Tableau 2024.1

Tableau Pulse、AWS Marketplace からの入手など

最新リリースをダウンロード

Animated gif of AI-generated line charts for total sales, average order value, returns, gross margin, and more

Tableau Pulse

データエクスペリエンスを一新する、Tableau プラットフォームを基盤とした Tableau Pulse により、誰もが各人と状況に合わせたインテリジェントなインサイトをワークフローの中で得られるようになります。Tableau Pulse は、組織のすべての人が日常業務にデータを取り入れて質の高い意思決定を迅速に行えるよう支援。新しいツールを学ぶ必要も詳しいビジュアライゼーションを作成する必要もなく、「どのように」や「何を」に留まらずデータの背後にある「なぜ」が見出せるようになります。

Tableau Pulse の詳細情報

Animated gif of a mobile phone screen with green and blue bar charts of sales, average order values, and more

Mobile の Tableau Pulse

オフィスから離れていても指標を調べることができます。Tableau Mobile の Tableau Pulse を利用すると、パーソナライズされたデータインサイトを調べて、重要な指標の傾向や外れ値、指標の注目すべき変化を把握することが可能です。Tableau Pulse のメールや Slack の指標が Tableau Mobile のインサイト探索ページに直接リンクされるため、インサイトには簡単にアクセスでき、ワンクリックするだけで深く掘り下げられます。

Tableau Mobile の詳細情報

AWS Marketplace の Tableau Cloud

Tableau Cloud が AWS Marketplace で入手可能になり、IT リーダーはお支払いの簡素化、調達の合理化、IT 支出の全体像把握というメリットを得ることができます。また、Tableau Cloud のすべてのサイトでデータストレージが 1 TB になりました。エンタープライズ SKU や Advanced Management のお客様の場合、データストレージは 5 TB です。

Salesforce と AWS のパートナーシップの詳細情報

関連リソースなどの詳細情報

ブログ

Tableau 2024.1 リリース

一般提供が開始された Tableau Pulse や AWS Marketplace での入手など今回のリリースの新機能をすべて取り上げた、リリース発表ブログをご覧ください。

リソース

Tableau AI と Tableau Pulse

Tableau AI と Tableau Pulse により、Tableau Cloud のデータエクスペリエンスが強化されます。詳しくご覧ください。

リソース

Tableau Pulse 入門

Tableau Pulse をすぐ使い始めてスキルアップするのに役立つリソースをご利用いただけます。

イベント

Tableau Conference

サンディエゴで開催される年間最大級のデータイベントに参加して、DataFam の一員になりましょう。データと AI の未来に備えて、分析スキルをレベルアップすることができます。

すべての機能

image

Pulse Q&A Enhancements

Unlock new ways to explore your insights by asking questions.

Pulse Q&A Enhancements

Pulse Q&A unlocks more ways to explore your insights through guided questions and through the ability to ask questions. You will now see an additional "Ask" button next to the existing guided questions which enables you to ask questions related to metrics you are investigating. Using the "Ask" feature will prompt suggested questions that match the insights you are investigating.

image

Metric Bootstrapping Enhancements

Discover Pulse metrics hidden in dashboard vizzes with smarter heuristics and more context.

Metric Bootstrapping Enhancements

Discover Tableau Pulse metrics hidden in dashboard vizzes with smarter heuristics and more context using Tableau Data Guide. Enhancements include improved heuristics to identify primary measures and dimensions in key Tableau viz types (bar, area, and line charts), recognition and inclusion of calculated fields within Published Data Source (PDS), and improved visualization of icons for measures and dimensions.

