ベンチマーク (ベンチマーキング) は、経営やマーケティングに役立つ手法として知られています。ベンチマークの定義など詳細に関しては下記の記事 をご覧ください。

分野ごとに意味や使い方は異なりますが、今回は経営とマーケティング分野に絞って、ベンチマークの種類や例、分析手法例をご紹介します。ここで紹介する例を参考にし、経営やマーケティングの効果を高めましょう。

目次

  • ベンチマークの種類
  • ベンチマーク活用の例
  • ベンチマークで用いる分析手法の例
  • ベンチマークにおけるメリットの例
  • まとめ

ベンチマークの種類

⑴ 競合ベンチマーク

競合ベンチマーク (ベンチマーキング) とは、自社と競合関係にある他社事例を比較対象とする手法です。一般的にベンチマークという場合、競合ベンチマークを指します。

競合他社の優れた経営手法やマーケティング事例を参考にし、自社の業績改善を図ります。その業界で結果を出している他社を参考にするため、自社にとって良い影響をもたらす可能性は高くなります。

⑵ 機能ベンチマーク

機能ベンチマークとは、自社とは異なる業界に属する他社事例を参考にする手法です。営業やマーケティングなどの機能は、業種が異なっても共通する部分が多くあります。

異なる業種の企業をベンチマークすれば、競合ベンチマークでは発見できない革新的な手法を取り入れることも可能です。

⑶ 内部ベンチマーク

内部ベンチマークとは、企業内で類似する業務を比較し、経営を改善する方法です。具体的には、企業内の異なる部署間で類似する業務を比較分析し、優良な事例を社内全体で共有します。

内部ベンチマークにより、全社的な作業の標準化や業務の質の向上を期待できます。

各ベンチマークの詳細については1900年後半にゼロックスによって開発されたものになります。(参考:http://www.shokoren-nara.or.jp/benchmark/001-3.htm

ベンチマーク活用の例

ここでは、ベンチマークの使用例を順番に解説します。

⑴ 自社の現状分析

はじめに、業界内における自社の現状を分析します。SWOT 分析や 3C 分析を行い、自社の強みと弱み顧客、競合他社に関して客観的に分析します。

⑵ ベンチマーク対象の選定

現状分析により自社の弱みや問題点を明確にしたら、ベンチマーク対象の選定に移ります。

弱みや問題点を改善するために必要な要素 (経営手法や業務プロセスなど) を踏まえて、競合他社や他業種の企業をベンチマークとして選定します。

⑶ ベンチマーク対象の分析

次に、選定したベンチマーク対象を分析します。ベンチマーク対象の分析では、成功要因や自社に不足している部分を抽出することがポイントになります。

具体的に用いる手法例は、後ほど詳しくご紹介します。

⑷ 現状の改善

ベンチマーク対象を分析し、自社に不足する要素や取り入れるべき優良事例を発見したら、それを現状改善に役立てなくてはいけません。

新たに経営手法を取り入れる場合は、実現可能性の高い KPI を設定した上で、業務改善に取り組みましょう。

⑸ ベンチマークの効果測定

ベンチマークの効果を高めるためには、実行している施策の効果を定期的に測定することが重要です。
あらかじめ定めた KPI と比較し、目標を達成できていない場合は、KPI やベンチマークそのものを変更する必要があります。

ベンチマークで用いる分析手法の例

ここでは、ベンチマークで用いる分析手法の例を 3 つご紹介します。

⑴ 4P 分析

4P 分析とは、製品 (Product)、価格 (Price)、流通 (Place)、販売促進 (Promotion) の観点からベンチマーク対象と自社を比較分析する手法です。

4P 分析により競合他社と自社を比較すれば、その業界で成功するための要因 (KSF) を推測できます。たとえば価格以外の部分がベンチマーク相手と同じである場合は、価格設定に改善の余地があると推測できるでしょう。

⑵ バリューチェーン分析

バリューチェーンとは、企業が利益を生み出す一連の流れを意味します。具体的には、他社の事業を機能別 (営業や製造など) に細分化し、どの機能でどの程度の付加価値が生み出されているかを分析します。

他社の優れている部分を抽出する上で、有用な方法例として有名です。4P 分析では製品単位で優れた部分を抽出する一方で、バリューチェーンでは全社的な観点で優れた部分を精査します。

⑶ 定量分析

定量分析とは、自社と優良事例となる他社を定量的に比較する方法です。売上高や市場シェア、利益率などが定量分析で用いられる主な指標の例になります。

優良事例となる他社と定量的に比較できるので、問題点を容易に特定できます。しかし一方で、自社の問題点や他社の優れている点を定量的に明確化できない場合もあるので注意が必要です。

ベンチマークにおけるメリットの例

最後にベンチマーク活用におけるメリットの例を、3 点ご紹介します。

⑴ 効率的に現状を改善可能

業績を上げるために必要な施策を考えることは、自社のみでは困難です。実行した施策が効果を発揮するとも限らないので、効率的ではありません。

しかし一方で、すでに成功している優良事例を参考にすれば、成功するための労力を削減できます。業績を伸ばす上で、業界トップの企業を参考にすることは極めて有効です。

⑵ 自社の現状を客観的に把握できる

ベンチマークの実施により、自社の現状を客観的に把握できるメリットもあります。自社内部から考えても、何が問題点かを明確にできない可能性があります。

一方で他社の優良事例と比較すれば、外部から自社の現状を客観的に把握できるでしょう。現状に行き詰まった際の打開策としても、ベンチマークはメリットの大きい方法です。

まとめ

今回はベンチマークの具体的な使用例や、分析の際に用いる手法例などをご紹介しました。現状改善や業績の向上において、ベンチマークはとても役立ちます。

今回お伝えした使用例などを参考に、実際にベンチマークを取り入れてみましょう。