ビジュアライゼーション: 分析をより自由に活用する


概要: 

視覚的データディスカバリツールは、ビジネスインテリジェンスソリューションの領域において比較的新しい分野です。 Aberdeen Group が収集したデータによると、視覚的データディスカバリツールを使用している企業では、従業員の大半が必要な情報を必要な時に入手できていることが分かりました。 また、これらの企業では限られたIT スキルをより効果的に活用しています。

視覚的データディスカバリツールを使用している29 社と、使用していない95社から収集したデータに基づき実施した2013 年のリサーチが、これらの結果を明確にしています。

このホワイトペーパーでは、Aberdeen のシニアアナリストであるDavid White氏が、視覚的データディスカバリツールを使用することで顧客が得る価値について解説しています。 White 氏によると、 「視覚的データディスカバリソリューションは、採用され始めてからまだ日が浅く、このクラスの分析ソリューションを使用しているのは調査対象のたった22% でした。 しかし、数々の重要なメリットとベストプラクティスが次第に明らかになってきています。」

協力企業:

続きを読む...

こちらもご覧ください