ホワイトペーパー

組織の混沌としたデータ準備の管理

データドリブンな組織の新しい基準であるセルフサービス分析では、データを活用できるようにするために多くのユーザーが、利用可能なツールや機能を使用してデータ準備を行います。それらの作業にはカット & ペーストや、サーバーにとって最適ではない膨大な計算式の記述が含まれます。アナリストでさえ、自分の業務の大部分は分析ではなく、実際にはデータのクリーニングや形式変換であると報告しており、その作業には ETL 処理やセルフサービスのデータ準備ツール、Excel などのスプレッドシートツールを使用しています。

これまで、データ準備は IT 部門が担当する作業でしたが、データ環境は進化してきています。セルフサービスのデータ準備ツールにより、データについて最もよく知っているユーザーがデータを扱えるようになると同時に、データ準備に関する IT 部門の負担が軽減されます。しかし、セルフサービスのデータ準備はまだまったく新しいスキルセットです。ユーザーが準備機能を理解して効果的に実行し、繰り返し可能なプロセスを確立し、効率性のためにそれらを自動化し、最終的にデータがより広く使用できるという信頼や自信を構築できるように、スキルの開発と広範な展開が必要です。

ビジュアルアナリストを支援してきた Tableau は今、データ準備を支援します。2018 年春リリースの Tableau Prep Builder により、さらに簡単に、ビジュアル化のためのスマートなデータ準備が直接実行できるようになりました。そして今、Tableau Prep Conductor をリリースします。これにより、Tableau Prep Builder フローをスケジュールし、一元化されたスケーラブルかつ信頼性の高いサーバー環境で実行できるため、データを常に最新に保つことができます。また、管理者は組織全体にわたって、セルフサービスのデータ準備に対する可視性を得ることができます。さらに、ユーザーは Tableau サーバー環境を使用してフローを管理、監視、保護できます。Tableau Prep Conductor は Tableau Server および Tableau Online と統合されており、既存のスケジュール機能、追跡機能、セキュリティ機能を活用します。

このホワイトペーパーは、規模に応じたセルフサービスのデータ準備に関する考慮事項について、およびガバナンス管理されたデータ準備環境の管理に Tableau Prep Conductor がどのように役立つかについて、IT プロフェッショナルおよび IT 意思決定者により深く理解していただくことを目的としています。

続きを読む...