image

Mobile の Tableau Pulse

オフィスから離れていても指標のパフォーマンスを確認

Mobile の Tableau Pulse

オフィスから離れていても指標を調べることができます。Tableau Mobile の Tableau Pulse を利用すると、パーソナライズされたデータインサイトを調べて、重要な指標の傾向や外れ値、指標の注目すべき変化を把握することが可能です。Tableau Pulse のメールや Slack の指標が Tableau Mobile のインサイト探索ページに直接リンクされるため、インサイトには簡単にアクセスでき、ワンクリックするだけで深く掘り下げられます。

image

Tableau Pulse の次世代エクスペリエンス

重要なビジネス指標を見出して追跡、共有

Tableau Pulse の次世代エクスペリエンス

使いやすく直感的なインターフェイスで、重要なビジネス指標を見出して追跡、共有し、すぐにインサイトを取得しましょう。Tableau Pulse の次世代エクスペリエンスにより、Slack やメール、アプリケーションなどどのような業務環境でも理解しやすいデータインサイトが得られます。何よりも、Tableau Pulse はインサイトを先回りして提示するため、タイミングを逃さずに意思決定することができます。

image

Tableau Pulse の生成 AI

必要なとき、必要な場所でインサイトを容易に把握

Tableau Pulse の生成 AI

Tableau Pulse が活用している Tableau AI は、幅広いインサイト利用とデータ分析を誰もが簡単に行えるようにする、予測 AI と生成 AI の機能スイートです。Tableau Pulse の生成 AI で最初の機能はインサイトサマリーです。大規模言語モデル (LLM) により、ユーザーにとって重要な指標の概要がわかりやすい言葉で示されます。Tableau AI は Einstein Trust Layer 上に構築されているため、データのセキュリティやプライバシーを損なわずに、信頼できる倫理的でオープンな AI を活用したエクスペリエンスが実現します。

Tableau Pulse Insights Platform

Tableau Pulse のインサイトプラットフォーム

重要な指標に関するインサイトを自動的に取得

Tableau Pulse のインサイトプラットフォーム

ビジネスでいつどこに、なぜ注意を払うべきかを、これまでにないほど簡単に知ることができます。Tableau Pulse では、インサイトプラットフォームがユーザーの追跡している指標に対して、促進する要因、傾向、悪化の誘因、外れ値を自動的に検出。ユーザーにとって重要な変化を先回りして提示します。自然言語や根拠となる図を使った説明で、誘導形式の質問が先回りして提示され、ユーザーは対話型のインターフェイスによりビジネスインサイトを徐々に引き出すことができます。

image

Tableau Pulse のメトリクスレイヤー

データの標準的な定義を作成

Tableau Pulse のメトリクスレイヤー

データの標準的な定義を作成して、Tableau Cloud でインサイトと分析を強化しましょう。Tableau Pulse のメトリクスレイヤーでは、指標を定義して実際のビジネスコンテキストを取り込めます。無数にあるユースケースの解決に指標を再利用することも、組織全体で一貫性を保つこともできるようになります。

image

Tableau Pulse の推奨指標

既存の Tableau ダッシュボードから Pulse の指標を作成

Tableau Pulse の推奨指標

Tableau ダッシュボードのビジュアライゼーションから、Pulse の実用的な指標が得られます。Tableau のデータガイド機能を使うと、ダッシュボード内のビジュアライゼーションを選択して、それに合わせた Pulse 指標の推奨候補を表示することができます。その後、Pulse のユーザーインターフェイスでは、推奨に基づいて Pulse 指標の定義を編集、ブラッシュアップ、正式に作成することが可能です。役立つ指標を見極めて、Pulse 指標をカスタマイズし完成させるための機能です。

image

Tableau Pulse の Slack ダイジェスト

Slack アプリの中で直接データに基づく意思決定を

Tableau Pulse の Slack ダイジェスト

Slack アプリの中で直接データに基づく意思決定を行うことができ、利便性と使いやすさが高まります。Tableau Pulse の Slack ダイジェストでは、ユーザーの追跡している指標のパフォーマンスを示す、AI の生成したインサイトが提示されます。それぞれのダイジェストでは、追跡している指標に関して状況に応じたインサイトが提示され、個別に探索してさらにインサイトを得ることもできます。

image

Tableau Pulse のメールダイジェスト

メールで直接パフォーマンスを手早く評価

Tableau Pulse のメールダイジェスト

メールで直接、パフォーマンスを手早く評価することができます。Tableau Pulse のメールダイジェスト機能は、指標に関して状況に応じたインサイトをダイジェストとしてメールで提供します。各メールダイジェストには、さらに掘り下げた分析のためのスパークラインと状況に応じたインサイト、そして重要な指標のパフォーマンスの簡単な評価について、AI の生成したサマリーが提示されます。メールダイジェストの送信頻度は、希望に応じて毎日、毎週、毎月のいずれかに設定可能です。

