クラウドに見られる7つのトレンド


概要: 

クラウドコンピューティングとホスティングソリューションは、企業の運用方法を大きく変えました。クラウドソリューションがビジネスインフラストラクチャの標準となり、有効なクラウド導入戦略が求められています。このプレゼンテーションでは、次の点について取り上げます。

  • クラウドデータとオンプレミスデータがどのように連携するか
  • IT 部門がクラウドを支持するようになったのはなぜか
  • データの要塞が過去の遺物となったのはなぜか
  • ID をさまざまなサービスでどのように利用するか

最初の数ページをプレビューとしてお読みいただけます。全ページをお読みいただくには、右にあるボタンで PDF をダウンロードしてください。


トレンド1: IT 部門がクラウドを支持する

クラウド市場で見られる最も大きな変化の1つは、IT 部門の姿勢です。成功を収めている Salesforce、Workday などのクラウドアプリケーションや、Amazon などのクラウドインフラストラクチャのリーダー企業の初期の牽引力となっていたのは、IT 部門の要件を無視しようとしていたビジネスグループでした。しかし現在では、IT 部門がクラウドへの移行を奨励しているケースが少なくありません。

なぜでしょうか? クラウドについて検討する際、IT 部門にとって最も重要な考慮すべき点は、セキュリティです。つまりこの変化は、IT 部門がクラウドのセキュリティに満足するようになったことを意味します。クラウドベンダーは、24 時間年中無休のサポート、スケールの拡大、テスト、パッチの適用にすばやく対応できます。社内の IT 部門では、簡単には実施できません。

IT 部門は、クラウドのセキュリティが信頼できることがわかると、物理的なハードウェアのセットアップや管理業務から解放される機会として利用し始めます。そうなれば、クラウドデータエコシステムのプロトタイプの構築や組織内でのセルフサービス分析の実現など、より大きな戦略構想に集中できるようになります。

トレンド2: クラウド分析がすべての分析の手段になりつつある

初期には、クラウド分析はクラウドデータのためのものでした。しかし今では、クラウド分析は、データが存在する場所を問わず、あらゆるデータに対して行われています。

ハイブリッドデータアーキテクチャを導入するにつれ、組織は、クラウドデータとオンプレミスデータの両方に対するサポートを分析ベンダーに求めています。Birst や Tableau Online などのクラウドサービスでは、クラウド内のデータへの接続のメリットを活用できるだけでなく、重要なオンプレミスデータの操作も可能です。

トレンド3: 仮想プライベートクラウドが新しい「社内」クラウドになる

多くのベンダーが、クラウドで仮想マシンを簡単に動作させることができるソフトウェアを提供するようになり、「社内」インフラストラクチャも次第にクラウドに置かれるようになっています。

仮想マシンの運用および管理は顧客に委ねられていますが、IaaS (Infrastructure-as-a-Service) ベンダーが提供するホスティング環境では、物理サーバーのセットアップに代わる魅力的なサービスが利用できます。

さらに詳しく読みたい方は、 ホワイトペーパーをダウンロードしてください。

続きを読む...

こちらもご覧ください