BI の埋め込みで考慮するべき 7 つの基準


概要: 

埋め込みのデータビジュアライゼーションと BI を「構築か購入か」で迷うソフトウェア会社のための実用ガイド

あなたの会社が開発しているアプリケーションは、お客様の問題解決を手助けしています。あなたの会社は、これがお客様の業務や問題解決、戦略決定において、誇りを持って自分たちの役割を果たしています。現在では新しいビジュアル分析やダッシュボード、レポート機能を埋め込んでお客様に新しい価値を提供することを考え始めています。ただし、まず決めなければならないのは、アプリケーションを購入するか自社で構築するかということです。独立したソフトウェアベンダーは常にこの選択に直面しています。もちろん、決まった基準はあります。

ところが、ビジュアル分析とビジネスインテリジェンスの埋め込みの場合は、従来の基準がないので自由にできます。やってみなければ分からない、急速に進化している分野です。うまく行けば、あなたの会社が提供するソフトウェアを使ったビジュアル分析に基づいて生産的な会話をお客様ができるようになります。うまく行かなかった場合は、ビジュアル分析のせいであなたの会社の評判は落ち、このまま続けることはできないと思われてしまいます。

「購入か構築か」の問いに簡単に答えることはできませんが、基準ならあります。それは 7 つあり、情報に基づく意思決定を下すための手引きとなりえます。このホワイトペーパーでは、それらを 1 つ 1 つ紹介して評価していきます。

続きを読む...

こちらもご覧ください