image

Tableau Pulse の指標検索

指標を検索して把握

Tableau Pulse の指標検索

Tableau Pulse の指標検索機能で指標を検索して把握しましょう。キーワードベースで検索でき、コンテンツの提案と全検索という 2 つの大きな機能があります。

image

Tableau Pulse の Web コンポーネント

プロダクトやカスタムアプリケーションで指標を表示

Tableau Pulse の Web コンポーネント

重要な指標をワークフローの中で調べられるようにしましょう。Tableau Pulse の Web コンポーネントを利用すると、プロダクトやカスタムアプリケーションに Pulse の指標を埋め込むことができます。それにより、日常業務の流れを妨げずに KPI の状況が一目でわかるようになります。

image

Tableau Pulse の Lightning Web コンポーネント

Salesforce のワークフローで指標を把握

Tableau Pulse の Lightning Web コンポーネント

Salesforce のワークフローで指標を把握しましょう。Tableau Pulse の Lightning Web コンポーネントを使うと、Salesforce ワークフローに Pulse の指標を組み込んで、ワークフローの中で直接 KPI を見られるようにすることができます。

image

AWS Marketplace の Tableau Cloud

AWS Marketplace から Tableau Cloud が入手可能に

AWS Marketplace の Tableau Cloud

AWS Marketplace から Tableau Cloud が入手できるようになりました。お支払いの簡素化、調達の合理化、IT 支出の全体像把握を図ることができます。

image

移行 SDK

移行 SDK でカスタムの移行アプリケーションを作成

移行 SDK

Tableau Server から Tableau Cloud への移行をシンプルにしてスピードアップしましょう。移行 SDK には、C# や Python でカスタムの移行アプリケーションを作成するのに必要な情報とツールが用意されています。そのツールを利用すると、ユーザーやパーミッション、プロジェクト、ワークブック、データソース、メタデータなどを移行することができます。

image

データストレージの拡張

拡張されたデータストレージで Tableau Cloud のデータをさらに活用

データストレージの拡張

拡張されたデータストレージで Tableau Cloud のデータをさらに活用しましょう。Tableau Cloud の全サイトでデータストレージが 1 TB になりました。エンタープライズ SKU や Advanced Management のお客様の場合、データストレージは 1 サイトにつき 5 TB です。

image

多要素認証を備えた Tableau の機能強化

多要素認証を備えた Tableau でユーザーのロックアウトを防止

多要素認証を備えた Tableau の機能強化

多要素認証を備えた Tableau でユーザーがロックアウトされないようにしましょう。多要素認証 (MFA) で単一の認証方式を使用している場合、リカバリーコードの設定が必須になりました。新しい設定とエラーメッセージにより、管理者はユーザーのアクセス回復の支援を強化することができます。

image

Tableau Cloud が汎用 OpenID Connect プロトコルをサポート

Tableau Cloud へのログインで汎用 OpenID Connect プロトコルを使用

Tableau Cloud での汎用 OpenID Connect プロトコルのサポート

Tableau Cloud で希望する ID プロバイダーを利用できます。今回のリリースから、Tableau Cloud で汎用 OpenID Connect プロトコルがサポートされました。ユーザーインターフェイスや REST API を使って、シングルサインオンとシングルログアウトを設定することが可能です。

image

認証構成の強化

強化された認証構成でアカウントのロックアウトを防止

認証構成の強化

強化された認証構成でアカウントのロックアウトを防止することができます。強化点として、ユーザーインターフェイスの変更、フィールドレベルの検証、操作可能なメッセージ、インライン警告の改善などがあります。

