Tableau Bridge

オンプレミスのデータを Tableau Online に接続

オンプレミスのデータをセキュアに利用

ここ数年、データと基幹アプリケーションをクラウドに移行する企業が劇的に増えました。 しかしいまだに多くの組織は、ファイアウォールの内側のオンプレミスに膨大な量のデータを保持しています。これまで、そのデータを利用してクラウド上のデータとブレンドする作業は常に課題となってきました。そこで役立つのが Tableau Bridge です。Tableau Bridge は、ファイアウォールの内側にあるパブリッシュされたデータソースをすべて活用しつつ、そのデータソースを最新の状態に保てる柔軟性を持っています。

どこにあってもデータを活用

積極的なクラウド戦略を推し進めている組織でも、重要なデータはまだオンプレミスに持っているというところが多いのではないでしょうか。Tableau Bridge なら、Amazon Redshift や Google BigQuery などのクラウドベースのデータソースを利用するのとまったく同じように、オンプレミスのパブリッシュされたデータソースを利用することができます。このため、重要なデータがどこにあってもいつでも利用できます。

Tableau Bridge の機能

Tableau Bridge は、オンプレミスのデータと同じネットワーク上の Windows PC で動作するプログラムです。ファイアウォールの内側から Tableau Online サイトと通信し、パブリッシュされたデータソースに対して、スケジュールされた抽出更新にもライブクエリにも対応します。

Tableau Bridge はリクエストを受け取ると、ローカルデータでクエリを実行し、得られた結果を Tableau Online にセキュアに送信します。また、パブリッシュされたデータソースを最新の状態に保ち、常に最新のデータを維持します。

Tableau Online と Tableau Bridge は連携して動作します。Tableau Online の無料トライアルをお試しください。

無料トライアルを開始する

ライブデータとスケジュールされた更新

Tableau Bridge はデータにライブ接続を行って、データを最新の状態に保ち続けることができます。また、設定されたスケジュールでの抽出の更新にも対応しています。組織に最適な環境を構築できる選択の幅と柔軟性を持つ、Tableau Bridge をご利用ください。

ライブ接続の設定方法を見る

信頼できるセキュリティ

Tableau Bridge は、データをセキュリティで保護しながら Tableau Online と通信します。Tableau Online との接続では、Web ブラウザと同様のアウトバウンド接続を行うので、ファイアウォールで例外を設定する必要はありません。また、サイトとの通信は暗号化された TLS 接続で行われるため、転送中も含めて常にデータが保護されます。セキュリティと暗号化で保護しながら、ファイアウォールの「穴」を必要としないのが Tableau Bridge です。

無料で Tableau Online をお試しください