モバイル ビジネス インテリジェンスのための 5 つのベスト プラクティス


概要: 

1. author-once (一度作成するだけ) アプローチを採用する。

ダッシュボード急増のトラップを回避します。すべての異なるデバイス用にそれぞれのダッシュボードを再度作成しないでください。むしろ、“author-once, distribute everywhere (一度作成するだけで、すべてに割り当てる)” アプローチを採用してください。ダッシュボードを一度作成するか、既存のダッシュボードを適応し、すべての関連するデバイスで使用可能にします。もちろん、このアプローチをサポートする BI ソリューションが必要です。

2. より小さなフォーム ファクターに作成する。

より小さな画面ですか。スペースをいっそう十分に使用する必要があります。ダッシュボードの上部に最も重要なビューを配置します。凡例やフィルターにはわずかなスペースを使用して、その問題のビューに関してはダッシュボードを 2 から 4 つの重要なビューに制限します。移動中にダッシュボード内の 10 個のビューは動作しません。

3. 移動中の利用者について検討する。

ユーザーがモバイルを使用している場合、詳しく調べる時間があるとは想定できません。そのため簡単にする必要があります。ドリルダウンを許可します。都市または顧客のフィルターなど、場所特有の情報を検索できるフィルターを提供します。ユーザーがデータを検索できない場合は役に立たないので、正しいダッシュボードを検索して開始できるようにコンテンツ検索を提供します。

4. 新しいモバイル シナリオについて説明する。

最初の 3 つの各ベスト プラクティスに従うために、既存のダッシュボードを変更できます。ただし、モバイルのビューを設計する際に大きな支払いが発生する場合があります。すべてのダッシュボードを確認し、見つからないものがあるかどうかを自問します。たとえば、工場の現場の管理職向けに最適化されたダッシュボードです。

5. モバイルのコラボレーションの自然なプロセスを活用する。

ユーザーがデスクにいる場合、モバイル BI は従来の BI よりも社会的相互作用を助長する傾向にあります。ユーザーはタブレットを周囲に渡し、会議やプロジェクトに携帯します。それで、以下を活用します。

  • 非常にインタラクティブなビューを提供し、ユーザーがデータをライブで確認できるようにします。
    ビュー上のコメントを許可します。
    最後に、モバイル BI がディスカッションに遅れずついていくのに十分な速さであることを確認します。ユーザーはビューがロードされるのを待つことをやめないでしょう。
  • また、絶対的に必要条件なためベスト プラクティスとしてリストされていないのは、既存のデータ セキュリティや認証をサポートするモバイル ソリューションがあるということです。モバイル BI は優れていますが、すべてのデータを本当に公開しますか。正しいセキュリティがなければ、公開されるでしょう。

    新しいホワイトペーパーでこれらの点に関する詳細が説明されています。

    ここでリストされていないベスト プラクティスを発見しましたか。コメントしてディスカッションを始めましょう。

    続きを読む...

    こちらもご覧ください