ホワイトペーパー

ビジュアライゼーション: 分析をより自由に活用する

作成
David White 氏, The Aberdeen Group、上級リサーチアナリスト

視覚的データディスカバリツールは、ビジネスインテリジェンスソリューションの領域において比較的新しい分野です。 Aberdeen Group が収集したデータによると、視覚的データディスカバリツールを使用している企業では、従業員の大半が必要な情報を必要な時に入手できていることが分かりました。 また、これらの企業では限られたIT スキルをより効果的に活用しています。

視覚的データディスカバリツールを使用している29 社と、使用していない95社から収集したデータに基づき実施した2013 年のリサーチが、これらの結果を明確にしています。

このホワイトペーパーでは、Aberdeen のシニアアナリストであるDavid White氏が、視覚的データディスカバリツールを使用することで顧客が得る価値について解説しています。 White 氏によると、 「視覚的データディスカバリソリューションは、採用され始めてからまだ日が浅く、このクラスの分析ソリューションを使用しているのは調査対象のたった22% でした。 しかし、数々の重要なメリットとベストプラクティスが次第に明らかになってきています。」

協力企業:

続きを読む...

フォームへの記入は約 15 秒で終わります。すでに登録している場合は、サインインしてください。

著者について

image

David White 氏

The Aberdeen Group、上級リサーチアナリスト

David White 氏は、ビジネスインテリジェンス研究分野の上級アナリストです。適切な製品やソリューションを選択することも大切ですが、BI プロジェクトを成功させるには、その他にもきわめて重要な要素が多数あります。White 氏は、そうした前提のもとに、さまざまな業界と関わりながら 20 年に及ぶキャリアを、適切な情報を適切な人に適切なタイミングで届けるための理論と実践の研究に費やしてきました。その研究は、技術ユーザーから収集したデータをもとに、ビジネスの問題に取り組む際にどのように分析を利用できるかを明らかにするものです。そうした研究により、統合、データウェアハウス、ビジネスインテリジェンスへの投資価値を最大限に高めるために、あらゆる企業にとって参考になるベストプラクティスも確立されています。また、White 氏の徹底した調査データや実績は、ソフトウェアベンダーが市場戦略の策定や方向付けをするうえでも参考にされています。