エンジニアが AWS で Tableau を構築してデータインフラストラクチャを拡張する決済企業の Dwolla 社


顧客レポートの作成にかかる時間を数週間単位で短縮
Tableau と AWS によるスケーラブルなインフラストラクチャ
Tableau のマッピング機能で不正行為のホットスポットを特定

あらゆる規模の企業にオンライン決済ソリューションを提供して、年間数十億ドルもの商取引を扱う Dwolla は、Tableau と AWS によるインフラストラクチャを構築し、さらに急成長を遂げています。同社のミッションは、コストを抑えつつ資金を短期間で動かすことです。Dwolla は Tableau と Amazon Web Services (AWS) で構築した、ビジネスの成長に対応している柔軟性が高くスケーラブルなインフラストラクチャがそれに大きく役立っています。 Tableau で分析を効率化し、レポートの作成にかかる時間を数週間単位で短縮し、貴重なエンジニアリングリソースを節約することができました。今日、会社全体のユーザーが顧客層データを分析し、Tableau のマップで不正行為を検出できるため、メンバーを保護しながらコストを抑えることができます。

Tableau と AWS の接続は非常に簡単にできしまた。 当社が使用する各種のデータベース向けにネイティブコネクタが用意されているからです。 たとえば、当社では SQL Server、MySQL、Postgres、Redshift にデータを格納しています。 そのため、すべてを簡単に Tableau に接続することができます。

AWS で Tableau を構築する、将来に備えたデータインフラストラクチャ

Dwolla は大きな目標を掲げた小さな会社です。テクノロジーを採用する際は、急速な成長に対応するためのスピードとスケーラビリティ、互換性が必要となります。

ビジネスの需要増加の結果データ量も増え、Dwolla のエンジニアには会社のデータインフラストラクチャの規模の拡大が求められました。Dwolla は大規模なデータの保管、処理、アクセスのために、Amazon Web Services (AWS) を活用しました。その後 1 年以内にビッグデータからインサイトを得るために Tableau を導入しました。

Dwolla が Tableau と AWS を選んだ大きな理由は、所有コストでした。Dwolla のソフトウェア開発者、Fred Galoso 氏は次のように述べています。「AWS と Tableau を選んだ主な理由の 1 つが TCO でした。AWS では、他のプロバイダーの製品と比べてわずかなコストでデータを保管し、そのデータを大規模に処理することができました。Tableau はインサイトの作成に多くの時間や労力、エンジニアリングリソースを節約できるため、ぴったりでした。」

さらに、Fred 氏は Tableau と AWS の組み合わせにより Dwolla の成長に対応するためのスピードとスケーラビリティ、柔軟性が実現したことも説明しました。Dwolla のチームはTableau で、Amazon Redshift、Amazon Elastic MapReduce (EMR)、Microsoft SQL Server、MySQL、PostgreSQL を含む様々なデータソースにネイティブで接続できます。

「AWS はインフラストラクチャの面ではスピードを、組織的な視点から見て変化に対応する柔軟性を提供します。Tableau でスピードも得ることができました。非常にパフォーマンスが優れているだけでなく、必要とされる変化に非常に柔軟かつ簡単に対応することができます。」

「AWS と Tableau の組み合わせは今後非常に期待できます。たとえ Dwolla が [将来] 10 倍、1,000 倍と、何倍に成長したとしても、今日と同じ質問に答えることができるでしょう。」

Tableau により、ダッシュボードの作成にかかる時間が数週間から数時間、数日になりました。

分析を数週間も短縮しエンジニアリングと IT のリソースを節約

Tableau の導入前は、IT 部門とエンジニアリングチームにとって分析はますます時間がかかる作業になっていました。

Fred 氏は過去の様子を次のように語りました。「少しでも柔軟性が必要なら、新しいレポートやダッシュボードの作成に多くの開発者やエンジニアリングリソースが必要でした。」

Tableau により、Dwolla はこのプロセスを効率化することができました。Fred 氏は最後に次のように述べました。「Tableau により、数日、時には数週間かかっていたダッシュボードの作成が数時間から数日でできるようになりました。」

同社のチームは静的なスプレッドシートの代わりに Tableau のインタラクティブなダッシュボードを使用して一目でインサイトが得られるようになり、貴重なエンジニアリングリソースを節約し、革新を推し進めています。

「すべてをプロットし、クラスターや色、一定期間の傾向線を見ることができます。Tableau ではこれらの傾向が一目でわかるので、スプレッドシートを見るよりもはるかに簡単です。」

現在、Dwolla の従業員は様々なデータソースにアクセスできます。Dwolla では 1 年未満で Tableau が全チームに導入され、従業員が数百もの Tableau ワークブックを作成するようになりました。現在 Dwolla のチームは別個にレポートを作成する代わりに、分析で共同作業を行っています。

「Tableau では、どのように視覚化したいかについてアイデアを持って始めるのですが、マーケティング担当者と協力して作業を進めるうちに別の組み合わせを試すことがよくあります」と、Fred 氏は語りました。

「同僚から、もっと Tableau を活用したいという声が上がっています。」

AWS と Tableau の組み合わせは今後非常に期待できます。たとえ Dwolla が [将来] 10 倍、1,000 倍と、何倍に成長したとしても、今日と同じ質問に答えることができるでしょう。

Tableau のマッピング機能で顧客層データを取得し不正行為を防止

Dwolla は創立以来、顧客のニーズに応えるために成長してきました。Dwolla のチームは Tableau で市場調査を行い「どの企業がなぜ Dwolla 製品を使い、成功するためにどの Dwolla 製品を使っているのか」を理解できるようになりました。

「弊社は自社の決済ネットワークに役立つあらゆるデータを利用しています。その内容は顧客層データであったり、自社製品に関するデータであったり、不正行為やコンプライアンスに関連したものだったりします」と Fred 氏は述べます。「これは Dwolla のネットワーク上でメンバーを保護し、資金の移動コストを最低限に抑える上で非常に重要なことです。」

たとえば不正行為分析では、登録データから新規アカウントを分析します。スプレッドシートを手動で分析する代わりに、Tableau で金融犯罪が多発している地域をプロットして素早く傾向を特定することで、不正行為の積極的な防止が可能になります。

Fred 氏は、次のように述べています。「傾向を理解し一歩先を行くことができます。視覚的な観点から、データシートを取り出すことなくパンやズームで簡単に異なるマップのタイプやゾーンを見ることができます。」

こちらもご覧ください