スプレッドシートではできない 5 つのこと


概要: 

分析に使うツールと言えば Excel、という方が多いでしょう。 スプレッドシートは確かに便利ですが、ビッグデータから真のインサイトを引き出そうと思っても、探している答えがすべて見つかるわけではありません。

スプレッドシートは、即応性が求められる高度な分析や、大量のデータの分析には適していません。 多くの場合、効率や精度、時間を犠牲にして間違った対応がされています。 現代の市場では、組み込みのチャートやグラフは最低要件にすぎず、高度な複数のビジュアライゼーションを使わなければ、データを本当に活用することはできません。

このホワイトペーパーでは、スプレッドシート以上にデータから価値を引き出すために欠かせない 5 つのポイントについて説明しています。

このホワイトペーパーの主な内容:

  • データのサイズや保存場所にかかわらず、あらゆるデータを利用する
  • データブレンディングとクリーニングで、全体像をつかむ
  • 優れたデータビジュアライゼーションを実現する、強力な 4 つの方法
  • 短時間で作成でき、インタラクティブで共有可能なダッシュボード
  • リアルタイムの最新データと自動更新

本ページではホワイトペーパーの一部をお読みいただけます。 全ページをお読みいただくには、右にあるボタンで PDF をダウンロードしてください。


ハンマーでネジは回せない

データ分析の重要性は、日々刻々と増しています。 分析に使うツールと言えば Excel、という方が多いでしょう。 Excel は確かに便利ですが、何でもできるわけではありません。 データからさまざまなインサイトを引き出さなければならないというプレッシャーが高まる中、スプレッドシートの機能だけでは必要なインサイトが得られるとは限りません。 でも、心配はありません。 他にもさまざまなツールがあるからです。

あらゆるデータを統合

組織の規模にかかわらず、膨大な量のデータが至るところにある可能性が高くなっています。 データはスプレッドシートの中だけでなく、クラウドや、オンプレミスのデータウェアハウスにも保存されています。 ビッグデータと呼ばれるのにも理由があります。 ソーシャルメディアのデータ、トランザクションデータ、顧客の記録、Web 分析などは、スプレッドシートでは適切に分析できない、急激に増え続ける情報の例です。 Excel や Google のユーザーは多くの場合、アドホック分析を実行するためにデータのサブセットを使用しなければなりません。それでも、探していた答えを垣間見ることしかできません。 実際のところ、スプレッドシートでは、100 万行のデータで壁に当たります。

スプレッドシートの限界までデータを詰め込んでいたり、複数の小さいデータセットに分割している場合には、洗練されたマクロや計算をスプレッドシートで実行しても、プログラムが停止し、長い時間待たされて残念な結果に終わることがよくあります。 省いても問題のないデータを探したり、計算式の更新に時間を割いたりするには時間がかかりすぎます。

データブレンディングとクリーニング

通常、四半期報告書には、CRM システムからエクスポートしたデータ、営業のデータベースから抽出したデータ、経理部から提出されたデータなどが盛り込まれます。 スプレッドシートを使う場合は、それぞれのデータを何時間もかけて準備し、ひとつひとつの点をつないで全体像をまとめ、プレゼンテーションに貼り付けなければなりません。

もっといい方法があります。 それは、複数のソースからデータを組み合わせる、つまりブレンドすることです。

さらに詳しく読みたい方は、 ホワイトペーパーをダウンロードしてください。

続きを読む...

こちらもご覧ください