image

Tableau Catalog でのネイティブな Salesforce Data Cloud オブジェクトの使用

Tableau Catalog で Data Cloud オブジェクトをネイティブに使用して、より情報に基づく意思決定を

Tableau Catalog でのネイティブな Salesforce Data Cloud オブジェクトの使用

Data Cloud オブジェクトを使用して、より情報に基づく意思決定を行いましょう。Salesforce Data Cloud オブジェクト (データレイクオブジェクト、データモデルオブジェクト、計算済みインサイト) へのアクセスが、Tableau Catalog でネイティブな個別のエンティティになりました。オブジェクトは、検索結果、接続ダイアログボックス、外部アセットで簡単に見つけることができます。

image

Web 作成環境のラベル付けとカスタムラベルの管理性強化

データ評価の簡単さと正確さを向上

Web 作成環境のラベル付けとカスタムラベルの管理性強化

ラベル管理の機能が強化され、データがよりスピーディかつ正確に評価できるようになりました。データラベルの統合ダイアログボックスを使うと、認証、データ品質に関する警告、機密度、カスタムカテゴリなどのデータラベルを簡単に追加、削除することができます。また、Web 作成機能も強化され、ユーザーは機密度ラベルやカスタムラベルを操作できるため、データアセットのリスク評価の全体像が得られます。

image

重複行の識別

機能強化された Tableau Prep でクリーンかつ的確なデータを確保

重複行の識別

Tableau Prep の機能強化により、データセット全体で重複レコードを識別して、よりクリーンで的確なデータが確保できるようになりました。実際に見ながら直接操作できる Tableau Prep のインターフェイスで、レコードが重複している理由を一層簡単に知ることができます。ユーザーはデータ準備の具体的なニーズに応じて、見出したデータの問題を修正することも、重複レコードをすべて削除することも可能です。

image

Splunk JDBC コネクタ

Splunk データから価値あるインサイトを引き出す機能が強化

Splunk JDBC コネクタ

Splunk データから価値あるインサイトをさらにうまく引き出しましょう。Tableau の Splunk コネクタで Splunk Enterprise との統合を強化できます。このパワフルなツールには SQL エンジンが組み込まれており、サポートされている SQL 処理を Splunk で直接、簡単に実行することが可能です。このコネクタは Tableau Exchange で配布されているため、ご利用の環境での追加も管理も簡単です。

image

Tableau Prep でのヘッダーと開始行の選択

Tableau Prep での Excel データの操作をシンプル化

Tableau Prep でのヘッダーと開始行の選択

Tableau Prep で、Excel ファイルのクリーニングや形式変換を綿密に行えます。メタデータ行などのファイルスキーマが容易に把握できるため、データファイルの開始行がわかりやすくなります。入力の設定でデータをプレビューしてヘッダーとデータ開始行を明示的に指定し、Excel データを思い通りにコントロールしましょう。

image

Google サービスアカウントを使用した仮想接続サポート

Google サービスアカウントの認証でデータのアクセス、管理、セキュリティの信頼性を確保

Google サービスアカウントを使用した仮想接続サポート

仮想接続を通じて、データのセキュリティやアクセス、管理の信頼性を確保することができます。Google BigQuery と Google BigQuery JDBC コネクタの認証時に、Google サービスアカウントを使用した仮想接続がサポートされました。

Fast Dashboard

クロス集計の Viz ナビゲーション

キーボードのみでクロス集計をシームレスにナビゲーション

クロス集計の Viz ナビゲーション

キーボードのみで、クロス集計のナビゲーションをシームレスに行えます。クロス集計の Viz ナビゲーション機能を使うと支援テクノロジーにより、ヘッダーや軸、ビジュアライゼーションペインのナビゲーションがマウス使用時と同様に行えるようになります。

image

Salesforce Data Cloud へのビジュアルセグメント作成

ビジュアルデータ探索で直接 Data Cloud のセグメントを作成してパブリッシュ

Salesforce Data Cloud へのビジュアルセグメント作成

Tableau 上のビジュアルデータ探索で、直接 Data Cloud のセグメントを作成することができます。Salesforce Data Cloud へのビジュアルセグメント作成機能により、データモデルオブジェクト (DMO) のデータの探索、オーディエンスセグメント候補の判別に加え、そのオーディエンスセグメントを Web 作成セッションから直接 Data Cloud にプッシュするまでをスムーズに行えます。

