優れたビジュアライゼーションの作成


概要: 

本書では、古代の洞窟壁画からコンピューター革命、そして Tableau の誕生に至るまで、視覚表現の歴史をたどります。 データ研究の先駆者たちについて述べ、ビジュアライゼーションの手法に変革をもたらすことにつながったその業績を紹介します。 また、さまざまな形式のデータビジュアルについて理解を深め、効果的なビジュアル作成における障壁と、そうした壁を乗り越えるために利用できる手段について検討します。 最後に、人間の知覚の力 (およびその限界) と、データを使って人がストーリーを伝える方法 (まさに古代の洞窟壁画の場合と同じように) を明らかにします。

本書では、ストーリーを効果的に伝えるために次のような基本的な教訓を確認します。

  • ビジュアルの作成で重要となる課題は信頼性
  • ビジュアルには表現力があり、データを正確に伝える必要がある
  • 人間の知覚を利用することによって、ビジュアルをより効果的に使用する
  • 情報の受け手がデータビューを理解しやすくなるコンテキストの重要性

常にデータとビジュアルでストーリーを伝えることを目指し、説得力のあるストーリーは単なるデータ以上に意味を伝えることを理解する。

続きを読む...

こちらもご覧ください