Salesforce データを最大限活用する5つの方法


概要: 

営業指標としては、パイプラインから収益までの全段階が重要といえます。営業活動で確実な判断を行っていくためには、すばやく簡単に使うことができ、データ全体とシームレスにやり取りできる分析ソリューションが必要です。

Salesforce は、ビジネスの世界で最も多く使われている CRM (顧客関係管理) ツールであり、Salesforce によって収集されたデータは、営業組織全体における意思決定に不可欠なものです。

営業データの分析において、ワークフローの全段階で時間を節約することは基本と言えます。 営業データにインパクトを持たせるためには、複雑なデータセットにアクセスして分析を行い、インタラクティブなダッシュボードをパブリッシュして組織全体でそれを共有するまでのプロセスと、インサイトから意思決定までのプロセスが迅速でなければなりません。

このホワイトペーパーでは、下記を含め、営業パイプラインを展開する5つのベストプラクティスについて紹介します。

  • 複数のデータソースに接続し活用する方法
  • Salesforce データを共有フィールドでブレンドし、ダッシュボードを活用する方法
  • 優れたビジュアライゼーションを使って重要な質問に答える方法
  • ビジュアライゼーションおよび営業ダッシュボードを Salesforce Canvas に埋め込む方法
  • モバイルデバイスを使用して営業データにアクセスしインサイトを得る方法

続きを読む...

こちらもご覧ください