Tableau を使ったソーシャルメディアデータ分析を高校生に教えるアクロン大学


Tableau 教育向けプログラムのインストラクターが教えるのは、大学生がほとんどですが、時折、それよりも若い高校生にデータ分析スキルが紹介されることがあります。この夏、William McHenry 教授が指揮した情報技術キャリアキャンプには 26 人の高校生が参加し、そこで Tableau が使われました。

IT キャンプコースの目的は、(大規模な) データを企業が分析するさまざまな方法を生徒が理解できるように支援することでした。McHenry 教授は、生徒に興味を持ってもらうために、クラフトフーズが新製品として発売する MiO という栄養強化ウォーターに関するシミュレーションやケーススタディを作成しました。演習の一環として、生徒は Tableau を使って MiO に関する 368 件の実際のツイート、Facebook のコメント、ブログのコメントを分析しました。さらに、その製品を実際に試飲し、MiO に対する自分の感想を記録し、-10 から 10 の基準で評価しました。

Tableau についての簡単な説明の後、生徒には自分でビジュアライゼーションを作成しツールを使ってみる機会が与えられました。各チームは、MiO に対する一般的な感想を詳しく分析して作成したビジュアライゼーションを、演習の最後に発表しました。

Data Revelations 社の Steve Wexler 氏も McHenry 教授に協力し、以下のような MiO のセンチメントスコア分布の Viz (ビジュアライゼーション) の作成など、解析結果のダッシュボードの準備を手伝いました。

次に、生徒は IBM SPSS Modeler と Tableau の両方を組み合わせ、同じデータを使用してどのように予測分析モデルを構築できるかを学びました。今後、McHenry 教授は大学生と大学院生に向けて、同様の演習を行ってこの講義を行うことを計画しています。

Q&A

Tableau を教えていて最も楽しいことは、短い時間でデータから非常に多く発見が得られることです。

Tableau を使って教えることで楽しいことは何ですか?
Tableau を教えていて最も楽しいことは、短い時間でデータから非常に多く発見が得られることです。たとえば、Excel では個別に各グラフを設定する必要があり、使用できるビューは Tableau に比べて限られています。生徒が短い時間で Tableau を理解し、有意義な結果を導き出す様子を見るのも大きな喜びでした。タブを複製して、その内容を別の分析に使えば、これまで試したさまざまな分析の記録を残せる、という点も気に入っています。

どのように Tableau を生徒に教えましたか?
基本を説明して、あとは実際に生徒にやらせてみました。

Tableau を選んだ理由は?
高機能で使いやすいからです。

同僚のインストラクターには何を勧めますか?
分析する問題は生徒に関連する内容にすることと、ディメンションやメジャーなどの主な概念、ドラッグ & ドロップのさまざまなオプションの動作などを簡単に生徒に説明することをお勧めします。その後は、学生に Tableau を自由に使わせ、片っ端から試してみるように指導します。

こちらもご覧ください