アジャイルな分析: Tableau と Informatica

革命はもう始まっています。

セルフサービス BI の普及は進み、データの統合が必要不可欠な役割を果たすようになっています。 まったく異なるソースからのデータをまとめて分析することが必要な場合にも、事業部門と協力して管理されたデータを準備する場合でも、Informatica と Tableau が役立ちます。

Informatica Cloud を利用するための簡単な 6 つのステップ

今日、BI 分野において、データの統合は事業部門で行われる場合も、IT 部門で行われる場合もあります。 Informatica 製品はさまざまな事業部門で活用でき、社内の誰でも分析用の適切なデータを取得できるようになります。

このビデオから、Informatica Cloud を利用するための簡単な 6 つのステップについてご覧ください。

事業部門でデータを準備する

Tableau のお客様のために、Informatica によって特別なソリューションが作成されました。 このオファーには、特別価格の Informatica Cloud および Informatica Rev が含まれています。 Tableau のお客様であれば、毎月わずか $100 でデータに接続し、データをクリーニングして準備し、Tableau で見ることができます。 このオファーについては、www.informatica.com/INFA4Tableau をご覧ください。

Tableau for Informatica ベストプラクティスキットはこちらから入手できます

アジャイルな分析: IT 部門と事業部門の共同作業

ビジネスのスピードがこれまで以上に速くなるのにつれて、質問に答えることにも同じスピードが必要になっています。 このようなアジャイル性を達成するには、事業部門と IT 部門の協力が必要です。 Tableau と Informatica のパートナーシップによって、共同作業に必要なツールを手に入れ、競争で優位に立ち続けることが可能になりました。

この 1 分間の動画では、IT 部門と事業部門が協力することでどのように組織全体のアジャイル性を向上させられるか、ご覧いただけます。

事業部門と有意義な対話をするためには、データガバナンスがカギになります。

こちらもご覧ください