ビジネスの遂行において不可欠な KPI ですが、業種や職種・使用場面によって、設定すべき指標は異なります。下記の記事で KPI のそもそもの定義などについてはご説明しましたが、ここでは、実務で活用できる KPI の例をお伝えします。

目次

  • KPI を使用する分野・場面例
  • 営業で重視すべき KPI の例
  • システム開発で重視すべき KPI の例
  • マーケティングで重視すべき KPI の例
  • 製造業で重要な KPI の例
  • 財務視点から見た KPI 設定例
  • まとめ

KPI を使用する分野・場面例

経営戦略や業務の管理・改善に有用な KPI は、幅広い業種や職種で活用されています。
業種で言えば、IT 系の業種やコールセンター、製造業で特に活用されています。

一方職種で分けると、「営業」や「 (Web) マーケティング」、「システム開発」の分野で KPI が重視される傾向があります。

日頃の業務に限らず、経営陣による戦略策定などの場面でも KPI は使用されます。

最終的な目標達成に向けて、達成すべき目標を細分化する点が、 KPI 活用のポイントになります。その為にも KPI は、現実を考慮した実現可能な目標でなくてはいけません。

営業で重視すべきKPIの例

(1) 主要な KPI の例

主要な KPI の例としては、下記指標があります。

  • アポイント件数
  • 成約率
  • リピート率
  • 平均受注単価
  • 個人営業売上高

(2) 営業で KPI を設定するメリット・活用例

営業部門で KPI を使用すると、個人個人の営業成績を可視化できるメリットが得られます。その結果、業績に応じた人事評価が可能になります。

KPI を達成した者に対して追加の報酬を設定することで、従業員のモチベーション向上のメリットも期待できます。

また複数の KPI を設定することで、目標達成できなかった際の課題発見も可能となります。たとえばアポイント件数が多い一方で成約率が低ければ、商談での話し方が課題であると推察出来ます。

利益に直結する分野であるだけに、KPI の使用で得られるメリットは大きいです。

システム開発で重視すべきKPIの例

(1) 主要な KPI の例

主要な KPI の例としては、下記指標があります。

  • エラー件数
  • 標準化率
  • テスト終了件数

(2) システム開発で KPI を設定するメリット・例

システム開発で KPI を使用するメリットは、「製品の品質確保」と「納期遵守」に尽きます。たとえばエラー件数や標準化率を KPI として設定すれば、製品の品質を確保する意識が生まれます。一方でテスト終了件数を KPI に設定すれば、進捗状況を都度確認できます。

品質確保と納期遵守を図る上で、システム開発での KPI 活用は極めて有効です。
スケジュール管理に失敗し、止むを得ず品質を下げる事態を回避する為にも、普段から KPI を意識する必要があります。

マーケティングで重視すべきKPIの例

(1) 主要な KPI の例

主要な KPI の例としては、下記指標があります。

  • 新規顧客獲得数
  • リピート率
  • 顧客満足度
  • PV数
  • 直帰率

(2) マーケティングで KPI を設定するメリット・活用例

マーケティングで KPI を使用すると、KGI (売上等の最終的な目標) の達成に向けた目標設定を明確化できます。
たとえば KGI として月間売上高を 500 万円と設定した場合、客単価を考慮すれば必要な顧客数が自ずと見えてきます。

KPI を達成出来なければ、マーケティング施策の改善余地があると判断できます。修正し最適なマーケティング施策を施せば、より大きな収益を生み出せます。特に Web マーケティングにおいて、PV 数や直帰率を KPI として用いれば、売上高 (KGI) に直結する施策を実施できるでしょう。

製造業で重要な KPI の例

(1) 主要な KPI の例

主要な KPI の例としては、下記指標があります。

  • 総合設備効率
  • ライン編成効率
  • 稼働率
  • 不良率
  • 事故発生件数
  • 度数率

(2) 製造業で KPI を設定するメリット・活用例

マーケティングや営業とは異なり、製造業では異なる観点から KPI を活用します。

たとえば総合設備効率やライン編成効率、稼働率は、製品をいかに効率的に生産しているかを図る指標です。生産性の向上に活かせる指標として、幅広い製造業者の間で活用されています。

部品や原材料が無駄になる割合を表す不良率も、生産性を図る KPI です。こちらは製品単位で生産性を改善する際に有効活用できます。

一方で事故発生件数や度数率は、作業環境の安全性確保に役立つ KPI です。安全の確保が不可欠な製造業にとって、事故発生件数などの KPI は特に重要な意味を持ちます。

財務視点から見た KPI 設定例

(1) 主要な KPI の例

主要な財務 KPI の例としては、下記があります。

  • ROE (自己資本利益率)
  • ROA (総資産利益率)
  • 当座比率
  • 固定比率
  • 棚卸資産回転率
  • 固定資産回転率

財務の KPI については財務省財務総合政策研究所総務研究部の「 KPI についての論点の整理」を参照してください

(2) 財務 KPI を設定するメリット・活用例

職種や業種の観点での KPI に加え、財務視点で KPI を設定することも重要です。財務 KPI を使用すれば、会社全体の現状を把握した上で、全社的な意思決定を合理的に行えます。

たとえば ROE や ROA などの KPI は、収益性 (利益率) を表します。当初 KPI として設定した利益率と結果の利益率を比較することで、収益性の推移を可視化できます。

当座比率や固定比率は財務の安定性、棚卸資産回転率や固定資産回転率は効率性をそれぞれ表します。

業種や職種に関係なく、全社的な観点において財務視点での KPI は非常に重要です。
財務視点で KPI を使用すれば、長期的な全社目標 (KGI) の達成にも役立つでしょう。

まとめ

今回は場面や分野別に、 KPI の例をご紹介しました。職種や目標に応じて最適な KPI を使用すれば、実施する経営戦略や施策の効果を高めることが出来るでしょう。