史上最もインパクトのある5つのデータビジュアライゼーション


概要: 

「画像の価値が最大限に発揮されるのは、見るまで予測していなかったことに気付かされるときです」
- ジョン・テューキー氏、1977 年

データをビジュアル化すると、誰でもデータを視覚的にとらえ、より深く理解することができます。 その理解が適切な意思決定につながります。 データのビジュアル化とデータ分析を行えば、判断を誤ったり、チャンスを逃したりするリスクを軽減できます。 このビジュアルプレゼンテーションでは、世界の見方を変える美しく説得力のある5つのビジュアライゼーションをご紹介します。

本ページではホワイトペーパーの一部をお読みいただけます。 全ページをお読みいただくには、右にあるボタンで PDF をダウンロードしてください。


ビジュアライゼーションについて

データをビジュアル化すると、誰でもデータを視覚的にとらえ、より深く理解することができます。 その理解が適切な意思決定につながります。 データのビジュアル化とデータ分析を行えば、判断を誤ったり、チャンスを逃したりするリスクを軽減できます。 以下のスライドでは、世界の見方を変えた美しく説得力のある5つのビジュアライゼーションをご紹介します。

5. ロンドンのコレラマップ - ジョン・スノウ

1854 年。 ロンドンの町を コレラが襲いました。 わずか 10 日間のうちに、1つの街区で 500 人以上が犠牲になりました。 謎の集団死がとりわけ不気味だったのは、その発生源が誰にもわからなかったからです。 ただひとり、コレラ蔓延の原因が水道にあったことに気付いたのが、疫学者のジョン・スノウでした。

スノウ医師は、死亡者の数を地図上に棒グラフで表す独自の方法を考案し (左の図を参照)、ブロードストリートの水道ポンプに近い場所ほど死亡者数が多いことを発見しました。 この情報により、適切な下水道設備の必要性が世間一般に知れ渡り、市が対策に乗り出すきっかけとなりました。

4. ギャップマインダー - ロスリング教授

スウェーデンの科学者ハンス・ロスリングは、30 年以上にわたって各国の発展に関するデータを研究してきましたが、素晴らしいビジュアライゼーションと、2007 年の TED でのスピーチでその情熱を世界と共有することができました。 ロスリング教授のオリジナルのビジュアライゼーション (今では数多くが公開されています) では、収入と平均寿命の関係が示されています。 データは単純ですが、ビジュアルを駆使したロスリング教授の巧みな語りで、これまで見落とされてきた貴重なデータに対する教授の情熱が何百万という人々に伝わりました。

3. モスクワ進軍 - シャルル・ミナール

1812 年、ナポレオンはモスクワを占領するためにはるばる進軍しましたが、 彼の軍の 98% は戦死しました。 その 50 年後、彼の故国フランスがかつての帝政時代の栄光に憧れを抱くなか、パリに住むシャルル・ミナールという技師が、データを利用してナポレオン戦争の悲惨さを国民に思い出させることを思いつきました。 このビジュアライゼーションの下部にある温度の折れ線は単純ですが、これを見れば、ナポレオン軍が最終的に寒さに敗北したことは一目瞭然です。 このビジュアライゼーションは今でも、見る者に戦争の本当の代償を考えさせる力を持っています。

さらに詳しく読みたい方は、 ホワイトペーパーをダウンロードしてください。

続きを読む...

こちらもご覧ください