Tableau 10.5

コラボレーション

必要なときに必要な場所で Tableau を利用し共有しましょう。

10.5 は、組織全体で簡単にわかりやすくコラボレーションを行うのに役立つ、さまざまな機能を備えています。たとえば、フォルダーをネストできるので、整理して必要なものを簡単に見つけられるようになります。また、サブスクリプション、注釈、共有の新しい機能で、必要な情報を必要なときにわかりやすく伝えることができます。さらに、Web 作成機能は書式設定機能が強化され、さらに使いやすくなっています。

プロジェクトのネスト

プロジェクト内にプロジェクトをネストできるようになります。レベルごとにパーミッションをカスタマイズすることも、上位のパーミッションを下位に適用することもできます。ワークブックの整理が容易になり、組織内のだれでも必要なものを見つけられるようになります。

グループ単位でユーザーをサブスクライブ

多数のユーザーを対象とするサブスクリプションを新規に作成する時間を短縮できます。サブスクリプションのセットアップをする際にグループを検索して追加し、ユーザーレベルでパーミッションを変更できます。

サブスクリプションのメッセージ

サブスクリプションのメールに、分析に関する背景情報を記載し、カスタムメッセージを追加できます。自分で作成したサブスクリプションのメールにテキストを挿入したり、他のユーザーをサブスクライブしたりできるほか、必要に応じていつでも簡単にメッセージを更新できます。

Web 作成機能の向上

Web 作成の機能がさらに強化されました。ダッシュボードのタイトル、軸の設定、テキスト領域の編集、ワークブック全体の線の書式設定がブラウザ内で直接実行できます。階層を使用してメタデータを整理し、グループ化と傾向線のサポートの強化により、分析をさらに深めることができます。

注釈と共有

オフィスの外でもより簡単に共有できるようになりました。Viz のスナップショットを引用しテキストも追加して、メール、テキスト、Hipchat、Slack で共有しましょう。共有された Viz は、ユーザーが表示することも操作することもできます。