モバイルビジネスインテリジェンスに関する 3 つのパラダイムシフト


概要: 

データに瞬時にアクセスできるようになったことで、世界は変わりました。コーヒーの列に並ぶ間に得られる情報量を考えてみてください。スポーツの試合の結果、メール、数百件ものニュースを簡単にチェックできます。しかも、多くの場合、単に情報を吸収するだけではなく、アクションも起こしています。Twitter や Tumblr を数秒で更新し、 移動中にメールやテキストメッセージに返信します。テレビや紙の新聞から一方通行で情報が発信されていた時代は、遠い過去になりました。モバイルは双方向的なものです。

ビジネスインテリジェンスも例外ではありません。人々は、どこにいてもアクションを起こせるビジネスデータのスピードと便利さを必要としています。しかし、BI 本来の利点や、成熟したモバイルエコシステムがありながらも、モバイル BI はいまだに使われ始めた段階にあります。Dresner Advisory Services 社の『Wisdom of Crowds: Mobile Computing/Mobile Business Intelligence Market Study』 (大衆の知恵: モバイルコンピューティングとモバイルビジネスインテリジェンスに関する市場調査) によると、モバイル BI の普及は依然としてわずかです。調査回答者の 20% がモバイル機能をまったく持っていないと答えており、60% を超える組織が、モバイル BI にアクセスできるユーザーは 10% 以下だと答えています。このホワイトペーパーでは、モバイル BI に関する誤解を解き、そのメリットを最大限に活用するための 3 つのパラダイムシフトを紹介しています。

このホワイトペーパーでは、次のことについて説明します。

  • 重要なモバイル BI の使用事例
  • 移動中にユーザーがどのようにデータを見つけ、操作しているか
  • モバイルダッシュボードデザインのベストプラクティス

本ページではホワイトペーパーの一部をお読みいただけます。全ページをお読みいただくには、右にあるボタンで PDF をダウンロードしてください。


ビジネスチャンス

データに瞬時にアクセスできるようになったことで、世界は変わりました。コーヒーの列に並ぶ間に得られる情報量を考えてみてください。スポーツの試合の結果、メール、数百件ものニュースを簡単にチェックできます。しかも、多くの場合、単に情報を吸収するだけではなく、アクションも起こしています。ニュース記事を Facebook でシェアし、ついでにジョークを投稿したり、友達に「いいね!」やコメントをしたりします。Twitter や Tumblr を数秒で更新し、 移動中にメールやテキストメッセージに返信します。テレビや紙の新聞から一方通行で情報が発信されていた時代は、遠い過去になりました。モバイルは双方向的なものです。

ビジネスインテリジェンスも例外ではありません。人々は、どこにいてもアクションを起こせるビジネスデータのスピードと便利さを必要としています。しかし、BI 本来の利点や、成熟したモバイルエコシステムがありながらも、モバイル BI はいまだに使われ始めた段階にあります。Dresner Advisory Services 社の『Wisdom of Crowds: Mobile Computing/Mobile Business Intelligence Market Study』 (大衆の知恵: モバイルコンピューティングとモバイルビジネスインテリジェンスに関する市場調査) によると、モバイル BI の普及は依然としてわずかです。調査回答者の 20% がモバイル機能をまったく持っていないと答えており、60% を超える組織が、モバイル BI にアクセスできるユーザーは 10% 以下だと答えています。モバイル BI を完全に導入している革新的な企業もある一方で、多くの企業はスタート地点に立ったばかりか、まだそこに到達していない状況です。

モバイル BI の導入率が、それほどまでに大きく異なるのはなぜでしょうか。一部の企業は、モバイル BI を全社的に導入するには費用がかかりすぎるうえ、有効に利用できる可能性も低いと考えています。その他の企業、特に旧式の BI による制約を受けている企業は、分析に関する課題を複数抱えており、モバイルの導入は最優先事項ではないという状況です。

幸い、適切な計画と明確な目標設定があれば、モバイルへの移行は容易に行えます。ただし、モバイル BI 移行戦略を実行に移す前に、企業は新しい考え方を受け入れる必要があります。これから、モバイル BI を先取りしている企業を後押しした 3 つのパラダイムシフトをご紹介します。

パラダイムシフト 1: コンテキストを理解する

スマートフォンの出現で、スピードと利便性は当たり前になりました。ノートパソコンやタブレットは、できれば持ち運びたくありませんが、オフィスから動けないのも困ります。コーヒーショップやレストラン、ホテルのロビーや飛行機の機内で必要なデータにアクセスし、しかもその場ですぐにアクセスできることを人々は望むようになりました。在宅勤務のテレワークを選ぶ人、業務の大半は移動や出張という人などがますます増えています。このような人にとって、すばやく安定した接続環境でデータにアクセスできることは必須条件であり、贅沢ではありません。

スマートフォンやセルフサービス分析ソリューションの機能が増えたことで、これがすべて実現可能になりました。たとえば、Coca-Cola Bottling Company Consolidated 社では、営業に必要なデータにアクセスできるモバイル機器を、営業チームに持たせています。

ほんの数年前まで、営業担当者がオフィスの外でクライアントに会っているときに売上データへの瞬時アクセスを可能にするハードウェアもソフトウェアもありませんでした。 今では、この速さで答えを得るのが当たり前になっています。

モバイル分析をよく利用するもう 1 つのグループは、エグゼクティブです。Dresner 社の『Mobile Business Intelligence Market Study』 (モバイルビジネスインテリジェンスに関する市場調査) によると、エグゼクティブは、モバイル BI 展開の一番のターゲットになっているユーザーです。営業担当者が移動中に売上データにアクセスする必要があるのと同様に、エグゼクティブはどこにいても会社の経営状態を把握している必要があります。しかし、このようなデータへのアクセスを、営業チームや経営幹部に限定する必要はありません。柔軟性と総合的な視点が必要な人なら誰でも、遅かれ早かれモバイル機能を求めるようになります。

セルフサービス分析によって誰もがデータアナリストになれるため、ますます多くの人が、BI ソリューションがモバイルにまで拡張し、好みのデバイスでソリューションを使えるようになることを望むでしょう。モバイル BI のために並列システムを展開したり、モバイル開発者を雇ってカスタムワークフローを作成したりしなくても「問題なく機能する」ように、モバイルを BI ソリューションに組み込む必要があります。

さらに詳しく読みたい方は、 ホワイトペーパーをダウンロードしてください。

続きを読む...

こちらもご覧ください