。

セルフサービスのデータ準備は、この進化をよく表しています。分析ワークフローに統合される最新のツールを利用して、従来の抽出、変換、読み込みプロセスのさまざまな側面が、セルフサービスで実行できるようになりました。これにより、即時にデータを見つけられるだけでなく、組織全体に拡張される前に、新しい使用事例をテストするための出発点として機能させることができます。まさに、Win-Win の関係です。企業はデータ管理における管轄権を拡大できるため、(従来の) 長い開発ライフサイクルを短縮できます。また、IT 部門は、最も適任である、高度に専門化された業務を引き受けることができます。

このような進化の例は他にも、データカタログが挙げられます。これは、データソース、コンテンツ、ユーザー間の関係を追跡しながら、データを定義して認定する上で役立つ、データ資産のインベントリです。データを統合して管理するにあたって、説明責任が分散している組織では、社内のデータ資産の現状を把握できる主要なツールとして、カタログは重要な役割を果たします。カタログを用いることで、さらに簡単にデータを見つけて利用拡大して、その関連性と新しさを把握し、特定の資産を使用しているユーザーを監視できます。

最新のカタログでは、これらの貴重な情報を特定して、業務に必要な背景をユーザーの分析の流れに組み込んでいます。そのため、より多くのデータが統合され、組織内で幅広く利用できるようになると、従業員はデータの品質や、ポリシーガイドラインの範囲内で使用する方法を理解できるようになります。これは、データリテラシーが重要となる分野です。少なくとも、ユーザーはデータ指標を解釈して、信頼性の高い関連データを識別することを学習します。データユーザーが自分自身のデータスチュワードになることで、IT 部門の負担が軽減され、意思決定の際に、責任ある方法でデータを使用できるようになります。適切なスキルを持つ先進的なユーザーについては、セルフサービスのデータ準備に参加したり、組織が採用する新しいデータソースを認証したりできます。または、データ整理のプロセスで、業務に必要な背景をメタデータとして組み込むこともできます。

IT 部門と企業は、機能と責任の境界を明確にしないことで、新しい協力体制と調和を実現できるようになりました。IT 部門と企業は、データ環境の可視性、発見しやすさ、信頼性を高める取り組みを共同で行うことができるため、ビジネスユーザーと目的に配慮した独自のアプローチを導入することで、さらに広範なデータ管理の取り組みを成功させることができるでしょう。これはまた、組織が最も広範な価値を持つデータ資産を特定して、優先順位を付けられるほか、管理対象のデータと分析を大規模にサポートできることを意味します。