image

テーブル拡張機能の動的パラメーター

Tableau の動的パラメーターでインサイトをセキュアにすぐ更新

テーブル拡張機能の動的パラメーター

テーブル拡張機能でユーザーパラメーターに基づいて自動取得を行うことにより、ライブデータの利用、セキュリティの強化、分析結果の調整が実現します。外部サービスに Tableau ダッシュボードをシームレスに接続し、パラメーターをセキュアに渡して、データを最大限に活用しましょう。このまったく新しい形のデータ操作で、情報に基づく意思決定をさらにスピードアップすることができます。

image

メールのカスタマイズ

サブスクリプションやメールのメールドメインをカスタマイズ

メールのカスタマイズ

サブスクリプションとアラートのメール送信ドメインや、メール内の URL リンクのドメインが、ユーザーの組織のドメインに設定できるようになりました。

image

npm を通じた埋め込み API 利用

npm に埋め込み API をパブリッシュ

npm を通じた埋め込み API 利用

npm に埋め込み API をパブリッシュすることができます。npm を通じた埋め込み API 利用の機能を使うと、埋め込み API v3 ライブラリを Tableau Cloud や Tableau Server から読み込むのではなく、npm を通じて埋め込めるようになります。

image

サインイン時のライセンス付与機能との SCIM 互換性

サインイン時のライセンス付与に SCIM が対応し、必要に応じた Tableau Cloud ライセンス割り当てが可能に

サインイン時のライセンス付与機能との SCIM 互換性

Tableau Cloud のライセンスを必要に応じて割り当てましょう。Azure AD と Okta IdP で、サインイン時のライセンス付与 (GLSI) に SCIM が対応しました。

image

アイドル状態のセッションのタイムアウト短縮

VizQL セッションでアイドル状態のセッションのタイムアウトが短縮され、Tableau Cloud のパフォーマンスが向上

アイドル状態のセッションのタイムアウト短縮

Tableau Cloud のパフォーマンスが向上しました。VizQL セッションで、アイドル状態のセッションのタイムアウトが 200 分から 30 分に短縮されたことで、スケーラビリティが強化されています。

image

抽出設定の UI 強化

強化された UI で増分更新を管理

抽出設定の UI 強化

強化された抽出設定のユーザーインターフェイスで増分更新を管理しましょう。新しい設定画面では、指定とナビゲーションが一層簡単になっています。強化されたダイアログボックスで、管理者にとって見やすさが向上するとともに深いインサイトも得られます。

image

Admin Insights Enhancements

Get insights into Tableau Pulse and Personal Space usage.

Admin Insights Enhancements

Keep your finger on the pulse of Pulse usage with the Admin Insights data sources. Pulse usage data is now available in Site Content, Subscriptions, and TS Users data sources. Plus, data related to Personal Spaces is visible in all Admin Insights data sources.

image

ビューアクセラレーションの REST API

REST API でビューアクセラレーションを管理

ビューアクセラレーションの REST API

REST API でビューアクセラレーションを管理しましょう。API を使って、ビューアクセラレーションのオンとオフの切り替え、データの更新ポリシーの設定、アクセラレーションステータスの更新を行うことができます。

image

Activity Log Enhancements

Supercharge the monitoring of your Tableau Cloud environment.

Activity Log Enhancements

Supercharge the monitoring of your Tableau Cloud environment. Now, Activity Log captures over 200 types of usage events --including Tableau Pulse activity!

image

Pulse - Sparklines in Slack

Pulse - Sparklines in Slack

Your Pulse Digest in Slack is more powerful than ever. You now receive natural language insights accompanied by a visual explanation, making it easier to assess the changes in your metrics in the flow of work. Quickly identify the trend in your metrics and if it’s within the expected range so you can make appropriate and timely decisions.

image

Pulse - Personalized Insights Ranking

Pulse - Personalized Insights Ranking

Enhance your experience by letting Pulse know which insights you find most valuable. With personalized insight ranking, your feedback on thumbs-up and thumbs-down will shape the insights you see first. Receive insights tailored to your interests and preferences, improving your overall user experience across different workflows, including Digests, Home page, and Metric details page.