ビジネスや投資の場面では、ベンチマークという言葉が頻繁に活用されます。ベンチマークの使い方を知っておくと、様々な場面で役立ちます。今回はベンチマークの意味や使い方、 下記の記事でご紹介したKPI との違いを説明します。

目次

  • ベンチマークとは?
  • IT 分野 (PC とスマホ) におけるベンチマークの意味
  • 経営とマーケティングにおけるベンチマークの使い方
  • ベンチマークを活用するメリットとは
  • ベンチマークと KPI の違いとは
  • まとめ

ベンチマークとは?

本来ベンチマークとは、「指標」や「基準」という意味を持ちます。測量の分野にて、高低差や建築物の高さを測る際の基準点を、ベンチマークと呼ぶようになったのが由来です。

近年は経営やマーケティング、IT など、幅広い分野で活用されるようになっています。一般的には何かを評価する際の比較基準を意味しますが、分野ごとにベンチマークの詳細な意味や使い方は異なります。

ベンチマークという用語を使う際は、どの分野で使うのかをあらかじめ認識しておかなくてはいけません。今回は多数ある分野の中でも、「IT分野 (PC とスマホ) 」と「経営とマーケティング分野」に焦点を当てて説明します。

IT 分野 (PC とスマホ) におけるベンチマークの意味

IT 分野においてベンチマークとは、スマホや PC に搭載されたハードウェアやソフトウェアの動作速度と性能を評価するときの基準を指します。

また、複数の PC やスマホの性能や動作速度を比較することを「ベンチマークテスト」、ベンチマークテストの結果を「ベンチマークスコア」と言います。スマホや PC のベンチマークテストは、専用のテストプログラムや Web 上のツールを使用して行われます。

ゲーム業界では、動作テストに加えてプロモーションの目的で、ベンチマークソフトを作るケースもあります。無料で試用してもらうことで、動作不備の有無を確認しつつ、新商品の宣伝も行えます。

IT プロジェクトでのベンチマークの詳細については一般社団法人情報サービス産業協会の「ITプロジェクトのベンチマーク供給者のためのガイドライン」 をご参照ください。

経営とマーケティングにおけるベンチマークの意味と使い方

経営やマーケティングの分野でも、ベンチマークは重要な概念です。

⑴ 経営とマーケティングにおけるベンチマークとは?

経営やマーケティングの分野では、自社の経営やマーケティング戦略を改善するために用いる、優良他社の戦略や指標をベンチマーク (ベンチマーキング) といいます。もしくは他社との比較により、状況を改善する活動自体もベンチマークと呼びます。

ベンチマークする対象は、自社と事業内容や規模が近い他社や、優れた結果を出している企業とすることが一般的です。

⑵ 経営とマーケティングにおけるベンチマークの使い方

まず初めに、同業者の中で優秀な他社をベンチマークの対象として選定します。次に選定したベンチマーク対象が用いる経営とマーケティング手法を分析し、自社と比較します。単に分析するだけでなく自社と比較することで、ベンチマークの効果をより高められます。

ベンチマーク相手の分析結果を踏まえ、優れた手法や施策を自社にも積極的に取り入れて、現状の改善に努めます。分析や比較で浮き彫りになった事実に対処することが、ベンチマークの使い方の肝の部分になります。

優良他社の優れた手法を取り入れた結果、自社の状況を改善できれば、ベンチマークの活動が効果的に働いていると言えます。

ベンチマークを活用するメリットとは

ベンチマークを活用するメリットは、下記 2 つに大別されます。

⑴ 優良な手法や施策を学べる

ベンチマークとして優良他社を分析すると、優良な経営手法やマーケティング施策を学べるメリットがあります。たとえば利益率の高い企業をベンチマークすれば、自社のみでは思いつかない優れた手法を発見できるでしょう。

⑵ 自社の問題点を明確化できる

最初のメリットに関連しますが、ベンチマーク相手を分析する過程で、自社の抱える問題点を明確にできます。自社の状況のみを分析しても、何が問題点かを把握するのは困難です。しかし優良他社と比較すれば、自社の現状を客観的に把握できるため、問題点を明確にできるでしょう。

ベンチマークと KPI の違いとは

⑴ KPI とは?

KPI(Key Performance Indicator) とは、重要な業績指標を意味します。

「最終的な KGI を達成するためには、中間目標として何を達成すべきか」という観点から、 KPI を設定する必要があります。たとえば売上高の向上が最終的な目標 (KGI) の場合、 KPI は「新規顧客獲得数の○○人増加」が適しています。

⑵ ベンチマークと KPI の違い

経営やマーケティングにおいて、ベンチマークと類似する概念に「KPI」があります。両者は似ているようで、実は全く異なる概念です。

ベンチマークは自社の問題を解決するために参考にする優良他社を意味する一方で、KPI は目標達成に向けた中間的な目標を意味します。つまりベンチマークは外部志向の比較型手法ですが、KPI は内部志向の経営手法である点に違いがあります。

ベンチマークと KPI には大きな違いがありますが、両手法の間に優劣はありません。状況や目的に応じて、ベンチマークと KPI を使いこなすことが重要です。

まとめ

今回はベンチマークの使い方やメリット、KPI との違いを説明しました。分野ごとに異なるベンチマークの使い方を踏まえ、経営やマーケティングに役立てましょう。