ビジネス分析をクラウドで行う理由


概要: 

多くの企業が、売上データ、マーケティングデータだけでなく、財務データや人事データまでもクラウドに移そうとしています。しかし、クラウドは本当にビジネス分析に適しているのでしょうか? クラウドへの移行を決断するには、何から考えれば良いのでしょうか? 本書では、ビジネスインテリジェンスをクラウドへ移行するべき理由を、次の点から考えます。

  • 迅速な展開スケジュールと積極的な成長計画
  • モバイルダッシュボードの必要性
  • 顧客やパートナーと共同で行うデータ分析の必要性
  • ソリューションの管理を専任する IT 担当者の不在

クラウド型とオンプレミス型のビジネス分析ソリューションの違いのほか、データがローカルにある場合でもクラウドを選択すべき理由を紹介します。

最初の数ページをプレビューとしてお読みいただけます。全ページをお読みいただくには、右にあるボタンで PDF をダウンロードしてください。


現在多くの企業が、より速くより柔軟に対応できるようにインフラストラクチャの再評価を進めています。クラウドサービスの導入は、Salesforce から Workday、Google アナリティクスにいたるまでいずれも大規模なものでした。しかし、クラウドは本当にビジネス分析に適しているのでしょうか? そして、自分のビジネスに適しているのでしょうか? クラウドでの分析を始める前に考慮すべきことは何でしょうか?

迅速かつ柔軟な導入

調査会社の IDC によると、クラウドユーザーの 76% が、費用などの他の要因よりもまず導入のスピードをクラウドの魅力として挙げています。ハードウェアの購入や特別な設定を行わず、すぐにクラウドの使用を開始したい場合は、ホスティング型ソリューションが最適な選択肢です。ユーザーの追加やダッシュボードの共有もほんの数分で実行できます。

ワールドクラスのセキュリティ

クラウドへ移行する際の最大の関心事はセキュリティです。驚くべきことに、 クラウドベースの分析へ移行することによってセキュリティを高めることが可能となります。通常、クラウドベンダーは 24 時間の監視体制をとっており、定期的に脅威の評価を実施して、最新のパッチを即時に導入できるようにしています。自社サーバーでアプリケーションを導入し同じレベルのセキュリティを保とうとすると、企業リソースの負荷が増大する可能性があります。

簡素化されたモバイルアクセス

クラウドソリューションはファイアウォールの外でもアクセス可能なので、従業員は外出先からでも簡単にアクセスできるようになります。その場合はセキュリティで保護されたシステムと認証管理を利用できます。インターネットアクセスがあれば、従業員はファイアウォール内に入る必要がなく、どこからでもログインすることができます。

顧客およびパートナーとの簡単な共有

クラウドを利用する利点の 1 つは、組織外のユーザーとの共有がずっと簡単になることです。パートナーまたは顧客がファイアウォール内に入るためのアクセス権を取得する必要はなく、クラウドプロバイダーのアカウントを設定し、そのアカウントでダッシュボードへアクセスしてもらうだけです。これは、顧客用のダッシュボードを作成するサービスを行っている企業には非常に優れたソリューションとなります。

ユーザーおよびグループだけでなく、データソースについてもセキュリティルールを設定できるソリューションを利用すれば、見せたい内容だけを見せたいユーザーにそれぞれ表示できるようになります。

さらに詳しく読みたい方は、ホワイトペーパーをダウンロードしてください。

Tableau Online を使ってクラウドへ

続きを読む...

こちらもご覧ください