あともう少しです!

フォームへの記入は約 15 秒で終わります。すでに登録している場合は、サインインしてください。

データドリブンな組織でデータカルチャーはいかにビジネスの価値を高めるか

IDC 社の調査によると、データでリードする組織は従業員エンゲージメントから財務利益に至るまで、測定可能なビジネス成果を得られています。

ホワイトペーパーを読む

真にデータドリブンになると、組織はデータの価値を最大限に引き出すことができます。あらゆるレベルと職務の誰もがデータカルチャーにより、日々データを使ってより質の高い意思決定を行えるようになります。データカルチャーでは、適切なタイミングで適切な形式のデータを必要なコンテキストとともに利用してインパクトをもたらし、ビジネス指標を向上させることが可能です。

IDC 社はこのホワイトペーパー1で、10 か国の経営幹部と管理職 1,100 名を対象にして、意思決定に対するデータの利用の仕方に影響を及ぼす特徴について調査しています。これが、「データでリード」する組織として他と一線を画し、成熟したデータカルチャーを特徴づける要素です。回答したのは、金融サービス、製造、医療、行政、小売など、世界各地のさまざまな業界の代表者であり、データでリードする組織とそれ以外の組織でどのような傾向の違いがあるかを明らかにするためのインタビューが実施されました。このホワイトペーパーをダウンロードして、データドリブンな組織でデータカルチャーがいかにビジネスの価値を高めるかについて、さらに深く掘り下げた分析結果をご覧ください。

83%

の CEO がデータドリブンな組織を希望

87%

の CXO がインテリジェントな企業であることは最優先事項だと回答

74%

が意思決定においてデータは必要だと回答

以下のインタラクティブなビジュアライゼーションは、IDC 社による世界的な調査データから作成されたものです。国や業界を選んで、どのような傾向があるのかご覧ください。

IDC 社の調査から、確固としたデータカルチャーがありデータでリードする組織は、以下のような成果を得られていることが明らかになっています。

 

  • 競争力の向上
  • より速い市場投入スピード
  • 増益
  • 従業員満足度の向上
  • その他
 

このホワイトペーパーでは、真にデータドリブンになるうえでデータカルチャーが果たす役割や、データから価値を最大限に引き出すために組織が取り入れる特徴を探り、確固としたデータカルチャーがありデータでリードする組織に共通の傾向を明らかにします。IDC 社のアドバイスを読んで、データドリブンな組織になるために確固としたデータカルチャーを構築しましょう。

 

ホワイトペーパーを読む

 

1. Tableau の後援による IDC ホワイトペーパー「データドリブンな組織でデータカルチャーはいかにビジネスの価値を高めるか」。文書番号 #US47605621、2021 年 5 月。