上位 10 の 2014 年ビジネスインテリジェンス トレンド


概要: 

データおよび分析における技術革新は加速を続け、旧弊なビジネスインテリジェンス業界を企業の新たな価値を生み出す源泉に変えています。 その結果、データはより多数の人の手に渡り、更に良い決定をもたらすことができるようになりました。 そして、技術革新の波はまだ終わりを告げたわけではありません。

本書では、2014 年のビジネスインテリジェンスについて、以下を含む10 項目のトレンドを説明します。

1. データ科学者の消滅

データ科学は科学者の手を離れ、普通の人が扱うものになりつつあります。 データ分析に関する知識は、肩書きに “アナリスト” が付くような専門家ではなく、普通のビジネスユーザーのスキルになり始めています。 データに基づいて決定を行う企業は発展し、データを使用しない企業はどんどん遅れをとります。

詳細は、The Economist の 「Fostering a Data-Driven Culture (データ主導型の文化を育成)」 をご覧ください。

2. クラウドビジネスインテリジェンスが主流になる。

分析によって邁進しようとする企業は、クラウドベースのビジネスインテリジェンスの採用を推進しています。 顧客との協力やファイアウォール外のモバイルアクセスなどの新しいシナリオも、採用を加速します。 クラウドサービスが成熟すると、IT 部門はビジネスインテリジェンスをクラウドに置くことに抵抗がなくなります。

詳細は、ホワイトペーパー 「Business Analytics in the Cloud (クラウドのビジネス分析)」をご覧ください。

3. ビッグデータがついにクラウドに到達

Amazon Redshift や Google BigQuery などのクラウドデータウェアハウスでは、数カ月かかるデータウェアハウスの構築を数日で実行できます。 これにより、ラピッドプロトタイピングが可能になり、以前では不可能だったレベルの柔軟性がもたらされます。 Teradata Cloud や SAP HANA など従来のベンダーから提供されるクラウドでは容量が実証されています。

詳細は、オンラインセミナー 「Exploring Big Data with Amazon Redshift (Amazon Redshift を使用したビッグデータの調査)」をご覧ください。

更に詳細を知りたい方は、 ホワイトペーバーをダウンロードして下さい。




続きを読む...

こちらもご覧ください